プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セミナーに参加する意味4、講師として語ることで得られるもの

セミナーに参加する意味4

講師として語ることで、

得られるもの





プロの学校の天崎です。

しばらく、セミナーについて
書いています。

今日は、セミナーや研修会に
参加する意味を考えて見たいと思います。

私の仕事の一つで、
昨年から、
全社の営業メンバーに対して、
幾つかのテーマで
社内セミナー、研修会の開催
を行っています。

実際に昨年は、
全国で延べ150回近いセミナーを
開催しました。


image_20130323104852.jpg

(写真は、イメージです)




参加した全国のメンバーの姿を
見て思うことがありました。

それぞれのセミナーや研修会に
参加するメンバーは、
ライバルではなく、
学び合う同志であり、
協力し合う仲間である
ということです。

全国のメンバーが、
集う機会はそれほど多くありません。

また、
研修会では、スキル、知識レベル
意識レベルの差が歴然とします。

しかし、それが悪いことではありません。

レベルの高い人が、そう出ない人を
本当の心からケアしよう、
サポートしようとしている姿に、
非常に感銘を受けました。

学ぶ方の立場の人も、
レベルの高い人と出会い、
同じテーマを追求する仲間となることが、
非常に大きな刺激になります。

しかし、
それだけではありません。
講師の立場になることにも
深い意味があります。

それは、

研修会で一番学んでいるのは、
講師である

ということです。

人に何かを教えることは、
最高の学びの場

となるのです。

実際に、昨年開催した
多くの研修会でそれを感じる場面がありました。

発表者やスピーカー、
全体をリードする人たちの
ミーティング後には業績が
どんどん上がっていきました。

その理由は、
人に話をし始めると
それに関わる案件が
どんどん舞い込んでくる

ということでした。

当然ですが、
事例を話してレクチャーをすれば、
それを聞いたメンバーから
多くの相談が舞い込みますので、
そこから新たなビジネスに
つながるケースもあります。

しかし、
それだけではありません。

運を引き寄せると言いますが、
引き寄せの法則は、
神懸ったものではなく、
このようなロジックで
起こると考えます。

人に語るということは、
同時に自分の心に向かって
語りかけることにもなります。

その自分への言葉は、
脳にインプットされます。

すると、
脳は無意識に、そのこと、
そのテーマに関する情報を探し始めます。

このように、意識していることほど
関係する情報が無意識に自分のところに
舞い込んでくるようになることを、
カラーバス効果」と言います。

このように、
人に語る、人に教えることは、
結果として、そのテーマ、
その内容についてより深く学ぶことになり、
同時に、
それに関連した情報を自然に呼び込んで
いくことにもなる
のです。


天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】

人に何かを教えることは、

最高の学びの場となる。

自然に、

運を引き寄せることになる。
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

03/27のツイートまとめ

HideoAmazaki

何かを長期間成し遂げるためには、考えや行動を一貫させる必要がある ─ イチロー一一言行の一貫性、こだわりは大切です。
03-27 20:42

1827年の今日ベートーヴェンが56年の生涯を閉じている。その生涯は病気の連続で、聴力障害と慢性下痢、呼吸器、肝臓、腎臓の疾患と多岐に渡る。50歳のときには黄疸にかかり、死亡する3年前に第九交響曲を完成したが、翌年には肝硬変の合併症で鼻出血と吐血をおこしている。一一すごい人です。
03-27 19:31

現代の優れた経営者は、常に危機意識を持ち、謙虚で、現場に足を運ぶこととコミュニケーションを何よりも大切にしていて、そして明るい。村上龍一一まさにその通りですね。経営者は、こうありたいですね。
03-27 19:29

| Twitterで語るプロの学校 | 03:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セミナーに参加する意味3、人脈をつくる

セミナーに参加する意味3

人脈をつくる




「プロの学校」の天崎です。

前回に続き、
セミナーに参加する意味について
考えてみましょう。

当然ですが、セミナーには、
ある程度の数の方が参加しています。

それも、同じテーマについて
関心を持った方々です。

仕事柄、マーケティングに関する
テーマのセミナーに参加することが
多いのですが、金融機関の方は、
ほとんど参加していません。

メーカー、広告代理店、研究者、
大学教授など、普段の仕事ではあまり
接することのない方々と
お会いすることができます。

セミナーに参加するたびに、
名刺交換し、意見交換し、
facebookでお友達になっています。


私のFacebookページ


セミナーに参加する意味は、
自分の仕事に関わる
多くの専門家の方々と
知り合いになるチャンス、
人脈をつくる
ということです。

セミナーという出会いをきっかけとして、
その方のビジネスに関心を持ち、
自分のテーマや課題と結びつけて
何か一緒にできることはないかと
考える
ことが大切です。

そうした具体的な行動があって
初めてセミナーの一つの成果に
つながります。

ですから、

名刺交換をしたら、
その後に何らかの「アクション」
を起こさなければ意味がない
のです。

それは、
ビジネスの提案をする、
提案をお聞きする、
会食して情報交換する、

など、色々なことが
考えられます。

セミナーに参加することで
得られる最大の収穫は、
そういった専門家、経営者、
プロフェッショナル、成功者
と呼ばれる人に間近で触れることが
できること
です。

あなたのまわりに、
そういった方がいなかったとしても、
セミナーをきっかけとして
チャンスがたくさんあるのです。


天崎 拝



【今日出逢った素敵な言葉】


ただ参加して、いい話だった、

では意味がありません。

ただ、名刺交換するだけ、

でも意味がありません。

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セミナーに参加する意味2、学んだことを具体化する、実践する

セミナーに参加する意味2

学んだことを具体化する、

実践する



「プロの学校」の天崎です。

前回に続き、
セミナーに参加する意味
についてふれましょう。

読んでみて、
なるほどと共感した著者については、
必ずお会いすることにしています。

これが、
私の一つ目の意味でした。

ですから、
言い換えれば、
情報収集、トレンドの把握を
発信者に直接当たる
ということです。

今、それらの最先端の情報は、
直接、間接的に、
私たちのビジネスに関わってきます。

特に、私の注目している
eマーケティングは、
世の中を大きく変えようとしています。

これから、購買のスタイル、
セールスやマーケティングの形が、
大きく変化してゆきます。

そういう最先端の話は、
実際には書籍にはなっていません。

書籍になる時には、
大体数ヶ月遅れます。

先日も、
ソーシャルラーニングについて
キャスタリアの山脇社長から
お話をお聞きしましたが、


image_20130323095947.jpg


彼の翻訳した「ソーシャルラーニング入門」は、
彼が原著に興味を持って読んだのが2年前、
翻訳から出版に半年以上かかり、
結果2年あまり経っています。




「ソーシャルラーニング」入門 ソーシャルメディアがもたらす人と組織の知識革命「ソーシャルラーニング」入門 ソーシャルメディアがもたらす人と組織の知識革命
(2012/01/06)
トニー・ビンガム、マーシャ・コナー 他

商品詳細を見る




ですから、
出版のセミナーの冒頭で
「この本はすでに古い」
というところから始まりました。

ですから、
セミナーの中身では、
最新情報を語ってくれました。

今日のテーマは、
この先の部分です。

セミナーに参加して、
知識、ノウハウを仕入れたら、
それだけで終わらせては
意味がありません。

自身の課題やテーマに
関連付けて、
具体化することです。

「まずは実践」する

ことが大切です。

私も、
山脇社長とセミナー後に、
名刺交換と意見交換をし、
すぐにfacebookでお友達となりました。

山脇社長のソーシャルラーニングは、
私の抱えているテーマの一つに
関係が深く、
会社にも来て頂き、
具体的なお話もお聞きしました。

彼のビジネスや今後の方向性について
より最先端のお話を聞くことができました。

私のテーマに関係が深く、
一緒に仕事ができるかもしれません。

セミナーは、
具体的な課題やテーマを解決するために、
参加する
ことももう一つの意味だと思います。

天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】

セミナーで学んだことは、

自身の課題やテーマに関連付けて、

具体化する

まずは実践する




| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セミナーに参加する意味 ビジネスに生かすセミナーの活用法

セミナーに参加する意味


ビジネスに生かすセミナーの活用法





毎日、
たくさんのセミナーの案内が、
メールやDMで届いているのは、
私だけではないでしょう。

私は、夜や土日も含めて、
できるだけたくさんのセミナーに
参加しています。

ただ、やみくもに参加するのではなく、
自分の抱えているテーマ、課題に
集中しています。

私自身のテーマとして、

・マーケティング、特にeマーケティング。


ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なことソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと
(2011/11/11)
斉藤 徹

商品詳細を見る



・戦略、特に企業戦略、マーケティング戦略。


コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則
(2010/09/07)
フィリップ・コトラー、ヘルマワン・カルタジャヤ 他

商品詳細を見る



・ブランド戦略、戦略的PR。


戦略的ブランド・マネジメント 第3版戦略的ブランド・マネジメント 第3版
(2010/04/10)
ケビン・レーン・ケラー

商品詳細を見る



・CSR、マイケルポーターのCSV
(Creating Shared Value:共有価値創造)



Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2008年 01月号 [雑誌]Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/10)
不明

商品詳細を見る





・マーケットトレンド、特にシニアマーケット、
世帯構造の変化。



三菱総研の総合未来読本 Phronesis『フロネシス』〈04〉「プラチナ社会」がやってくる! (フロネシス 4)三菱総研の総合未来読本 Phronesis『フロネシス』〈04〉「プラチナ社会」がやってくる! (フロネシス 4)
(2010/07/01)
三菱総合研究所

商品詳細を見る




… などです。



それらに関わる著作を読むというのは、
前回までに書きました。


読んでみて、なるほどと共感した著者に
ついては必ずお会いすることにしています。

お会いするきっかけはまず、
その方の著書などからHPを確認します。

大抵の場合、
著書に関わるテーマでセミナーを開催
していることが多いですから、
そのセミナーに参加します。

実際に生の声で、著者の考えを聞きます。
著書に書けなかったことを話すことも
たくさんあります。

そして、
セミナー終了後に、
ご本人と名刺交換をします。

大体、一番か二番目に名刺を交換します。
その方が、相手にも印象が残ります。
また、私の会社の契約者であったり、
知り合いがいたりすることも多くあります。

そして、著書を読んで感じたこと、
今自分がテーマにしていることなどを
簡単に話して、またご連絡しますと
お約束をします。

そして、
その日か、翌日に、
御礼のメールを出します。

そこには、
もう少し詳しく、
私が注目していること、
著者にお聞きしたいことなどを書かせて頂き、
お会いしたいことをお知らせします。

先方にとっても、
経営者であれば、
ビジネスにつながることでもありますし、
また、研究者であれば、
研究に関わる実務的な事例でもありますので、
必ず、アポイントは取れます。

そして、
お会いして、
より具体的な意見交換
させて頂いています。


セミナーに参加する意味の一つは、

注目する著者との接点として活用する

ことです。


次回も、
セミナーに参加する意味と
活用の方法について続けます。


天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】

注目する著者との

接点として活用する



| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルの読書法3、

本はどう読むか





今週は、読書法について書いています。

第1回は、
何を学びたいのか、何を考えたいのか、
本を選ぶ前に、まず目的を明確にすること

の重要性について触れました。

第2回は、
一つのテーマで、
10冊の関連図書を読むと
勘どころ、肝やツボが見えてくる

という点を書きました。

今回は、
本はどう読むかについて
書きたいと思います。

皆さんは、
本を買うとどういう順で読みますか。

私の場合は、
まず、帯などワンフレーズで
書かれているこの本のポイントを
さっと見ます。
著者はなにを一番言いたいのか、
出版社の編集者は、なにを訴えたいのか、
を見ることができます。

次に、著者のプロフィールです。

この著者のバックグラウンドを知って読むのと、
知らないで読むのとでは、
大きな違いが出てきます。

何を研究しているのか、
何をビジネスとしているのかを
把握するのは重要です。
また、
他にどんな著書をかいているのかも
確認できます。

次に、
「はじめに」を読み、
次に、「おわりに」を読みます。

一番言いたいことやまとめを
著者は最初か、最後に書きます。
それも、数行、一行のケースもありますし、
ワンフレーズにまとめているケースもあります。

そこを掴んでから、
細部に入らないと、
間違った理解をすることがあります。

そして、
次に、「目次」を順に眺めます。

目次も、
言いたいことを端的に表しています。

目次の構成を読んでいくと、
著者の思考プロセスを
フレームワークとして
見ることができます。

ここで、
全部読む時間のない時や、
先にポイントを掴みたい時は、
その章だけ先に読むこともできます。

本文に入る前に、
最後についている「参考文献」についても
ざっと目を通します。

類似の書籍を何冊か読み進むと、
同じような本の名前が出てきます。
それらも読んでいくと、
テーマについて立体的に
理解することができるようになります。

このように、
いきなり本文のはじめから読むのではなく、

帯→プロフィール→はじめに→おわりに
→目次→参考文献→本文、
の順に読み進めて行く
のです。

そういった本文でない部分を
初めに読むことで、
著者のこと、書籍のコンセプトなどを
掴んだ上で、本文を読むことは、
内容の理解を深める上でも、
また、著者の思考プロセスやフレームワークを
学ぶことができます。


皆さんも、
ぜひ一度体験してみて下さい。
読書が、少し変わるはずです。


天崎 拝



【今日出逢った素敵な言葉】

帯→プロフィール→はじめに→おわりに

→目次→参考文献→本文、

の順に読み進めて行く



最近読んで面白かった「読書法」の本を紹介します。




読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
(2012/07/27)
佐藤 優

商品詳細を見る



読書術 (岩波現代文庫)読書術 (岩波現代文庫)
(2000/11/16)
加藤 周一

商品詳細を見る



| 未分類 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


プロフェッショナルの読書法2、

何を読むべきか。




今週は、
読書について書いています。

ビジネスの読書は、
仮説検証型で、
目的を持って読むことが重要です。

では、
一つのテーマを持ったとして、
どれ位の本を読めば、
何か発見できるでしょうか。

私の経験では、
テーマの大きさにもよりますが、
10冊は関連の書籍を読む必要があると思います。

なぜ、10冊読む必要があるのでしょうか。
10冊同じようなテーマで読むと、
そのテーマの本質的な部分や、
どこが重要なのか、
コンセプトの中心は何かを
絞り込むことができるからです。

それだけ読むのですから、
読みやすい本から読むのをオススメします。
まずは、ざっと概要や考え方、基本部分を
掴まなければなりません。

ですから、読み進めるもの、
興味を引くものから読むべきでしょう。

読みにくいい本にあたると
テーマそのものにすら、
興味を失ってしまう可能性があります。

では、
それらの本をどうしたら
選ぶことができるのでしょうか。

まず、
その分野、そのテーマで検索して
頻繁に出てくる書籍に当たりましょう。

Amazonで検索し、
書評のコメントも参考にします。
売れているから良書であるとは限りません。

売れている本でも、
コメントがひどいケースもあります。

まず、これはという一冊を読み込みます。
そして、その本からテーマの
全体像のイメージを掴みます。

大事なことは、
その著者が本を書くに当たって
参考にした書籍やデータも確認することです。

特に、
その著書や著者に共感できる場合は、
その著者の共感した、参考にした書籍は、
かなり参考になります。

そういった本を含めて、
10冊の関連図書を読むと
勘どころ、肝やツボが見えてくるのです。

それぞれの本の読み方は、
前回書いたように、
自分の体験と照らして、
その中から見つけることです。

読みながら、
著者と対話し、
自分に問いかけ、
体験に照らして
考えるという読み方
が重要です。

こうして、
10冊の本を読むことは、
テーマを深堀すると同時に、
関連のテーマを中心に、
幅を広げてゆきます。

深く穴を掘ろうとするなら、
間口は広げなければならない。

これは、
私の大学時代の恩師、
前学習院院長、田島義博先生から
学んだ学習の方法です。

読書も、
また同じではないでしょうか。


天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】

深く穴を掘ろうとするなら、
間口は広げなければならない。




学習院長・田島義博「人間力」の育て方学習院長・田島義博「人間力」の育て方
(2005/04)
田島 義博

商品詳細を見る



歴史に学ぶ流通の進化歴史に学ぶ流通の進化
(2004/04)
田島 義博

商品詳細を見る


| 未分類 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

03/11のツイートまとめ

HideoAmazaki

ブログ、「プロの学校」更新しました。プロフェッショナルの読書法、本はどう読むべきか。 http://t.co/8vyo5WwvxM
03-11 16:38

| Twitterで語るプロの学校 | 03:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルの読書法、本はどう読むべきか。


プロフェッショナルの読書法、

本はどう読むべきか。




本の読み方は、
乱読、多読など、本をたくさん読むこともある反面、
逆に、精読、熟読など じっくりと読み込むこともあります。

読み方は色々あります。
どれが正しいということはありません。

趣味の読書であれば、
好きな読み方をすればいいでしょう。

しかし、ビジネスや仕事上の読書は、
目的に合った読み方をすべきです。

何を学びたいのか、何を考えたいのか、
本を選ぶ前に、まず目的を明確にする必要があります。

目的もなく、ただ読むというのは、
ゴールに到達するには、
相当の時間がかかってしまいますので、
あまり効率的とは言えません。

まず仮説をもって、
それを検証するために、
本、研究者、専門家を探し、
その著書を読むというのが
効率的な読み方でしょう。

そして、読みながら、
自分の経験や明確なニーズ、
目的に照らして読んでいきます。

読むことは、考えることとイコールです。

私は、本はノート替わりと考えていますので、
なるほどと思った部分には、
ラインマーカーを引き、
思いついたこと、閃いたこと、
疑問に思ったこと、学んだことなど
すべて余白に書き込んでいます。

また、
ここは重要と感じたページは、
角を折ります。

ですから、
私の本は、折り目で厚くなり、
マーカーと書き込みでいっぱいです。

一度読んだ後に、
マーカーや書き込みしたメモを読みながら、
iPadでポイントをメモしておきます。

すべてをメモすることはできませんので、
ポイントになるところだけを書き込みます。

1冊の本から、
自分の仮説に役立つところ、
非常に心に残る明言、
仕事のヒントなどを
幾つかつかめれば、
本を購入した価値があったと思います。

その本のエッセンスを絞り出すという
イメージでしょうか。

また、しばらくして読み返す時も、
メモやマーカーの部分を斜め読みするだけで、
内容を思い出します。

また、一方で、
自分が以前どんな仮説や課題を
持っていたのかがわかり、
今の方が自分の思考が深いことに
気づくこともあり、
これらのメモは、自分自身の進化を
知るきっかけにもなります。

そんな読書の方法をとっていますので、
これらの本を捨てることも、
ブックオフに売ることも
なかなかできません。

また、
行間を読むことも重要です。

著者が、本当に言いたいことは、
行間にあることも多いのです。

言葉の狭間に隠れている本当のポイントを
見つけることが読み込むということです。

どうしたら、行間の意味を
みつけることができるのでしょうか。

それは、
自分の体験と照らして、
その中から見つける
ことです。

読みながら、
著者と対話し、
自分に問いかけ、
体験に照らして
考えるという読み方
です。

行間にあるのは、
自分にとっての意味だということです。

そして、
読書で最も大事なことがあります。

それは、
読書から得た知識や知見を
実際の仕事や生活で、
実行に移してみる
ことです。

どんなにいい本を読んでも、
どんなにいいアイデアが閃いても、
実行しなければ、
本を読んだ時間は無駄であった
ということになります。

そして、さらに重要なことは、
実行してみた、その結果や成果を
きちんと評価する
ことです。

何を学んだのか、何が得られたのか、
それをしっかりと確認することです。

つまり、
仮説は、検証をしなければならない
ということです。

そこまでして、
初めて本を読み終えたと
言えるのではないでしょうか。

読んで得たものを
自分の血肉にしたと言えるのです。

それが、
本当の読書ではないでしょうか。

天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】

読むことは、考えることである。


読書について書かれている良書は、
たくさんあります。

ご参考まで。



読書について 他二篇 (岩波文庫)読書について 他二篇 (岩波文庫)
(1983/07)
ショウペンハウエル

商品詳細を見る



人生論としての読書論人生論としての読書論
(2011/09/16)
森 信三

商品詳細を見る


| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相手の心を変えようとするな。 一次感情を伝えよ。

相手の心を変えようとするな。

一次感情を伝えよ。



前回から、アンガーマネジメント
について書いています。

怒りっぽいと言われた私でも、
効果絶大な怒りのマネジメントです。


image_20130303212054.jpg




そもそも、人はなぜ腹が立つのでしょうか。
アンガーマネジメント協会の代表、
安藤俊介氏は、こう言います。

それは、
心のどこかに相手をどうにか
変えることができるという
思い込みがあるからです。


つまり、
相手の心など、
変えることが出来ないと
初めからわかっていれば、
怒りそのものも起きない
というのです。

確かに、変えることなどできない
とあきらめていたら、
怒る気にもならないでしょう。

そもそも、
怒ったぐらいで変わる人などいるはずもなく、
イライラするぐらいなら
自分が変わった方がいいということです。

ただ、
そもそもなぜ怒るのかを考えると
ちゃんとそれなりの理由があるのです。
怒るという感情は二次的な感情です。
怒った瞬間に、自分は今なぜ怒っているのかと
考えてみるとよくわかります。

必ず怒る自分なりの理由が見つかります。
それは、相手への期待です。
相手に期待していた反応と違う、
期待していた理解と違う、
期待していた行動と違う。

このような時に、
がっかりしたり、
イラっとしたりするのです。

それが、第一次の感情です。
イラっとして、その怒りという
二次的な感情のままで、
何かを相手にしようとすると、
怒っている状態になり、
余計なことまで言ってしまうこともあります。

本当に言いたいことは、
この一時感情のはずです。

だから、もし相手に言うならば、
怒りの感情ではなく、
自分が相手に何を期待していたのか、
それが外れてしまい、
自分がどれだけ悲しい思いをしているのか、
どれだけがっかりしているのか、
どれだけ残念に思っているのかを
しっかりと伝えるべきなのです。

例えば、
何か仕事を頼んでおいたのに、
部下が全く期待外れのことをしていたという場合、
なにやってるんだと怒りがこみ上げます。

自分は、そんなことを頼んではいないからです。
しかし、
そこで怒りをあらわにするのをぐっとこらえます。

そして、考えるのです。
そもそも、自分は相手に何を期待していたのか、
それが伝わっていなかったことに
がっかりしているのだろう。

であれば、
こういう期待をしていたのに、
とても残念だということを伝えるべき
なのです。

そうすると、
相手もただ怒られているというのではなく、
期待されていることがあり、
それを自分が理解せずに、
期待を外してしまった、
そのことで機嫌を悪くしているのだと
いうことが伝わります。

怒りをぶつけるのと期待と
残念さを伝えることでは、
雲泥の差があります。

怒りや威圧感で相手を動かそうとしても、
それは決して本心で動くわけではなく、
逆効果になることも多分にあります。

ですから、
自分が怒りを感じるプロセスを考えて、
その最初の感情を伝えることが大切なのです。


天崎 拝

【今日出逢った素敵な言葉】


相手の心など、

変えることが出来ないと

初めからわかっていれば、

怒りそのものも起きない。




イライラしがちなあなたを変える本イライラしがちなあなたを変える本
(2010/03/19)
安藤 俊介

商品詳細を見る

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。