プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

≫ EDIT

09/18のツイートまとめ

HideoAmazaki

学習院高等科ラグビー部60:0で圧勝!
09-18 16:48

スポンサーサイト

| Twitterで語るプロの学校 | 04:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

09/05のツイートまとめ

HideoAmazaki

RT @rugby_squeeze: 第96回全国高校ラグビー東京予選1回戦第一地区 合同C34-21墨田工業日体大荏原46-12日比谷第二地区学習院27-10合同G成蹊43ー7専大附属 合同C(東海大高輪台・東工大附属・正則・日出・成城)合同G (日大…
09-05 08:08

| Twitterで語るプロの学校 | 04:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

09/04のツイートまとめ

HideoAmazaki

@yoshi72433411 学習院の圧勝!
09-04 14:42

| Twitterで語るプロの学校 | 04:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/17のツイートまとめ

HideoAmazaki

"@kenzo8824: オリンピックの体操競技、全日程が終了しました☺️10代最後の試合でこれほど贅沢な思いをできるとは思いませんでした😌本当に応援ありがとうございました😚そして何よりチーム全員に感謝です😁4年後は東京。強い日本を見せれるよう頑張ります😊 おめでとう!
08-17 21:29

@kenzo8824 @rosarinn ブラボー!
08-17 21:27

72時間ルールは本当だ!"@read_bot: 「72時間ルール」やると決めたことは72時間以内に実行する。さもなくば、ずっとやらない。『イヌが教えるお金持ちになるための知恵』https://t.co/vVnpusLabo";
08-17 21:26

RT @read_bot: 「72時間ルール」やると決めたことは72時間以内に実行する。さもなくば、ずっとやらない。『イヌが教えるお金持ちになるための知恵』https://t.co/9s2ukHnzpL
08-17 21:25

挑戦者たれ。"@murakamibot: 永遠に挑戦者であることは出来ない。 しかし、挑戦者の感覚を持続できない奴は前に進めない。村上龍BOT"
08-17 21:24

RT @Mishima_Words: ある女は心で、ある女は肉体で、ある女は脂肪で夫を裏切るのである。
08-17 21:23

"人生の戦略あり。@RyuMurakamiBT: 誰にでもチャンスがある、というのは嘘でも幻想でもない。だが、自分はどういう人生を望むか、という戦略が無い人間には最初からチャンスがない。自分が何をしたいかがわかっているからその目標に従って科学的な努力が可能になる。"
08-17 21:22

RT @Niccolobot: 指導者なら誰でも、次のことは心しておかねばならない。それは、個人でも国家でも同じだが、相手を絶望と怒りに駆り立てるほど痛めつけてはならないということだ。徹底的に痛めつけられたと感じたものは、もはやほかに道なしという思いで闇雲な反撃や復讐に転じるか…
08-17 21:22

| Twitterで語るプロの学校 | 03:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/13のツイートまとめ

HideoAmazaki

.@nyanta8355 さんの @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/WF7JhDywBj
08-13 07:33

| Twitterで語るプロの学校 | 03:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/07のツイートまとめ

HideoAmazaki

次の @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/UeJ96hVN6t Furtwangler conducts Die Meistersinger in 1942
08-07 19:32

| Twitterで語るプロの学校 | 03:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/06のツイートまとめ

HideoAmazaki

次の @YouTube 動画を高く評価しました: https://t.co/VP9liTfY6m
08-06 07:27

| Twitterで語るプロの学校 | 03:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/28のツイートまとめ

HideoAmazaki

RT @ProfessionalBot: ぶれない目的をずっと持っていて、その達成のために必要な能力を自分で構築して、それを必ず行動に移す人。それしかないと思っています。 - 名和利男 (サイバーセキュリティー技術者)
06-28 21:39

| Twitterで語るプロの学校 | 03:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノーベル賞級の思考はこうすべし

ノーベル賞級の思考はこうすべし

最近読んだ本で、面白かったものの一つが、
ノーベル医学生理学賞を受賞した
京都大学iPS細胞研究所の山中教授と
ノーベル物理学賞受賞者の益川教授の対談。
「大発明の思考法」という本だ。

大発明の思考法


20160522173323855.jpeg


どちらも世界的な大発明をした二人だが、対話は極めてわかりやすいし、
キーフレーズが非常にユニーク。

例えば、
「科学とは、肯定のための否定の作業の連続である。」

新しい発見、法則を肯定するためには、
それを否定する要素をどんどん出して消し込んでいくことが必要だということだ。

「人とディスカッションをすることで、思考の攪拌作用が起こる」

日本人は一人で研究するのではなく、グループで研究する中でディスカッションすることで、
自分の考えがかき混ぜられて新しいアイデアが閃くということを強く主張している。

「研究という作業は、短距離走ではなく、地道な作業の繰り返しの上のマラソンである」

確かに研究は、短期では成果が出ない。実際に山中教授も、うまくいかずに鬱に
なってしまったこともあるという。
そういったマラソンのような地道な研究に中で、
新たな発見を見出すためには、
全く予想通りではないことが起こった時に、
とても面白いことが潜んでいるのが科学であり、
それを素直に『あ、すごい!』と感じ取れることが大切だという。

だから、毎日多くの実験の繰り返しの中で、心からびっくりできる、
感動できるというのが、研究者が、新発見、新発明を生み出すのに必要な才能だという。

私たちのビジネスも、電話、紹介入手、セールスなどの仕事も皆、
日々同じことの繰り返しが多い。
その中で、起こる予想外の出来事やトラブルなどもある。
それらに素直に驚いたり感動できることで、
新しい発見や進歩もあるのではないだろうか。

天崎拝

| プロフェッショナルの読書論 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

優しさの陰に潜むもの

田坂広志教授に学ぶ人間学


我が師、田坂広志多摩大学院教授から、
毎週、風の便りというショートメールを
頂いております。

非常に短いメッセージの中に、
深く、そして広い意味が込められています。
まさに、言霊というべきものでしょう。

20150222223712151.jpg


本日のテーマは、

優しさの陰に潜むもの

です。

まずは、ご一読下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

優しさの陰に潜むもの

 1997年のブループラネット賞を受賞した
 科学者のジェームズ・ラヴロック博士が、
 『地球生命圏』という著作において、
 「ガイア仮説」と呼ばれるものを述べています。

 それは、「地球とは、一つの巨大な生命体である」との仮説であり、
 ギリシア神話における大地の女神
 「ガイア」に由来して命名されたものです。

 このラヴロック博士が、
 1998年に上梓した『ガイアの思想』という著作の中で、
 興味深いことを述べています。

  ガイアには、自己治癒力があります。
  ガイアは、その歴史を通じて、
  多くの災害に遭遇してきています。
  半径が10マイルもあるような巨大な隕石が、
  いくつも地球に衝突しています。
  90パーセントもの種を滅亡させた隕石もありました。
  しかし、ガイアは、常に回復してきました。
  ガイアが強大な自己治癒力を備えていることは、
  こうした事実によって実証されています。

  ですから、私たちが何をしようと、
  ガイアが破壊されるようなことは絶対にありません。
  そんなことができると考えること自体が、
  私たちの傲慢であり、誤ったプライドにすぎません。

  しかし、人類が、
  自ら築いた文明を破壊してしまう可能性は
  十分にあります。

 このラヴロック博士の言葉を聞くとき、我々は、
 最近の環境ブームの中でしばしば使われる
 あの言葉に潜む落とし穴に気がつきます。

  地球に優しく。

 その美しい響きの言葉の陰に潜む
 「善意の傲慢」に、気がつくのです。

 田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ガイア、すなわち地球には、隕石の衝突をも乗り越える
強大な自己治癒力を備えている。
だから、私たち人間が何をしようと、
ガイアが破壊されるようなことは絶対にないという。

私たちは、時に自然との闘い、自然への挑戦を考える時がある。
しかし、そんなことができると考えること自体が、
人間が何でもできるという傲慢に過ぎない。

ガイヤ、自然、宇宙に、私たちが生かされていると考えるべきだろう。

天崎拝

| 田坂広志に学ぶプロフェッショナルの哲学 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT