プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

必ず成功しない人には、条件がある

必ず成功しない人には条件がある



必ず成功しない人の条件

1.言われたことしかしない人。

2.楽をして仕事をしようとする、

そういうことが可能だと思っている人。

3.続かないという性格を直さない人。

4.すぐに不貞腐れる人。




致知出版社のメルマガに
面白い記事がありました。

ある経営者が、
こういう人は絶対に成功しない
という条件が4つあると言っていたそうです。


1.言われたことしかしない人。

2.楽をして仕事をしようとする、
そういうことが可能だと思っている人。

3.続かないという性格を直さない人。

4.すぐに不貞腐れる人。


致知出版社の「人間力メルマガ」より



確かに、誰が見ても、
こういう人は、成功できないと言うでしょう。

しかし、
ふと胸に手を当てて自分自身を省みると
自分にも思い当たる節がないでしょうか。

私の場合でも、
続かないという性格を直さない
というところにズキンときました。

やり始めて続かないことがいかに多いことか。

特に、仕事上でやるべきことを
継続することは、決して用意ではありません。

意識して、実行し、まず3日続けて、
出来たら3週間続け、
それが出来たら3ヶ月、
次に3年続ける。

石の上にも3年と言いますが、
これぐらい続けて、
初めて無意識でもできるように
なるのでしょう。

孔子は、
習慣は自然の如し
と言います。

習慣になるまで続けて、
自然にできるようになって初めて、
第二の天性となって、
深く身についていくのだと思います。

私も、反省して今こだわっていることを
続けたいと思います。

天崎 拝


一流たちの金言一流たちの金言
(2011/07/30)
月刊「致知」編集長藤尾 秀昭

商品詳細を見る












スポンサーサイト

| プロフェッショナルの心:成功観 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/28のツイートまとめ

HideoAmazaki

“@druckerkun: 小さく始めなければならない。大がかりな万能薬的な取り組みはうまくいかない。#ドラッカー”ーーまずは、小さく始める。ベータ版からのスタートです。プロの学校http://t.co/qlzNU5iw
11-28 21:19

| Twitterで語るプロの学校 | 03:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/15のツイートまとめ

HideoAmazaki

リーダーの言うことが真意であると確信をもてること。リーダーが公言する信念と行動は一致しなければならない。少なくとも賢さよりも一貫性。#ドラッカー"一一貫性は重要。最後までこだわり抜くものがあるかが、問われる。
11-15 22:00

| Twitterで語るプロの学校 | 03:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/07のツイートまとめ

HideoAmazaki

ブログ「プロの学校」更新をしました。本日のテーマは、プロフェッショナルのホスピタリティーです。山形新幹線のカリスマ車内販売、齋藤泉さんについて触れています。ご一読を。http://t.co/3DQX3XPf
11-07 14:03

| Twitterで語るプロの学校 | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルのホスピタリティーとは何か


プロフェッショナルのホスピタリティーとは何か



お客様との一瞬の出会いを大切にしたい。

そして喜んでもらうためには

何ができるかを考える。



齋藤泉、日本レストランエンタープライズ



齋藤泉さんは、山形新幹線の車内サービスを
されています。
東京ー山形間の片道3時間半の時間で、
187個のお弁当の販売したという記録保持者。

ちなみに定員400名だそうですので、
ほぼ半分の乗客が彼女から
購入したことになります。

齋藤さんは、こんな思いで
仕事をしていると言います。

その日、その時、その場所で同じ空間を
共有している一瞬の出会いを大切にしたい、
何かご縁があってお会いすることができたのだから
そのお客様をなんとか喜ばせたい、
私はお客様に対して自然とこう思います。



売りたいと思う前に、
彼女は、喜ばせたいと思う。
そういう姿勢が、結果的に何かを買いたいと
思わせるのでしょう。


斎藤さんは、続けます。

お客様との距離が縮まり、
つながりが生まれることが、
「人が物を売る」という
醍醐味であると思います。

それをお客様の喜びの声から学びました。
その喜びの声を得るきっかけとなるのは、
マニュアルの徹底ではなく、
お客様にこれを伝えてあげたら
きっと喜ぶだろう、
これを伝えてあげないと
お客様が困るのではないか、
…と一瞬でも思ったことは、
売ることとは関係の無いことであっても
お伝えしてあげることです。

縁あってこの列車でお客様との出会いがあり、
社内サービスを通じて距離感が縮み、
つながりが生まれること、
それが、ものを売る醍醐味だと言います。


車内サービスという仕事は、限られた時間内に、
賞味期限のあるお弁当を売らなければならない。
それだけを考えたら、
こんなに辛い仕事、作業はないかもしれません。

売り上げが上がらないと
今日はいいお客さんがいなかったと
考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、
この仕事を通じてしか、
出会えることのなかったお客様に、
何かお役立ちしたいと考えて接することで、
つながりが生まれる仕事、
こう考えれば、
自分の仕事の価値は高まり、
仕事に強い自信を持つことができます。

全ての人が、
誰かに喜んでもらいたいという気持ちを
持っています。

その思いで接することは仕事の上で、
ひいては人として大切なことであると思います。

私たちの仕事も、
同じではないでしょうか。

生業(なりわい)をどう捉えるかで、
その意味も価値も大きく変わります。

そして、その事が最終的には、
すべて自分のためになるものとして
必ず返ってくるのではないでしょうか。

天崎 拝




またあなたから買いたい! カリスマ新幹線アテンダントの一瞬で心をつかむ技術またあなたから買いたい! カリスマ新幹線アテンダントの一瞬で心をつかむ技術
(2009/08/27)
齋藤泉

商品詳細を見る





あなたから買えてよかった!あなたから買えてよかった!
(2012/04/27)
齋藤 泉

商品詳細を見る





| プロフェッショナルのホスピタリティー | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。