プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルは、もう一人の自分を持て。

プロフェッショナルは、

もう一人の自分を持て。



毎週、我が師匠、
多摩大学院教授、田坂広志氏から、
風の便りというショートメッセージを
頂いております。

非常に短いメッセージの中に、
深い意味が込められており、
自分の仕事や生き方と
照らし合わせて、
その意味を考えています。

今回のテーマは、

もう一人の自分

です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう一人の自分


 世界中で多くの役者が学ぶ俳優術として知られる
 「スタニスラフスキー・システム」

 その創案者であり、ソビエトの演出家でもあった
 コンスタンティン・スタニスラフスキーが、
 次の言葉を残しています。


  悪人を演ずるときは、その善いところを探せ。
  老人を演ずるときは、その若いところを探せ。
  若者を演ずるときは、その老いたところを探せ。


 俳優が劇中の人物を演じるときの心得を語った
 この逆説的で、洞察的な言葉。

 この言葉を読むとき、
 それが、俳優術を語った言葉ではないことに
 気がつきます。

 なぜなら、
 もし、人生というものが「一つの物語」であり、
 我々が、その物語の「主人公」であるならば、
 その素晴らしき物語を演じるために、
 この言葉は、深い意味を持つからです。


 もし、理想を求めて歩みたいのであれば、
 自分の中の現実主義者の部分を見つめる。

 もし、他者を愛して生きたいのであれば、
 自分の心の奥深くに潜む憎悪を見つめる。

 そのとき、我々は、
 自分の中のもう一人の自分に気がつき、
 その自分との対話を始めることができるのでしょう。


 スタニスラフスキーの言葉は、
 そのことを教えているのかもしれません。


 田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここで紹介されている
コンスタンチン・スタニスラフスキーは、
19世紀に、ロシア革命の前後を通して活動した
ロシア・ソ連の俳優であり演出家です。

20140525101713199.jpg



彼が創り上げた俳優の教育法は、
スタニスラフスキー・システムと呼ばれ、
世界の演劇、映画俳優に大きな影響を与えました。

彼の影響を受けたリー・ストラスバーグら
アメリカの演劇陣によって、
1940年代にニューヨークの演劇で、
メソッド演技法が確立されます。

これは、
役柄の内面に注目し、
感情を追体験することなどによって、
より自然でリアルな演技・表現を行う

というものです。

この理論を基本とした
「アクターズ・スタジオ」は、
マーロン・ブランド、ジェームス・ディーン、
ポール・ニューマン、ダスティン・ホフマン、
ロバート・デニーロ、アル・パチーノらの名優たちを
次々にスクリーンに輩出しています。

田坂氏は、スタニスラフスキー氏の言葉から、
自分の中のもう一人の自分と対峙せよと言います。

そして、こう言います。

 もし、理想を求めて歩みたいのであれば、
 自分の中の現実主義者の部分を見つめる。

 もし、他者を愛して生きたいのであれば、
 自分の心の奥深くに潜む憎悪を見つめる。

 そのとき、我々は、
 自分の中のもう一人の自分に気がつき、
 その自分との対話を始めることができるのでしょう。


自分の中に、もう一人の自分を見つける
とはどういうことでしょう。

私たちの中には、
相反する自分があり、
葛藤が起こります。

それは、
白い自分に対する黒い自分
と言ってもいいかもしれません。

そして、
その裏の自分を見つめ、
それも自分であると認識するためには、
さらにもう一人の自分が必要です。

それは、
ふたつの顔を持つ自分を
さらに離れた所から見つめる自分、
自分を客観的に見る自分
です。

すなわち、
これは心理学で言う、

メタ認知

です。

真のプロフェッショナルを
目指すならば、

自分の中に第三の自分を持ち、
自分のことを外から冷静に眺め、
時に助言し、時にコントロールする

そのメタ認知の力を
持たなければなりません。

天崎 拝
スポンサーサイト

| 田坂広志に学ぶプロフェッショナルの哲学 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/18のツイートまとめ

HideoAmazaki

Ho aggiunto un video a una playlist di @YouTube: http://t.co/uy2WJjq5vo 本田圭佑
05-18 21:54

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

良き人生を歩む

良き人生を歩む



毎週、我が師匠、
多摩大学院教授、田坂広志氏から、
風の便りというショートメッセージを
頂いております。

非常に短いメッセージの中に、
深い意味が込められており、
自分の仕事や生き方と
照らし合わせて、
その意味を考えています。


今回のテーマは、

走馬灯の最後

です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 大学時代、ある友人が岩登りをしていたとき、
 危険な岩場で、滑落事故に遭いました。

 仲間の見ている前で、足を滑らせ、
 岩の斜面を、谷底に向かって滑り始めたとき、
 誰もが、命を失う事故になると、
固唾を呑みました。

 しかし、その一瞬、
 その友人は、小さな茂みに引っかかり、
 九死に一生を得て、命拾いをしたのです。

 その友人が、その滑落の瞬間を回想し、
 話してくれました。


  あれは、本当だった。
  もう命が無い、と思った瞬間、
  人生の様々な場面が、一瞬にして甦り、
  頭の中を、走馬灯のように駆け巡っていった。


 この彼の話を思い起こすとき、
 一つの問いが、心に浮かびます。


 もし、そのとき、生きて帰らず、
 その走馬灯が、最後まで駆け巡って
いったならば、
 我々は、そこに、
 何を見るのだろうか。


 もしかすると、その走馬灯の最後に、
 我々の心には、
 一つの声が、
 聞こえてくるのかもしれません。


  良き人生であったか。


 その声が、
 聞こえてくるのかもしれません。


 田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



人生の最期の瞬間に
走馬灯が駆け巡るように、
人は人生を振り返ると言います。

それは、まるで
自分が主人公の短編映画
を見るようなものです。

そして、
その映画の最期に、
ジ・エンドのマークが出た時、

私の人生は、
色々とあったけれど、
楽しかった、有意義だった、
価値あるものだった…

もう一度、
生まれ変わっても、
同じ人生を生きたい…

そう思える人生を
歩んでいきたいと思います。


天崎 拝

| プロフェッショナルとして生きる:人生観 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/10のツイートまとめ

HideoAmazaki

上に立つ者に信念がなく、自信も失ってしまえば誰もついてこない。野村克也---リーダーは、信念を自信に変える。
05-10 00:56

マネジメントは常に、現在と未来という二つの時間を考えなければならない。/ドラッカー「現代の経営」---成長中の企業は、特にこのバランスが、難しい。今の売上も伸ばしつつ、明日への経営資源の投入を同時進行で、進めなければなりません。
05-10 00:54

| Twitterで語るプロの学校 | 03:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/08のツイートまとめ

HideoAmazaki

いろいろな可能性を推測できる、と同時に、優先順位がパッと直観的にみえて、走りながら考え、修正し、また考えるということができる人 - 藤原茂 (作業療法士)---走りながら考える、まさに創発戦略であり、波乗りの戦略。
05-08 22:31

| Twitterで語るプロの学校 | 03:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/07のツイートまとめ

HideoAmazaki

@kokoro_nokoru_ 宝塚ブスの25箇条 http://t.co/U82OWKG7SY";---男女を問わず、この真逆に、生きたい。
05-07 23:20

"@gandhi_tamashii: 死ぬならば、散るように。生きるならば、枯れることなく。ガンディー ---まさにサムライの精神。
05-07 23:15

RT @ProfessionalBot: やっぱりなんかこう揺らぎない人だと思っています。変わらないというか、核があるというか、信念があるというか、誇りがあるというか、つまり本当に大事にしているものを守り続けている、信じ続けているということではないかなあと思います - 羽生善治…
05-07 23:07

RT @PeterDruckerBOT: 意思決定とは行動を約束することである。起こるべきことが起こらなければ、意思決定を行ったことにはならない。
05-07 23:05

RT @NomuraBOT: 人を育てるということは、つまり自信を育てるということhttp://t.co/XY2IMgkuHR
05-07 23:03

RT @kyarasouzyu2: 三菱重、川崎重、三菱電、NEC・・・ RT @ykabasawa: 絶対にテレビに出ない表。2011年軍需産業契約上位10社こうした会社が自民党に圧力かけて武器輸出三原則を緩和させてるのだろう。 http://t.co/NmomnQq
05-07 23:02

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

単純化で複雑系をマネジメントせよ。

単純化で複雑系を

マネジメントせよ





毎週、我が師匠、
多摩大学院教授、田坂広志氏から、
風の便りというショートメッセージを
頂いております。


非常に短いメッセージの中に、
深い意味が込められており、
自分の仕事や生き方と
照らし合わせて、
その意味を考えています。

今回のテーマは、

複雑系の逆説

です。

まずは、お読み下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「複雑系」の逆説


 かつて、「複雑系」についての講演の場で、
 聴衆の方から、ある質問を受けました。


 企業や市場や社会が「複雑」になっていくとき、
 それらをマネジメントするための技法は、
 やはり、高度で「複雑」なものになるのでしょうか。


 たしかに、「複雑系」というものを考えるとき、
 この問いは、誰の心にも浮かぶ、素朴な問いです。

 しかし、現代科学の最先端で
 「複雑系」の研究が見出したのは、
 不思議なことに、
 東洋思想に語られる、一つの「逆説」でした。


 「単純化」


 それが、「複雑系」をマネジメントするために求められる
 最も有効な技法であることを、見出したのです。

例えば、「ツボ」や「コツ」
例えば、「急所」や「要諦」

複雑なシステムをマネジメントするとき、
そのシステムの中の最も効果的な部分を発見し、
そこに力を集中し、働きかける。

その「単純化」こそが、
「複雑系」のマネジメントの技法であることを、
見出したのです。

しかし、同時に、
この「複雑系」の研究は、
東洋思想における、もう一つの「逆説」を、知りました。


「単純化」とは、最も高度な技法である。


そのことを、知ったのです。

田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


複雑系とは、

システムを構築している各因子が、
互いに相互作用を及ぼすことで、
全体の挙動が動的に、
変化してしまうような
システム


のことです。

この複雑系をマネジメント
していくためのキーワードは、
複雑化の対極にある、

単純化

であると言います。

それは、例えば、
「ツボ」や「コツ」
「急所」や「要諦」

と言われるものです。

スポーツ、武道、芸能、
あらゆる職業、ビジネスに
これらを、見出すことができます。


日本は、極東に位置し、
過去の歴史の中で、
東洋、西洋のあらゆる文化が、
流れ込みました。

それを全て受け入れ、
吸収し、咀嚼して
日本の文化が、
出来上がりました。

例えば、
仏教。

これまで、
聖徳太子の17条憲法に
仏教の思想が謳われていますが、
その後、たくさんの仏典、経典、
宗派が日本に伝わり、
それらは非常に
複雑化していました。

それらを日本人は、
整理し、要約して、
単純化することで、
日本仏教という形にまとめて、
自分たちのものにしていったのです。

複雑なものの本質、
核の部分を掴み取り、
単純化することで、
自分のものにしていくのが、
私たち、日本人の学習法

のひとつなのです。

天崎 拝


複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知
(1997/09)
田坂 広志

商品詳細を見る



まず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメントまず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメント
(2010/01/29)
田坂 広志

商品詳細を見る


| 田坂広志に学ぶプロフェッショナルの哲学 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/05のツイートまとめ

HideoAmazaki

RT @india_meigen: ガンジーの格言に共感した方はRTで広めてください。このアカウントではインドの英知の言葉をつぶやいています。 http://t.co/YVx2VHxvYN
05-05 07:51

チェンジリーダーとなるためには、機会に人材を割り当てることが必要である。ドラッカー。ーーー自分も含めて周囲の人材を、変化そのものとしていく。
05-05 07:47

自分自身が、変化となる。ガンジーの人生、そのもの。
05-05 07:45

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

05/03のツイートまとめ

HideoAmazaki

自分は負け犬かも知れないと思う僕がいる。一方で、自分を全能の神だと信じる僕がいる。”ジョンレノンーーー天才の強気と弱気。
05-03 11:04

“@murakamibot: 『俺は必ずやれる』という意思と喜び、それを才能という。村上龍ーーー自信という才能。
05-03 11:03

“@ProfessionalBot: 私の中ではやっぱりそのときそのとき最善を尽くすことができる者というふうに私の中では思っているんですけど - 神谷整子 (助産師)”ーーープロフェッショナルは、毎回、ベストを尽くす。
05-03 11:02

“@1meigen: 初めに結論を言え。理由は、三つに限定しろ。田中角栄 ーーーさすが稀有の政治家。結論から入る。そしてポイントは3つ。
05-03 11:01

跳ばないで待っているより、跳んで失敗したほうが断然学ぶものが多いのです。最後に勝ち残るのは、リスクを怖がらずに跳んで、たくさん失敗した人です。:竹内健ーーー学習とは経験を継続的に再構築していくことである。ジョン・デューイ。リスクへのチャレンジは、学習である。
05-03 10:37

“@Teacher_bot: 世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめた時が失敗である。(稲盛 和夫) ーーーチャレンジを続けているうちは、失敗ではない。
05-03 10:32

“@ProfessionalBot: 私の中でプロフェッショナルといったら、闘い続けられること。言い訳をせず、闘い続けるっていうことですね - 吉田都 (バレリーナ)”ーーープロフェッショナルは、己自身と闘い続ける。
05-03 08:46

何か新しい言葉が必要だ。能力総動員、とでも言おうか。例えば、F1のレースなどは、能力総動員の典型だ。自分の限界に目標を定めて、能力を総動員し、優劣を争う。これが失ってはいけない男のロマンなのだ。村上龍。ーーー仕事は、能力総動員でなければ、達成できない。
05-03 08:40

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平常の修行で、胆力を身につけよ。

平常の修行で、

胆力を身につけよ



前回、
リーダーが、
メンバーの心に響く言霊を
発するということについて、
多摩大学院教授、田坂広志氏の
風の便りを引用して触れました。


20131127005254582.jpg




田坂氏は、

胆力

が必要だと言います。

胆力とは、
何でしょうか。

「大辞泉」には、
こうあります。

事にあたって、恐れたり、
尻ごみしたりしない精神力。

ものに動じない気力。


つまり、
肝っ玉が据わっている
ということです。


つまり、
胆力があるというのは、
この経営者のように、
極めて危機的な状況に
陥った時であっても、
決して浮足立たず、恐怖心を持たず、
焦りを見せないことです。

では、
胆力をいかにつける
ことができるのでしょうか。


浮足立たず、恐怖心を持たず、
無用に焦ることもない、
という状態はまさに、
冷静さであると言えます。

胆力のベースとなるものは、
この冷静さなのです。

剣道や柔道などの
日本古来からの武術を見ると、
危険な状況でも冷静な判断が
できる冷静さが勝負を分けています。

宮本武蔵と佐々木小次郎の
巌流島の決闘でも、
こんなシーンがありました。

2014050208573506d.jpg


約束の時間を遅れて来た武蔵に対して、

おのれ武蔵!
決闘の刻限に遅刻するとは、
許しがたい。

さあ来い!
わが物干竿の錆としてくれよう。


こう叫ぶと、
佐々木小次郎は、
腰にさした刃渡り三尺の
物干竿とよばれる刀を抜き、
怒りに任せて鞘を投げ捨てました。

これを冷静に見ていた
武蔵は、こう言います。

小次郎敗れたり。
勝つつもりがあるなら、
なぜ鞘を捨てた。
その鞘にふたたび刀が、
戻ることはあるまい。

この時点で、すでに勝負は、
ついていたのではないでしょうか。


今、この時の自分と相手の
心の状態を冷静に、
的確に把握することなく、
危機的な状況を生き延びること
はできません。

また、
このような生死を賭けた闘いの場で、
心の高ぶりを抑えるのは、
非常に難しいと思います。

しかし、その中で、
心を静かにして全身全霊で
敏感に相手の心を読めるかどうか、

それが勝負の分かれ目です。

私たちの仕事や営業の現場は、
生き死にとは関係ありませんが、
状況は同じです。

目の前にいる相手のわずかな
心の動きを察知して、
先んじて手を打っていく、
その心を研ぎ澄ます。

それと同時に、
自分の心の動きを見せずに、
対応していくわけです。

つまり、
胆力とは、このように、

敏感であり、かつ鈍感である
という、二つの矛盾するものを
両立させる力である


ということなのです。

そして、
日常の仕事や生活の中で、
修行していくことができるのです。

天崎 拝




| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。