プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

05/30のツイートまとめ

HideoAmazaki

再送:ブログ更新しました。プロの学校『ガンジー、七つの社会的大罪を考える』http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-48.html
05-30 19:53

ブログ:プロの学校「ガンジー:七つの社会的大罪を考える」 お立ち寄り下さい。               http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-48.html
05-30 16:59

ガンジー:七つの社会的大罪(7)Worship without Sacrifice 「犠牲なき宗教」
05-30 16:58

ガンジー:七つの社会的大罪(6)Science without Humanity 「人間性なき科学」
05-30 16:57

ガンジー:七つの社会的大罪(5)Commerce without Morality 「道徳なき商業」
05-30 16:57

ガンジー:七つの社会的大罪(4)Knowledge without Character 「人格なき教育」
05-30 16:56

ガンジー:七つの社会的大罪(3)Pleasure without Conscience 「良心なき快楽」
05-30 16:56

ガンジー:七つの社会的大罪(2)Wealth without Work  「労働なき富」
05-30 16:52

ガンジー:七つの社会的大罪(1)Politics without Principle 「理念なき政治」
05-30 16:52

ブログ更新しました。本日のテーマは、「ガンジーの七つの社会的大罪」です。今の日本の状況を言い当てている7つの言葉。お立ち寄り下さい。http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-48.html
05-30 16:50

スポンサーサイト

| Twitterで語るプロの学校 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/29のツイートまとめ

HideoAmazaki

返報性(8)・・・とすると、ランチでミーティングしたり、コーヒーブレイクでの会話は重要。
05-29 12:17

返報性(7)特に、カフェイン入りのものを飲むと相手に動かされやすくなる。
05-29 12:15

返報性(6)人は食事中に知った人、モノ、情報を好きになる。グレゴリー・ラズラン。
05-29 12:14

返報性(5)・・・ということは、友人や仲間の長所を楽しく話すと、それがめぐりめぐって、自分の長所として跳ね返ってくる。
05-29 12:09

返報性(4)噂話は、自分に跳ね返ってくる。
05-29 12:08

返報性(3)・・・ということは、好感を持ってほしいと思えば、きっかけとして何かで役に立つことも大切ですが、相手に何かをしてもらうことがもっと大切ということでしょう。
05-29 12:06

返報性(2)トルストイの言葉。「私たちが人を好きになるのは、相手からしてもらったことではなく、自分が相手にしてあげたことことのためである。」
05-29 12:04

返報性(1)フランクリン効果。誰かに親切を施された人間は、相手にもっと親切な行為をしたいと望む。
05-29 12:03

@masason @nishy03 その通りですね。スピードが大切。
05-29 11:56

再送:ブログ更新。『プロの学校』もう一度、コアバリューを持っているか。http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-47.html
05-29 11:48

≫ Read More

| Twitterで語るプロの学校 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/28のツイートまとめ

HideoAmazaki

ブログでは、ザッポスのユニークな10のコアバリューとその具体的な実践について触れています。http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-47.html
05-28 21:38

ブログ更新しました。プロの学校:『もう一度、コアバリューを持っているのか。それを形にしているのか』http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-47.html
05-28 21:37

ブログ:「再び、コアバリューを持っているか。本当にそれにこだわっているか。 」プロの学校 http://t.co/RN2jlAc via @HideoAmazaki
05-28 21:04

是非、読んで下さい。真実が語られています。『小出裕章参考人の全身全霊をかけた凄まじい原発批判がわかりやすすぎる!(文字おこし)』 http://t.co/E6iyAne via @zamamiyagarei
05-28 17:40

@yanai_BOT 実行することが、本当に知るということ。
05-28 10:18

@yanai_BOT 敗軍の将大いに学ぶ。失敗から学ぶことの方が大きく、かつ有益であることが多い。
05-28 10:08

@mikitani_bot まさに考動ですね。
05-28 10:06

@ProOkubo プロフェッショナルであるか否かは、継続力、習慣力で決まります。
05-28 10:05

| Twitterで語るプロの学校 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンジーの「7つの社会的大罪」を考える

ガンジー7つの社会的大罪

Politics without Principle

「理念なき政治」

Wealth without Work

「労働なき富」

Pleasure without Conscience

「良心なき快楽」

Knowledge without Character

「人格なき教育」

Commerce without Morality

「道徳なき商業」

Science without Humanity

「人間性なき科学」

Worship without Sacrifice

「犠牲なき宗教」


        マハトマ・ガンジー




小出裕章京都大学、原子炉実験所助教授は、
参議院の委員会に参考人として立ち、
脱原発について語りました。

参議院、小出裕章京都大学助教授


ニュースにもあるようにもメルトダウンが起きており、
さらに溶けた高温の燃料が圧力容器を破壊しています。

格納容器の底に達する「メルトスルー」が発生し、
さらに格納容器の底に穴があき、汚染された冷却水が
大量に外部に漏れ出している可能性も高くなっています。

本当に手の施しようがない状況になっているのかもしれません。

しかし事実は、明らかにされていません。

この参考人証言を小出氏は、
ガンジーの墓碑銘の言葉、七つの社会的大罪を引用して、
政府のあり方、電力会社の在り方について訴えました。

マハトマ・ガンジーの墓碑銘に、
次の七つの社会的大罪が刻まれています。

ガンジー、七つの社会的大罪


次のように書かれています。

Politics without Principle 「理念なき政治」

Wealth without Work 「労働なき富」

Pleasure without Conscience 「良心なき快楽」

Knowledge without Character 「人格なき教育」

Commerce without Morality 「道徳なき商業」

Science without Humanity 「人間性なき科学」

Worship without Sacrifice 「犠牲なき宗教」




1.理念なき政治


今の政府をみると政治理念、指導性、ビジョンの無さを痛感します。


2.労働なき富


金融工学の発展により、金が金を生む労働なき富が生まれ、
働くということはないかが問われる時代となっています。

働くとは、傍(はた)を楽にすることであると、
多摩大学院教授、ソフィアバンク代表の
田坂広志氏から学びました。


3.良心なき快楽


人の欲望や快楽は倫理観、良心がなければ、社会を破壊します。


4.人格なき教育


没個性・横並びの教育、知識偏重教育は、
大きな壁に当たり、見直しと反省を迫られています。

創意工夫・自立心・協力精神・道徳心・人間性…
といった人格を育む教育を土台として、日本の未来を背負う
子供たちを育ててゆかねばなりません。


5.道徳なき商業


経済最優先の道徳を忘れたビジネスは許されません。

経済の語源は「経世済民」であり、
「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」
というのが本来の意味です。

経済活動というものは、人々の生活の向上、
人々の幸せに寄与するものでなければならないのです。


6.人間性なき科学



人間性を無視してまで科学・技術の進展が必要でしょうか。

科学が暴走した時、人類を破滅させることも起こりえます。
今回の原発問題を機に、もう一度人間性ある科学を
考える時に来ています。


7.犠牲なき信仰



どんな宗教であっても、信仰とは己の信じる道に
従って生きることであり、
同時に他に幸せや愛を分け与えてゆく、
利他であると思います。

その意味では、信仰とは自己犠牲の上に
成り立つものであり、
自己犠牲なき信仰は、自利、利己の世界に
陥ってしまうでしょう。

改めて、この七つの社会の大罪を読むと、
私たちがこれから、なにをすべきかを
改めて考えよという、ガンジーの言葉が聞こえてなりません。


ガンジーの言葉をもうひとつ。


 明日死ぬと思って生きなさい。

 永遠に生きると思って学びなさい。





ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)
(2004/02)
マハトマ ガンジー

商品詳細を見る





今日の心技体は、いかがでしたか?宜しければ、クリックを↓

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


 RSSリーダーで購読する







| プロフェッショナルとは何か | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう一度、コアバリューを持っているか。それを形にしているか。

1.サービスを通して「ワオ!」という

  驚きの体験を届ける

2.変化を受け入れ、変化を推進する

3.楽しさとちょっと変なものを創造する

4.冒険好きで、創造的で、

オープン・マインドであれ

5.成長と学びを追求する

6.コミュニケーションにより、

オープンで誠実な人間関係を築く

7.ポジティブなチームとファミリー精神を築く

8.より少ないものからより多くの成果を

9.情熱と強い意志を持て

10.謙虚であれ


   ザッポスのコアバリュー




前回に続き、ザッポスのコアバリューを見てゆきましょう。


3.楽しさとちょっと変なものを創造する

コアバリューそのものも、「ワオ!」「ちょっと変」などユニークな
書きぶりですが、ザッポスは、楽しさを求め、
既成概念にとらわれず、
あえてちょっと変であることを奨励します。

下のサイトを見て下さい。

ザッポスTV


この職場は、日本ではありえない光景。

真面目に仕事をしているのかと言いたくなりますが、
真面目に、ちょっと変なものを創造しようとしているのでしょう。



6.コミュニケーションにより、オープンで誠実な人間関係を築く


ザッポスでは、ツイッターなどのソーシャルウェブを活用した
社員の自由な情報発信を推進しています。

ザッポスでは、社員を自由自在に顧客や一般の人々と
交流させています。

しかも、オープンに、ザッポスについてのツイートをすべて
リアルタイムで集めたものを自社サイトで紹介しています。

これは、コンプライアンスやエシックスを考えるとなかなか
真似のできない方法です。

会話の内容を管理することはできませんし、
社外だけでなく、社内同士の誹謗中傷が起こる危険性もあります。

それをあえて実行しているオープンさこそが、
ザッポスのブランディングであり、
一般の企業では真似のできない企業文化の表れであると思います。

また、社内の様々なこともオープンに公開していて、
例えば、ザッポス.TVで、社員やパーティなどのビデオが
そのまま公開されています。

CEOのトニー・シェイは、仕事とプライベートを区別する
という一般的なワーク・ライフ・バランスではなく、
仕事も人生の一部であり、一つのものとしてとらえようとしています。

そしてザッポスをプライベートと同じような場所に考えており、
そういう職場こそが、仕事を楽しめる人たちの場所ではないかと思います。



5.成長と学びを追求する


ザッポスの社員は社員同士の絆を広げ、つながりを深めることで
やらされ感ではなく、仕事を自分のこととしてとらえています。

幸せを届けるという究極の目的のために、懸命に働き、
会社と自身の成長のために自主的に取り組んでいます。

創業からのザッポスの主なテーマは、


1999年--最大の靴の品揃え
2003年--カスタマー・サービス
2005年--プラットフォームとしてのカルチャーとコア・バリュー
2007年--個人的な心のつながり
2009年--幸せを届ける



これの変化をみると、単に靴を売るところから始まり、
差別化のために最高の顧客サービスを志向し、
コアバリューを中心とした企業文化を目指して脱小売業化しています。


そして、それを突き詰めてゆくと、個人的な心のつながりが
最高の顧客サービスにつながることを発見し、
その究極の姿として、顧客、社員、取引先、
そして世界に幸せを届けることが、
すべてを統合する大きな目的であるという結論に至る
という方向に成長・進化を遂げています。

このような成長と進化は、今後も終わることはないでしょう。


学びという点では、ラスベガスの本社に
ザッポス・ライブラリーという図書室を持ち、
トニー・シェイらがお薦めの本を、社員や来社客のために揃えています。

本社を訪れた人なら、オープンに誰でも見ることができますが、
本格的な経営書、心理学、プロフェッショナル・コーチや自己啓発
などの本が約50冊が揃えられています。

経営者と従業員が同じ本を読みあうザッポス・ライブラリーは
成長と学びを追求するコアバリューの実践であり、
社内のリアルで小さなネットワークをつくっています。

これらは、コアバリューという経営の理念、哲学といった叡智を
具体的な形にして、実践し行動すること、
すなわち、
王陽明のいう『知行合一』がなされて、
初めて企業の文化となるのだと思います。

そしてその企業文化こそが、ブランドとなり、
企業文化を確立することが、
最高のサービスにつながります。

トニーシェイ氏のいうように、
企業文化こそ成功をもたらす鍵であり、
企業文化がすべてであると
経営者は考えるべきでしょう。

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
(2010/12/03)
トニー・シェイ

商品詳細を見る


ザッポスの奇跡(改訂版)~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略~ザッポスの奇跡(改訂版)~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略~
(2010/12/21)
石塚 しのぶ

商品詳細を見る





今日の心技体は、いかがでしたか?宜しければ、クリックを↓

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


 RSSリーダーで購読する











| プロフェッショナルとは何か | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/26のツイートまとめ

HideoAmazaki

ブログ更新。プロの学校:http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-46.html
05-26 23:42

確かに、重要事項は、3つが限界。それ以上あるということは、プライオリティーがつけられないと言うこと。
05-26 12:33

心に響く言葉:優先順位が3つ以上あるなら、優先事項が何もないのと同じだ。 --ジムコリンズ
05-26 12:32

企業文化こそブランドである。企業文化がしっかりしていれば、最高のサービスにつながる。企業文化こそ成功をもたらす。企業文化がすべてなのだ。     ザッポスCEO トニー・シェイ
05-26 11:51

ブログ更新しました。再び、コアバリューを持っているのか。それにこだわっているのか。http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-46.html
05-26 11:49

| Twitterで語るプロの学校 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再び、コアバリューを持っているか。本当にそれにこだわっているか。

企業文化こそブランドである。

企業文化がしっかりしていれば、

最高のサービスにつながる。

企業文化こそ成功をもたらす。

企業文化がすべてなのだ。

       ザッポスCEO トニー・シェイ





震災と原発の問題から、改めて企業の哲学、
コアバリューについて触れてきました。

今日は、少し違う角度からコアバリューについて見てゆきたいと思います。

皆さんもご存じの「顧客を熱狂させるネット靴店」、ザッポス。

CEOのトニーシェイは、自らを「靴を売ることになった顧客サービス企業」と称して、
非常にユニークな企業を生み出しました。

ザッポスの成長は凄まじく、創業の1999年から10年後の2009年に
売上は12億ドルに達しています。

2010年従業員2800人、2011年はこれにさらに2000人
(シーズンの一時雇用を含む)を加える計画らしい。
この成長を支えるのは、75%という驚異的なリピート率です。

新規顧客の獲得よりも、まず「既存顧客に焦点をあてたサービス」が、
ザッポスの差別化戦略です。

シェイ氏は、

 企業文化こそブランド。企業文化がしっかりしていれば、
 最高のサービスにつながる。企業文化こそ成功をもたらす。企業文化がすべてなのだ。



など徹底的に企業文化づくりにこだわっています。


そのザッポスの企業文化を支えるコア・バリューは、次の10項目。


1.サービスを通して「ワオ!」という驚きの体験を届ける
2.変化を受け入れ、変化を推進する
3.楽しさとちょっと変なものを創造する
4.冒険好きで、創造的で、オープン・マインドであれ
5.成長と学びを追求する
6.コミュニケーションにより、オープンで誠実な人間関係を築く
7.ポジティブなチームとファミリー精神を築く
8.より少ないものからより多くの成果を
9.情熱と強い意志を持て
10.謙虚であれ



「ワオ!」「ちょっと変」などユニークな書きぶりのコアバリューです。
しかし、ザッポスの凄いところは、これらを徹底的に実行していることです。
そのいくつかを見てゆきましょう。


1.サービスを通して「ワオ!」という驚きの体験を届ける

ザッポスは、顧客の期待をはるかに超えて、
思わず「ワオ!」と言わせるサービスを
提供すると宣言しています。

1200以上のブランド、20万以上の品目、90万以上のアイテムを
全て自社在庫で対応し、400万足以上の靴を
24時間年中無休の倉庫で管理しているそうです。

そしてそのサービスの基本が、ワオ!とうならせます。

・コールセンターは、24時間年中無休
・送料・返送料は無料。365日以内の返品はOK。
・迅速(最速8時間)で間違いのない配送
・顧客サービスは、全社員の仕事として取り組む
・顧客の電話に何時間もつきあうこともある
(最長記録は現在7時間半)
・自社に在庫がなければ3社以上の他サイトを
 チェックし、あれば顧客に教える。


本当にここまでやるかという徹底振りですが、
このためのマニュアルがなく、一人ひとりが考えるという
ところも、サービス業に徹したホスピタリティーを感じます。

このホスピタリティーという部分は、
以前に触れたTDLやリッツカールトンともよく似ています。

必要最低限の部分は共有し、それ以上のことは、
一人ひとりの心で感じ、頭で考えたことを実行するように、
エンパワーメントしている訳です。

期待をはるかに超えるサービスというのは、
その瞬間に出てくる真心のこもったおもてなし、
つまり真実の瞬間からしか生まれないのです。

余談ですが、以前家族で仙台郊外の秋保温泉の
茶寮宗園という宿に泊まりました。

翌日の昼間に私が仙台の支社でスピーチをすることになっていたので、
妻が行きたいという庭園があり、
宿の女将に場所を教えて欲しいとお願いをしました。

翌朝、女将は、一日の観光コースを用意してくれました。

庭園に何時に行き、近くの有名な日本料理屋での昼食、
その後いくつかの観光コースを回って、仙台駅で私とおち合うという
流れで、車の手配も、食事の予約も全てしてくれました。

たった一言、場所を聞いただけでしたが、
私が不在で、地理も不案内な家族のために
仙台観光を楽しんでもらいたいという心配りを
して頂いたのです。

私が、おもてなしの心というものを肌身で感じた瞬間でした。
非常に美しく、心配りの行き届いた思い出の宿です。

茶寮 宗園


全ての共通するのは、お客様へのおもてなしとは何か、
どうしたら楽しんで頂けるか、喜んで頂けるかを
何よりも大事に考えて徹底していることです。

ザッポスが、単なるネット物販業ではなく、
「靴を売ることになった顧客サービス企業」と自らを定義している意味も
よく理解できますし、そうでなければ、これだけの成長を成し遂げることは
できなかったでしょう。

私は、これまでライバルとして意識する企業は、
同業者ではなく、TDLとリッツカールトンであると考えていましたが、
ザッポスもそのひとつに追加したいと考えています。

(続く)

今日の心技体は、いかがでしたか?宜しければ、クリックを↓

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


 RSSリーダーで購読する









| プロフェッショナルとは何か | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/25のツイートまとめ

HideoAmazaki

誰にも自分だけのエベレストがある。
05-25 23:56

勇気を持って挑むことは、一時的に自分の立場を危うくするが、そうしなければ自分自身を見失うことにある。キルケゴール
05-25 22:37

波を止めることはできないが、波乗りのやり方を学ぶことはできる。
05-25 22:35

これが、最近の私の戦略立案の流れになっています。
05-25 06:27

まずドットを打つこと、つまり複数の仮説を持って小さな打ち手を実験的に進める。そしてドットを結びつける、つまりそれを統合的に、結びつけることができるかを考える。そうすると一つの大きな打ち手にまとまってくる。
05-25 06:25

色々なプロジェクトを進めていると、徐々にそのドットをどう結び付ければ、シナジーが出て来るかが見えてきました。
05-25 06:21

最近共感した言葉:後からドット(点)を結びつけることはできるけれど、あらかじめなにとなにが結びつくかを予言することはできない。スティーブジョブズ
05-25 06:18

| Twitterで語るプロの学校 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/23のツイートまとめ

HideoAmazaki

@yoshitaka_kitao 今日を生き切ること、それが全て。
05-23 08:44

@masason 人生を後悔したくないと思えば、限界など存在しないのかもしれません。
05-23 08:39

不真面目な政府とやる気のない与党国対|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり http://t.co/W1jz9cC原発問題の真実やいかに。
05-23 08:36

| Twitterで語るプロの学校 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/22のツイートまとめ

HideoAmazaki

真実は、どこにあるのか?ダダ漏れなのか! ストロンチウム90が海を殺す恐怖 http://t.co/U84sewI
05-22 17:46

ブログ更新しました。:プロの学校「コアバリューを持っているか、実践しているか」http://amazaki777.blog87.fc2.com/blog-entry-45.html
05-22 17:09

| Twitterで語るプロの学校 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。