プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11/28のツイートまとめ

HideoAmazaki

今日出逢った素敵な言葉。「人は何によって知られたいかを自問自答しなくてはならない。その答えは年を取るごとに変わっていかなければならない。本当に知られるに値することは、人を素晴らしい人に変えることである。ーーードラッカーhttp://t.co/DND9kuou「プロの学校」
11-28 22:30

スポンサーサイト

| Twitterで語るプロの学校 | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/27のツイートまとめ

HideoAmazaki

現状維持では、後退するばかりである。ディズニーーーー常に成長を目指してちょうどいい。ビジネスは、下りエスカレーターをの乗るようなもの。登り続けないと落ちるだけだ。
11-27 16:41

相反する利益を一致させるのが、ビジネスの根本原理。この論理的に矛盾することを可能にするのが付加価値だ。三木谷浩史ーーークオリティーアップと量的拡大、短期的収益の拡大と長期的成長への投資といった弁証法的なブレイクスルーが経営の本質。http://t.co/DND9kuou
11-27 16:39

ブログ「プロの学校」更新しました。http://t.co/3xyzsKZa『エベレストよ、今回は私達の負けだ。だが私達は必ず舞い戻って登頂してみせる。なぜなら、山は大きくならないが、私はもっと成長できるからだ。』エドモンド・ヒラリー、登山家
11-27 08:18

ブログ「プロの学校」更新しました。本日のテーマは、プロフェッショナルの成功観。『思いの強さが成功を決める』http://t.co/3xyzsKZa
11-27 08:16

| Twitterで語るプロの学校 | 07:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/26のツイートまとめ

HideoAmazaki

アイデアを生むと言っても、口先だけでは生まれない。これもやはり熱心であること。寝てもさめても一事に没頭するほどの熱心さから、思いもかけぬ、よき知恵が授かる。松下幸之助ーーー考えて考えて考え抜いた先に、本当の智恵が生まれる。http://t.co/DND9kuou
11-26 19:45

ライバルが何をしようと関係ない ~ スティーブ・ジョブズーーープロフェッショナルのビジネスはこうありたい。http://t.co/DND9kuou
11-26 19:42

| Twitterで語るプロの学校 | 14:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルの成功観 思いの強さが成功を決める

エベレストよ、今回は私達の負けだ。

だが私達は必ず舞い戻って登頂してみせる。

なぜなら、山は大きくならないが、

私はもっと成長できるからだ。

登山家、エドモンド・ヒラリー



世の中に、成功する人と成功しない人がいるとすれば、
それを分かつものは、何なのでしょう。

私の仲間を見ていると、個人によって、目指すものの高さ、
思いの強さ、どこで満足するかの違いがあります。

そして、一定のレベルで満足する人は、
それ以上努力はしなくなります。

それは、決して失敗でも、サボっているわけでもありませんが、
成長やチャレンジはそこで止まってしまいます。

しかし、満足しない人は、さらに高みに向かってゆきます。
目指す山の頂上に立つと、さらにその上の山が見えるのです。
ですから挑戦はさらに続きます。

夢や目標は、そうやって次々に高みに向かってゆく
連続したプロセスなのです。

成功に終わりはないということです。

しかし、人生は常に順風満帆ではなく、
時には大失敗も経験します。

天候に恵まれず、体力も消耗し、登頂に失敗し、
下山を余儀なくされた時、それは失敗なのでしょうか。

初めてエベレストの登頂に成功した登山家、
ヒラリー卿が、一度目に登頂を失敗した時、
エベレストの写真を前に語った言葉があります。

『エベレストよ、今回は私達の負けだ。
だが私達は必ず舞い戻って登頂してみせる。

なぜなら、山は大きくならないが、
私はもっと成長できるからだ。』


つまり、私達の目の前に起こることに
失敗などはないということです。

失敗に見えることは、間違ったやり方を学び、
何が正しいやり方なのかを考える機会を得た、
ということなのだと思います。

そして順風満帆な成功などは無く、
壁に当たった時にこそ、
目指すべき高みを心にはっきりと
描く必要があるのでしょう。

そして、目の前の壁は壁でなく、
単なるハードルに過ぎない
ということに気づくに違いありません。


| プロフェッショナルの心:成功観 | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/25のツイートまとめ

HideoAmazaki

.@HideoAmazaki さんは LOUIS VUITTON CIRCUS(2011.11.25 OPEN!)のチケットを手に入れました。サプライズに満ちたルイ・ヴィトンの魔法の旅へ、ようこそ。http://t.co/lNwAoeQY #lv_circus
11-25 22:14

私は、辛抱強く人の話を聞く。しかし、ひとたび決心すると、頑固と言われるまでに自説に固執する。ウォルトディズニーーーー聞くこと、聴くこと。そして、こうと決めたら、頑固にやり抜く。http://t.co/DND9kuou
11-25 22:12

気さくに、それでいて真摯に思ったことを言い合える関係を築くのがプロフェッショナルであり、僕の理想のチーム像だ。長谷部誠 ーーー本当のプロ集団とは、かくあるべし。http://t.co/DND9kuou
11-25 22:09

知恵で勝負することが重要なのです。孫正義ーーー考え続けること。それが勝負の分かれ目。http://t.co/DND9kuou
11-25 22:08

まず熱意を人並以上に持ち続けられるかどうかが、経営者としての必須条件だ。これに知識をかけ算し、経験を足し算せねば真の知恵はわいてこない。松下幸之助 ーーー経営者は、熱意、情熱を途切らせてはならない。そして、考えて考えて考え抜く。http://t.co/DND9kuou
11-25 22:07

人間の一番の義務。それは幸せを見つけることである。松下幸之助ーーー幸せを見つけるのは、必ずやらねばならない義務。いい言葉です。http://t.co/DND9kuou
11-25 22:03

チェンジリーダーとなるためには、機会に人材を割り当てることが必要である。P・ ドラッカーーーー機会に人を割り当てる。人がその機会を生かして初めて、変革がなされる。http://t.co/DND9kuou
11-25 22:03

| Twitterで語るプロの学校 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/19のツイートまとめ

HideoAmazaki

他人のせいで不幸になるなんて事はありえない。それは全て自分のせいだ。ー村上龍ーーー達観してますね。この通りです。http://t.co/DND9kuou
11-19 15:11

| Twitterで語るプロの学校 | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/17のツイートまとめ

HideoAmazaki

挑戦すれば、成功もあれば失敗もあります。でも挑戦せずして成功はありません。何度も言いますが挑戦しないことには始まらないのです ~ 野茂英雄ーーー挑戦を続けるのがプロフェッショナル。http://t.co/DND9kuou
11-17 21:44

生きた人のなかで、いちばん笑い声を聞いた耳でありたい。(松本 人志)ーーーさすが、笑いのプロフェッショナルらしい。http://t.co/DND9kuou
11-17 21:40

自分の価値、倫理、モラルなどを知っている時は、決断することは難しくない。ディズニーーーー明確な自分の考え、意志を持つこと。http://t.co/DND9kuou
11-17 21:36

言ってはならないことを言うと、それ以降の人生が確実に暗くなる。村上龍ーーー言いすぎて後悔することが多くある。反省。
11-17 21:34

与えることは最高の喜びなのだ他人に喜びを運ぶ人は、それによって自分自身の喜びと満足をえる。ディズニーーーー与えることで自分に帰ってくるものがある。http://t.co/DND9kuou
11-17 21:32

| Twitterで語るプロの学校 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/10のツイートまとめ

HideoAmazaki

リーダーとは、周りの人を元気にする人。佐々木常雄ーーーいつも、誰にでも、そうありたいものです。そのためには、自分が最高に元気でなければいけない。http://t.co/y8tQuFbG
11-10 22:18

過去と未来は最高によく思える。 現在の事柄は最高に悪い。 [ウィリアム・シェイクスピア]ーーー未来の夢は美しい。過去の思いでも美しい。今を生きることは、厳しいが、それも本当は美しいのだろう。http://t.co/y8tQuFbG
11-10 22:16

“@b_kotoba: 負けても終わりではない。 やめたら終わりだ。(リチャード・ニクソン) ーーーネバー、ネバー、ネバー、ギブアップ。http://t.co/y8tQuFbG
11-10 22:15

“@kotovasky: ささいなことが私たちを慰めるのは、ささいなことが私たちを悩ますからだ。-川端康成ーーー些細なことで悩み、喜ぶ。それが人間なのでしょう。http://t.co/y8tQuFbG
11-10 22:13

真実を語れ。怒るな。乞われたならば、乏しい中からでも与えよ。これらの3つによって、神々のもとにいたるであろう。仏陀ーーーこの3つ。出来そうで出来ないのが、人間の性。修行せねばなりません。http://t.co/y8tQuFbG
11-10 22:11

相手の要求に的確にすばやく応えられる人が、私プロだと思います。ただちょっとプラスアルファ必要かなと思うので、自分もそれを今探しているって感じです - 江川悦子 (特殊メイクアップアーティスト)ーーー要望に応える時に、更に期待を超えるものを負荷できるかどうか。それがプロ。
11-10 22:08

ブログ更新、プロの学校。http://t.co/y8tQuFbG選手が完走し、メダルを獲得するためには、二つ必要なものがある。一つは、ゴールのイメージをしっかりと持つ、信じられるまでイメージを作ること。二つ目は、目に見えるところに小さなゴールを決めて走ること。 小出義雄監督
11-10 22:06

ブログ更新、プロの学校。プロフェッショナルの心技体を語ります。本日は、プロフェッショナルの心、その2プロフェッショナルの成功観。まず、登る山を決めよ、です。是非お立ち寄りを。http://t.co/y8tQuFbG
11-10 22:03

ブログ更新。プロの学校。プロフェッショナルの心技体を語ります。本日は、プロフェッショナルの心、その2プロフェッショナルの成功観。まず、登る山を決めよ、です。是非お立ち寄りを。http://t.co/y8tQuFbG
11-10 22:01

| Twitterで語るプロの学校 | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルの成功観  まず登る山を決めよ。


マラソン選手が42.195キロを完走し、

メダルを獲得するためには、

二つ必要なものがある。


一つは、

ゴールのイメージをしっかりと持つこと、

それを信じられるまでイメージを作ること。

二つ目は、

目に見えるところに小さなゴールを

決めて走ること。



佐倉アスリート倶楽部 小出義雄監督



成功とは何かを定義するのは非常に難しいですが、
私は、 その人間が描く夢や目指す目標の実現と
そのプロセスであると考えています。

成功について仲間たちと話す時、
私はエベレストやアルプスなどの頂上を
極めた登山家について考えます。

登山家達は、なぜ頂上に登ることが出来たのか?

この質問をすると、訓練を積んできたから、
能力があったから、仲間がいたから・・・といった答えを多く聞きます。

確かにそれらは全て間違っていません。
しかし、それよりも以前に、
もっと重要なことがあるのではないでしょうか。

それは、とてもシンプルなことです。

登る山を決めたこと、です。

どんなに優秀な登山家であっても、
どんなに能力があっても、
登る山を決めない限りは、
頂上を極めることは出来ません。

成功した登山家は、
おそらく明確に目標を決めるところからスタートして、
逆算してそのためには今から何を準備すべきかと考え、
一つ一つの課題をクリアしてきたからこそ、
この危険な登山に成功し、
頂上を極めることが出来たのだと思います。

己の目指すべき夢や目標が何なのかを決めることは重要なことですが、
夢と目標のどこが違うのでしょうか。

ワタミの渡邊社長は、

『夢に期限をつければ、目標になる』 

と言っています。

期限を切るというのは、覚悟を決めること、
コミットすることであると思います。

いつかこうなりたいという夢を持っていても、
いつかはやって来ません。

しかし、いつまでに、これを実現すると腹を括れば、
そこまでの道のりを考えるようになります。

脳科学者によれば、私たちの脳には、
カラーバス効果というものがあり、
例えば、赤いものに興味があると、
やたらにたくさんの赤いものが目に飛び込んでくるそうです。

しかし、現実に赤いものが急に増えたわけではないのです。
そのように、心に刻み込んだものがあると、
脳は普段なら見過ごしてしまうようなものを、
キャッチする力があるということなのだと思います。

ですから、目標を決め、絶対にやり切るとコミットすれば、
自然とその道のりが見えてくるのではないでしょうか。

以前、マラソンの高橋選手などを育てた小出監督のお話を聴く機会がありました。

彼は、マラソン選手が42.195キロを完走しメダルを獲得するためには
二つ必要なものがあると言っていました。

一つは、

ゴールのイメージをしっかりと持つこと、
それを信じられるまでイメージを作ること 


です。

シドニーオリンピックで、彼の指導した高橋尚子選手の頭には、
どこでサングラスを捨てるのか、
競技場のトラックに入ると何メートル後に2位の選手が後続しているのか、
といったイメージをはっきりと描き、その通りになったのだそうです。

二つ目に、

目に見えるところに小さなゴールを決めて走ること 

が大切だと言っています。

ゴールのイメージを描いたとしても、42.195キロという長い道のりは、
厳しく実際にゴールは見えません。

そこで目に見えるところにゴールを決めて、
あそこのビルまで頑張ろう、そこに着いたら今度はあの建物まで・・・と
小さな目標をクリアしながら、ゴールまで進んでゆくのです。

私たちの仕事も、これと同じようなところがあると思います。

大きな成功をつかむためには、

達成したイメージをしっかりと描くこと、
それができると信じること 


が大切です。

できると言い切ってしまえば、
ではどうすればできるのかと考えることになります。

しかし、できないと言ってしまうと、それ以上は前に進めません。

そして、その大きな目標を小さな中間目標に分解して、
小さな目標をひとつずつクリアしてゆくことで、
小さな成功を体験しながら、長いプロセスを乗り越えてゆきます。

ここでもう一つ重要なことは、
その長く苦しい闘いが楽しいと思えるかどうかという点です。

高橋選手は、ゴールしてからレースを振り返り、
このレースは楽しかったと言っていたそうです。

つまり、私たちはゴールの瞬間だけで、
成功を感じるのではないということです。

頂上に立ち、苦労して走ってきた道のりを振り返ると、
その苦労の連続のプロセスそのものが成功であり、
楽しく、幸せであったということです。

私のこれまでの体験を振り返っても、
目標を達成したこと以上に、
ゴールを目指して一心不乱にチャレンジし、
悪戦苦闘している厳しい瞬間の中にこそ、
仕事の楽しさ、喜びや、やりがいがあったように感じています。 

フロー理論を提唱するチクセントミハイによれば、

『一つのことに深く没入しているので、
他の何ものも問題とならなくなる状態であり、
その経験それ自体が非常に楽しいので、
純粋にそれをするということのために多くの時間と労力を
費やすのがフロー状態である。
そして、フロー経験の繰り返しの中で、
成長の段階を上がる』

と言っています。

つまり、成功というのは、
このフロー状態を繰り返すプロセスの中で、
成長を体感してゆくことなのではないかと思うのです。
 
 
 

| プロフェッショナルの心:成功観 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/06のツイートまとめ

HideoAmazaki

“@masason_bot: @HideoAmazaki 国そのものを変えてみようというぐらいのスケールで、自分を役者を配置していくほうがはるかにおもしろい。ーーー自分を変え、会社を変え、世の中を変える。その覚悟と大志。
11-06 20:23

『習慣とは非常に軽いものであり、普段はその存在にさえ気付かない。だが一度意識すると、非常に重く断ち難いものであることがわかる』 ウォーレン・バフェット ーーー習慣化とは、無意識化、身体化すること。だから、考えなくてもできる。それが、プロのスキル。
11-06 20:20

生まれながらにして、死ぬときの対応の仕方を模索していくのが、人生のような気がする。北野武ーーー死に方を求めて生きる。http://t.co/DND9kuouプロの学校。
11-06 20:17

生産手段のうち、人的資源ほど効率の悪いものはない。この人的資源の活用に成功したわずかな企業が、生産性と産出量の飛躍的な向上を実現する。ドラッカー非効率の中の効果性。非効率の中の効率。それが、質と生産性を生む。http://t.co/DND9kuouプロの学校。
11-06 20:13

つねに成長している人間は、いつもなにかしらの困難に直面している。これは不運だからではなく、その人がいつでも新しい事に挑戦しているからだ。(大越俊夫)ーーー挑戦があるから、困難がある。困難があるから、成長がある。http://t.co/DND9kuouプロの学校。
11-06 20:11

“@masason_bot: @HideoAmazaki 具体的な戦略を練りだしたら、実行あるのみです。”ーーー戦略は、実行のプロセスで練り上げるもの。
11-06 20:09

私は神にあう準備ができている。神が、私に会うときのひどく厳しい試練の準備ができているかどうかは、また別の話だが。 ウィンストン・チャーチル ーーーこの自信がチャーチルをトップリーダーたらしめている。http://t.co/DND9kuou
11-06 20:08

重要なことは自らの事業は何かを知ることである。ドラッカーーーー事業の定義によって、ビジネスの世界は広がる。http://t.co/DND9kuouプロの学校。
11-06 20:06

窮地に立っても明るく、気さくで、謙虚。そして、決して威張らない。実に人間的魅力に溢れている。真のリーダーというのは、まさしく、ああいう人だな、と思いましたね。村上龍ーーーフォロワーがついて来る人がリーダー。プロの学校。http://t.co/DND9kuou
11-06 20:05

『努力できることが才能なんだ。』by 松井秀喜の父ーーー努力するという才能。それを持つかどうかが、プロフェッショナルの条件。プロの学校。http://t.co/DND9kuou
11-06 20:03

≫ Read More

| Twitterで語るプロの学校 | 07:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。