プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

08/28のツイートまとめ

HideoAmazaki

今日出会った素敵な言葉。人生とは、いろいろと他の計画を立てている時に起こっているものである。Life is what happens when you're making other plans.ジョンレノン
08-28 20:12

今日出会った素敵な言葉。人生とは、いろいろと他の計画を立てている時に起こっているものである。Life is what happens when you're making other plans.ジョンレノン
08-28 20:10

スポンサーサイト

| Twitterで語るプロの学校 | 06:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仏教に学ぶプロフェッショナルの心得 2  法然


念仏は易きがゆえに一切に通ず。

諸行は難きが故に諸機に通ぜず。

しかれば則ち一切衆生をして平等に

往生せしめんがために、

難を捨て易を取りて、

本願したもうか。


法然 選択本願念仏集


法然は、平安時代末期から鎌倉時代初期、
阿弥陀仏の誓いを信じ、
「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、
死後は平等に往生できるという
専修念仏の教えを説き、
のちに浄土宗の開祖となります。

法然は、『選択本願念仏集』を著し、
念仏を体系化したことにより、
日本における称名念仏の「元祖」と言われています。

法然は、時機に応じて、
釈尊の説かれた聖教の中から、
自らの機根に合うものを選びとって
行じていく事が重要であると言っています。

そして、仏教を専修念仏を行う浄土門と
それ以外の行を行う聖道門に分けて、
浄土門を極楽往生を願って専修念仏を行う門、
聖道門を現世で修行を行い悟りを目指す門と
しています。

そして、念仏は有効な行であることを説き、
こう言っています。

念仏は易きがゆえに一切に通ず。
諸行は難きが故に諸機に通ぜず。

しかれば則ち一切衆生をして平等に
往生せしめんがために、
難を捨て易を取りて、
本願したもうか。

法然 「選択本願念仏集」



念仏は行うのがたやすいので、
全ての人が行える易行である。

しかし、極楽往生のためのその他の行は
難しいので、どんな人でも行えるものでない
難行である。

だから、阿弥陀仏は全ての人々を平等に
極楽往生させるため、
難行を捨てて、易行を取り、
本願とされたのではないだろうか。


この書でいう「選択」とは、
選び取り選び捨てるという論理です。

法然は、一切の諸行を難行として捨て、
称名念仏という易行をただ一行を選び取って
極楽往生の道とした訳です。

宗教の世界に限らず、
私たちのビジネスの世界でも、
この易行、難行という考えは、
当てはまるのではないでしょうか。


修行と言えば、経を唱える、
座禅を組む、滝にうたれるなど
特別なことを行動することと考えがちですが、
決してそうではありません。

私たちの心がけ次第で、
己の人生を生きることを
最大の修行とすることもできます。

炊事、洗濯、掃除などの日常のこと、
仕事、学業、日常の所作でさえ、
修行となるのです。

セールスで断られるのも修行、
戦略を提案するのも修行、
日々の事務作業、
電話応対であっても
修行となります。

私の師から学び、
私が実行している行があります。

電話を切る時に、
必ず相手が切るのを待ち、
最後に心の中で、
有難うございましたと念じる
感謝の行です。

これは、日々の仕事の中で
いつでもできることですから、
法然がいう易行かもしれません。

確かに、有難うございますということ自体は
決して難しいことではありません。
その意味では易しい行なのでしょう。

しかし、修行というのは、
行じ続けることが重要です。

私はまだ1年しか行じていませんが、
我が師は、もう10年続けていると聞きました。

そして大切なことは、
その時の心の置き所。

例えそれがどんな電話であっても、
クレームであっても、
意に沿わぬ内容であっても、
必ず心から感謝の気持ちをもって、
有難うございますと頭を下げるのです。

不思議なものですが、
受話器を置く時には、
清々しい気持ちになっています。

これまで、要件が終われば、
すぐに切っていた電話ですが、
そういう態度も、
感謝の行も、
結果として自然に相手にも
伝わってゆくのではないでしょうか。

ありがとうとは、
有り難きこと、つまり
起こり得ないような奇跡的なことを
意味しています。

起こり得ぬ奇跡のような出会い、
出来事、話、そういったことに
有難うございますと念じ続けることが、
感謝する気持ちを持つことになるのだと思います。

そういう意味で、人生の中で、
行じることはたくさんあり、
一生修行であると言えるかもしれません。

しかしそういった易しいことを
習慣のように継続し続けることが、
実は最も難しい行なのではないかと思うのです。




選択本願念仏集―法然の教え (角川ソフィア文庫)選択本願念仏集―法然の教え (角川ソフィア文庫)
(2007/05)
阿満 利麿

商品詳細を見る















| 仏教に学ぶプロフェッショナルの心得 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/20のツイートまとめ

HideoAmazaki

ブログ、プロの学校。円空に学ぶ、利他の生き方http://t.co/Xax8qaH彼を先にし我を後にするの思いを持って思いとなし、他を利し己を忘るるの情(心)をもって情となす。円空、「本朝文粋、大般若経願文」
08-20 19:58

ブログ、プロの学校。仏教に学ぶプロフェッショナルの心得。その1、円空。http://t.co/Xax8qaH
08-20 19:56

ブログ更新しました。プロの学校本日のテーマは、仏教に学ぶ、プロフェッショナルの心得です。http://t.co/Xax8qaH
08-20 19:54

| Twitterで語るプロの学校 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仏教に学ぶプロフェッショナルの心得1 円空


彼を先にし我を後にするの思いを

持って思いとなし、

他を利し己を忘るるの情(心)をもって情となす。

円空、「本朝文粋、大般若経願文」




円空は、江戸時代前期の行脚僧であり、
全国に木彫りの「円空仏」と呼ばれる
独特の作風を持った仏像を残したことで知られています。

驚くべきはその仏像の数です。

円空は生涯に12万体の仏像を彫ったと伝えられ、
現存するものでも5000体を超えています。

生涯で12万体あまりの仏像を作ったというのは、
本当に驚異的な数です。

64年間の生涯で単純計算しても、
年間で1800体以上の仏像を製作していたことになります。

円空仏は全国に所在し、
北は北海道・青森、南は愛媛県までおよんでおり、
円空がどれだけ、広範囲に行脚をしながら、
仏像を掘っていたかがわかります。

しかし、円空は全国を行脚しながら、
なぜこれだけ、大量の仏像を
彫り続けたのでしょうか。

円空仏は、デザインが非常にシンプルで、
一刀彫で彫られてゴツゴツとした
野性味に溢れるものが多いのですが、
どの仏様も不可思議な微笑を湛えて
思わずこちらも微笑んでしまいます。


円空と木喰 (NHK美の壺)円空と木喰 (NHK美の壺)
(2007/09)
NHK「美の壺」制作班

商品詳細を見る




これは、円空の、民衆が気軽に拝める仏像を
与えたいという思いが込められているように感じます。

それも、寺院に寄贈しお堂に鎮座するのではなく、
田畑や野に置かれることを望み、
一人でも多くの民衆の信心に応えようと
日々仏像を彫り続けていたのではないでしょうか。

そうでなければ、
一日5体もの仏像を生涯彫り続けることなど、
出来るはずがありません。

では、何が、円空をして全国を行脚しながら、
仏像を彫り続けさせたのでしょうか。

それは、利他の心、
すなわち、人に尽くす精神が、
使命感にまで昇華した生き様で
あったのだろうと思います。

本朝文粋に、大般若経願文という
円空の言葉が記されています。

彼を先にし我を後にするの思いを持って思いとなし、
他を利し己を忘るるの情(こころ)をもって情(こころ)となす。



まさに、円空は、自分のためではなく、
他人のこと、すなわち全国行脚で出会った民衆たち、
一人ひとりを大事に思いやる気持ちを我が思いとしていたのです。

そして、他者を利することを第一として考え、
自分を利することは忘れてしまってもいいという
心情を我が心情としたいと断言しています。

この言葉の行間から、
円空が、目の前の民衆たちを思い、
一心不乱に木槌とのみを振るっている姿が、
目に浮かびます。

プロフェッショナルを目指す私たちも、
己のビジネスでいかに、目の前の顧客(他者)を思い、
最高の利益、満足や幸福感をご提供することに、
真剣に取り組まなければなりません。

他利のみを考えてする仕事ができれば、
結果として己にも必ず利や満足が返って来ます。

それでは、
どうすれば他利のみを考えられるのでしょうか。

私は、セールスをしている時に
必ず心のスイッチをいれています。

そのスイッチは、

目の前にいるお客様が、
自分の家族、兄弟、両親であると
心からそう思うこと


です。




自分の家族を大切に思わない人間はいません。
家族は、最も身近で、最も大切な人達です。

だから、目の前にいるお客様も、
自分の家族だと心の中で思い込んで
お話をしてゆきます。

そうするセールスマンに対する不信感や
色々な反対、断りが出たとしても、
心が折れることはありません。

皆、自分の家族ですから、
こちらの思いを伝えるだけですし、
そのような心の姿勢は、
必ずお客様にも伝わるものです。

セールスをしていた当時、
お申し込みを頂いた後に、
お客様から、

「あなたのご家庭は、どんな家族なんでしょうか。」

と聞かれたことがありました。


「普通の家族です。こちらのご家庭と変わりません。
でもどうして、そう聞かれるのですか。」
と尋ねると、

「あなたの話を聞いていると、
あなたのご家族についても知りたくなりました。」

という答えでした。

利他の思いで接することに徹することができれば、
その思いが自ずと相手にも通じることもある
ということなのでしょう。



歓喜する円空 (新潮文庫)歓喜する円空 (新潮文庫)
(2009/06/27)
梅原 猛

商品詳細を見る



↓今日の心技体は、いかがでしたか?宜しければ、クリックを↓

にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



| 仏教に学ぶプロフェッショナルの心得 | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/19のツイートまとめ

HideoAmazaki

成長するということは 能力を修得するだけでなく 人間として大きくなること|3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言|ダイヤモンド・オンライン http://t.co/toZWSiX via @dol_editors
08-19 22:02

| Twitterで語るプロの学校 | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/13のツイートまとめ

HideoAmazaki

ブログ、プロの学校。「人を育てるということ」http://t.co/aq9TCR8友情を知る子どもは  親切をおぼえる  安心を経験した子どもは  信頼をおぼえる  可愛がられ抱きしめられた子どもは  世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる  
08-13 10:29

ブログ、プロの学校。更新中。激励をうけた子どもは  自信をおぼえる  寛容にであった子どもは  忍耐をおぼえる  賞賛をうけた子どもは  評価することをおぼえる  フェアプレーを経験した子どもは  公正をおぼえる  http://t.co/aq9TCR8
08-13 10:28

ブログ、プロの学校。更新しました。http://t.co/aq9TCR8批判ばかりされた子どもは 非難することをおぼえる  殴られて大きくなった子どもは  力にたよることをおぼえる  笑いものにされた子どもは  ものを言わずにいることをおぼえる  
08-13 10:26

ブログ更新しました。プロの学校。本日のテーマは、人を育てるということ。http://t.co/aq9TCR8
08-13 10:24

| Twitterで語るプロの学校 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人を育てるということ

激励をうけた子どもは  

自信をおぼえる  

寛容にであった子どもは  

忍耐をおぼえる  

賞賛をうけた子どもは  

評価することをおぼえる  

フェアプレーを経験した子どもは  

公正をおぼえる  

友情を知る子どもは  

親切をおぼえる  

安心を経験した子どもは  

信頼をおぼえる  

可愛がられ抱きしめられた子どもは  

世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる


ドロシー・ロー・ノルト





私の会社で、常に話題になるテーマの一つに、
新人育成があります。

世界各国の関連会社でも、
このテーマが議論されない日はありません。

なぜ、新人育成が話題になるのでしょうか。

新人の業績が、期待通りではないから。
以前に比べると平均値が下がってしまっているから。
初期段階で上手くいかないと仕事を辞してしまうから。

・・・ということがその理由になっています。

確かに目に見える事象は、そうかもしれません。
入社した新人自体に問題があったのは事実でしょう。

私は、自分が採用した仲間たちは、
例え同じような年代であっても、
全て自分の子供であると考えています。

ですから、問題があっても、
上手くいかないとしても、
飲み込みが悪くても、
子供は子供ですので、
親として、それをどうサポートするかを
考えています。

私にも、二人の息子がいますが、
自分の子供に対しても、
当然同じように接しています。

そもそも、自分の子供がいかに課題を抱えていても、
子供を見捨てる親などいるはずがありません。

基本的にそれと変わりありません。

人を採用すること、
採用した人を育てることは、
それだけの覚悟が必要だということです。

もちろん、採用される側の新人にも、
それ相応の覚悟が必要であるのは当然です。

お互いに覚悟を決めているから、
厳しいことも言えるし、
心から誉めることもできるのです。

そういう思いで、
どこまで徹底して関わり続けることが出来るのかを
考えることが、新人育成の本質であると思います。

トレーニングやマネジメント手法なども、
重要ではありますが、
それらは具体的なツールに過ぎません。
本質は、親としての愛情、
子供に対する責任、
一緒に道を歩む覚悟であると思います。

ドロシー・ロー・ノルト女史は、
その著書、「子どもが育つ魔法の言葉」で
子供は親の鏡であるとして、
次のように言っています。


批判ばかりされた子どもは  
非難することをおぼえる  

殴られて大きくなった子どもは  
力にたよることをおぼえる  

笑いものにされた子どもは  
ものを言わずにいることをおぼえる  

皮肉にさらされた子どもは  
鈍い良心のもちぬしとなる 

しかし、


友情を知る子どもは  
親切をおぼえる  

安心を経験した子どもは  
信頼をおぼえる  

可愛がられ抱きしめられた子どもは  
世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる   



親として、
自分の子供に対してできることは何なのか、
子供と同じ新人達にも何ができるのかを
示唆してくれる言葉です。

親が、そして親としてのマネージャーが、
子供達に与えられるものは、
無償の愛であり、
愛情に基づく教育であると思うのです。


子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)
(2003/09)
ドロシー・ロー ノルト、レイチャル ハリス 他

商品詳細を見る




| プロフェッショナルのマネジメント | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/06のツイートまとめ

HideoAmazaki

ブログ、プロの学校http://t.co/mndFhIh常に、戦略策定と実行における、同時進行の漸進的プロセスを統合することが、効果的戦略マネジメントの中心的な技法なのである。
08-06 22:26

http://t.co/JtXFuNNプロの学校、「戦略は、実行である」その8戦略策定のプロセスを通じて、戦略推進と心理的コミットメントを築き、次の柔軟性ある実行に続く流れをつくる。
08-06 22:25

http://t.co/JtXFuNNプロの学校「戦略は、実行である」その8ストラテジストは、常に変化し、改善されてゆく戦略的ビジョンを推進しなければならない。
08-06 22:21

ブログ更新しました。プロの学校、「戦略は実行である」をテーマに、戦略のあり方について触れています。ぜひお立ち寄りを。http://t.co/JtXFuNN
08-06 22:17

| Twitterで語るプロの学校 | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦略は実行である8 再び、継続的な対話

ストラテジストは、常に変化し、

改善されてゆく戦略的ビジョンを

推進しなければならない。

戦略策定のプロセスを通じて、

戦略推進と心理的コミットメントを築き、

次の柔軟性ある実行に続く流れをつくる。

常に、戦略策定と実行における、

同時進行の漸進的プロセスを統合することが、

効果的戦略マネジメントの

中心的な技法なのである。


ブライアン・クイン教授、ダートマス大学



前回、マギル大学教授、ヘンリー・ミンツバーグ氏の
ふたつの戦略、すなわち

計画的戦略
創発的戦略


について触れました。

ミンツバーグ教授は、こう言っています。

一方的に計画的で、
全く学習のない戦略はほとんどない。

しかしまた、一方的に創発的で、
コントロールの全くない戦略もない。

現実的な戦略は、全てこの二つを
併せ持たなければならない。

つまり、学習しながらも計画的に
コントロールするのである。


別の言い方をすれば、
戦略は計画的に策定される、
と同時に創発的に形成されなければならない
ということだ。

効果的な戦略というのは、
予期せぬ出来事への対応力と予測する能力を
兼ね備えたこれらの2つの戦略の組み合わせなのだ。



ミンツバーグ教授の言うように、
戦略とは、計画的であり、
かつ創発的でなければなりません。

そして、創発的な戦略展開がなされない理由として、

問題の本質は、戦略策定と実行を分けてしまうこと、
つまり思考と行動を切り離すこと自体にある

と言っています。

私が会社でプロジェクトを進めていますが、
そこで感じることは、
最前線で日々顧客と直接接しているメンバーの意見や考えは
説得力もあり、また結果として現場に落とした時に、
最も行動につながりやすいももだと実感しています。

つまり、最前線のリーダー的なメンバーが
戦略策定に積極的に参画することが、
戦略の実行の対して大きな影響力を持つ
ことになります。

ただし、このプロセスは、
非常に時間を必要とします。

全国各地で活躍する最前線のメンバーは、
当然、日々の仕事を抱えています。
プロジェクトへの参加は、
ボランティアとなりますので、
頻繁に集めることは出来ません。

また、そこで決まった戦略を
さらに練り込んで、
具体的な形にしてゆく訳ですが、
それを現場に落とし込んでゆく
プロセスが重要です。

いきなりそれぞれの現場に
直接伝えることはしません。

あくまでも、コアメンバーを中心に
落とし込みを行います。

ですから、現場のメンバーには、
自分のオフィスでどうメンバーに落とし込み、
どう実行してゆくのかをまず考えてもらいます。

そして、それを自分の属するリージョンの
他のオフィスにどのように浸透してゆくかも
戦略部門と考えてゆきます。

このプロセスには時間がかかり、
その進行は漸進的とならざるをえません。

私たち戦略部門は、
戦略の方向性を明確にするだけでなく、
具体的な戦略の練り込みのスピードを
できる限り早めること、
戦略策定の過程で現場から出てきた
具体的な意見やアイデアをできる限り
素早く、完成度の高い形で具現化すること
が求められます。

戦略実行への現場とのキャッチボールが
漸進的であることは、否めません。
しかしこのプロセスを省いたり、
飛ばしたりすることは実行につながらず、
本末転倒になってしまいます。

ですから、戦略部門の持つスピード感が、
戦略実行の一つの鍵であると考えます。

ダートマス大学のブライアン・クイン教授は、
現場とのこの漸進的な戦略浸透、
実行のプロセスについてこう言っています。

ストラテジストは、常に変化し、
改善されてゆく戦略的ビジョンを
推進しなければならない。

戦略策定のプロセスを通じて、
戦略推進と心理的コミットメントを築き、
次の柔軟性ある実行に続く流れをつくる。

常に、戦略策定と実行における、
同時進行の漸進的プロセスを統合することが、
効果的戦略マネジメントの中心的な技法なのである。


戦略が、優れた実践を導き、
その実践から戦略の軌道修正を行い、
方向を見定めてゆくことが大切です。

現場で戦略を推進する過程を通じて、
現場のメンバーが戦略を自分事として捉え、
その実行にコミットしていくような流れも
意識しなければなりません。

そして戦略とは、
このような思考と実践の繰り返しの中で、
螺旋的に発展をしてゆくものなのです。


<<
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
(1999/10)
ヘンリー ミンツバーグ、ジョセフ ランペル 他

商品詳細を見る




| プロフェッショナルの戦略論 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。