プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感動は、記録せず、心に深く刻み込め

感動は、記録せず、

心に深く刻み込め。



我が師、田坂広志多摩大学院教授から、
毎週、風の便りというショートメールを
頂いております。

非常に短いメッセージの中に、
深く、そして広い意味が込められています。

まさに、言霊というべきものでしょう。

今週のテーマは、

「記録」と「記憶」の狭間

です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 遠い昔、米国の知人を訪ねたときのことです。
 夕方、彼は、私を誘い、
 近くの小高い丘の上に連れて行ってくれました。

 そこは、アリゾナの砂漠に沈む
 素晴らしい夕陽を見ることのできる場所でした。

 その沈む夕陽のあまりの美しさに、
 思わずカメラを取り出し、写真を撮ろうとした私に、
 その知人は、静かに、語りかけました。

20140629225902e57.jpg



  この夕陽は、
  写真に残すのではなく、
  あなたの心に残してください。

 素晴らしい風景を見るとき、
 その知人の言葉を、想い出します。

 我々は、美しい風景を見るとき、
 しばしば、夢中になって、
 それを写真やビデオに残そうとします。

 しかし、そうして一生懸命に
 その景色を記録したあと、
 ふと、気がつきます。

 心の底から、味わい、
 心の深くに、記憶する。

 そのことを忘れてしまったことに、
 気がつくのです。

 この一瞬を、未来へ残そうとするあまり、
 この一瞬を、心に残すことを忘れてしまう。

 それは、
 記録という営みと
 記憶という営みの狭間にある、
 密やかな陥穽なのでしょう。
 

 田坂広志


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅行などに行くと私たちは、
つい写真やビデオに風景や建物を
撮りたくなってしまいます。

そうすると見える景色も、
ファインダーやモニター越しの
風景になってしまいます。

そして、
写真やビデオに収めたことで、
記憶することをしなくなり、
すっかり忘れ去ってしまいます。

写真やビデオは、
確かに後から見ることはできますが、
本当に感動する景色というのは、
その場で心に刻まれるものです。

この夕陽は、
写真に残すのではなく、
あなたの心に残してください。


この言葉は、
安易にカメラやビデオに
風景を記録するのではなく、
その感動や思いを心にしっかりと
刻み込めば、その思いと記憶が、
一生の宝となる
ということを
教えてくれます。

天崎 拝


知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)
(2014/05/15)
田坂 広志

商品詳細を見る



ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術
(2014/04/18)
田坂 広志

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 田坂広志に学ぶプロフェッショナルの哲学 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこまでものめり込む集中力を持て。

どこまでものめり込む

集中力を持て。



世界のトヨタは元々は、
豊田自動織機、機織り機の会社でした。

その創業者、豊田佐吉氏は、
大工の息子として生まれ、
発明で世の中に役立ちたいと考え、
機織り機を発明しました。

その息子、豊田喜一郎氏が、
トヨタ自動車の創業者です。

戦後の焼け野原の中から、
日本の復興は、輸出産業しかない、
これからは自動車の時代であり、
国産自動車を開発して輸出することで、
鉄鋼、ゴム、ガラス、部品などの関連産業が
栄え、結果、日本を復活させることができると考えました。

そしいぇ、
アメリカやイギリスから車を輸入し、
バラバラに分解して、有志を集めて、
毎晩夜に研究していきます。

まずエンジンをつくることから始め、
苦節三年、すべて国産の自動車第一号を創り上げます。

これを、
佐藤浩市主演の「リーダース」というドラマとして
放映されましたが、
自動車産業というビジネスに確信を持ち、
とことんそこにのめり込んでいる姿は、
凄まじいものがありました。

2014062211540687d.jpg


「なんとしてもモノにしてやる」
という強い意思を感じます。

豊田氏は、
やると決めたら、徹底してやり続け、
寝食を忘れて、徹底してのめり込んでいきます。

私たちも、
仕事や遊びに熱中して、
時の経つのを忘れていることがあります。
こういう状態を、フロー状態、ゾーンなどと言います。

ハンガリーの心理学者、チクセントミハイ氏は、

これは、心のエネルギーが100%、
今取り組んでいるものに注がれている状態であり、
このフロー状態に入ると、
その集中力が人間の持つ極限のスキル、能力を
呼び起こして化学反応を起こし、
通常では考えられない、
神がかり的なパフォーマンスが得られる


と言います。

例えば、
ソチオリンピック、スノーボードの平野歩夢選手の
15歳2カ月での銀メダルは、スノーボード史上初ですが、
彼の表彰の後のコメントは、

本当に、自分の中でいい経験なったし、楽しかったです。

でした。
この楽しんでいる状態が、フロー状態です。

では、どうしたらこのようなフロー状態に
入ることはできるのでしょうか。

それには、3つの条件が必要です。
すなわち、

(1)明確な目標がある

(2)やっていることが好き、信じている

(3)やらされているのではなく、自分でやると決めてやる


「本気」でのめり込んでいるフロー状態に入ると
どんなに大変なことであっても、
やっていること自体が、楽しいので非常にワクワクしています。
ですから、疲れやつらさもあまり感じずに努力し続けられるのです。


本気で自分の仕事に集中してのめり込み、
ワクワクしながら続けていくこと


それが、
成果を得て、成長する道なのです。


天崎 拝

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢から逆算して考えよ

夢から逆算して考えよ。


ビジネスでも、スポーツの世界でも、
目標を高く持って、努力していくプロセスは、
決して楽ではありません。

その楽ではないことを、
いかに楽しむかが、
成功者に共通するものではないでしょうか。

ワールドカップでも活躍している、
ACミランの本田圭佑選手の話です。

201406221137166e7.jpg



本田選手は、小学生の時に、
こんな作文を書いています。

ぼくは大人になったら、
世界一のサッカー選手になりたい、と言うよりなる。
世界一になるには世界一練習しないとダメだ。
だから今ガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

Wカップで有名になってぼくは、
外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団して、
レギュラーになって10番で活躍する。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、
世界中の人がこのぼくが作ったスパイクやジャンバーを
買っていってくれることを夢みている。

そして世界中のみんなが注目し、
世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場する。
セリエAで活躍しているぼくは、
日本に帰りミーティングをし、
10番をもらってチームの看板になる。

ブラジルと決勝戦をし、2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ世界の強ごうをうまくかわし、
いいパスをだし合って得点を入れることがぼくの夢です。



本田選手は、小学生の時に、
自己予言のように、
セリエAで活躍すると書いて、
本当にACミランで活躍して夢を実現しています。

ゴルフの石川遼選手、野球のイチロー選手も、
同じように小学生の時の作文で、
プロになる自分の将来像を予言し、
実現しています。

スポーツの世界でも、
ビジネスの世界でも、
高い業績を上げた成功者には、
共通点があります。

まず、
普通では、想像もしないような大きな夢を描いている
ことです。

それも、
非常に具体的な夢、映像化できるまでイメージしています。

なぜ具体的な目標や夢が必要なのでしょうか。

当たり前のことですが、
曖昧な目標には、曖昧な結果しか出ない
ということです。

そのためには、
何を目指すのか、
何を手に入れたいのか、
どうなりたいのか、
いつまでにそれを実現するのか
を具体的に決める
ことが必要です。

例えば、
私は、営業マンの採用の際に、
必ず夢や目標を聞いています。

しかし、
車が欲しい、家を建てたい、海外に行きたい…
など具体的でない人が多くいます。

ですので、
どの車種、どこに、どんな家を建てる、どこに行きたい…
と具体的に質問していきます。
そしていつにする、と期限も切ってしまいます。

なぜなら、
いつかこうなりたい…というのでは、
そのいつかは永遠に来ないからです。

しかし、
それだけでは、夢は実現できないのです。

「自分は、絶対やる!」「自分ならできる!」と、
何の疑いもなく心の底から信じ込む、
その根拠のない自信が
必要です。

しいてその根拠を挙げるならば、
それは自分のことだから…です。

過去と他人は変えられません。
しかし、自分と未来は変えることができます。

ですから、
最後は、どれだけ本気でやるかどうかです。

毎日毎日、具体的な目標や夢を確認しながら、
そこから逆算して今何をすべきかを常に考える。


夢に本気で取り組む覚悟が、あるかどうか、
そこが問われているのです。


天崎 拝

| プロフェッショナルの成長論 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/25のツイートまとめ

HideoAmazaki

次の @YouTube 動画を高く評価しました: http://t.co/a7C44Ou3Do 心のともしび「マザー・テレサにきく」
06-25 23:52

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレームは、最高のセールスチャンス

クレームは、

最高のセールスチャンスだ





どんな会社でも、
お客様からのクレームは、必ずあります。

提供する商品やサービスがどれほど優れていても、
必ずといっていいほど、
お客様からのご意見やご要望は発生します。

そして多くの企業が、お客様相談窓口や
クレーム処理係といったセクションを
設けています。

担当者が明確な場合、
その担当の営業に電話があります。

お客様は、非常に怒っているので、
営業マンは、まず、あやまらなけばなりませんし、
あまり嬉しいことではありません。

しかし、その後、営業マンが
どういう行動をとるのかで、
大きく結果が変わります。

以前、担当者が辞めてしまい、
私が引き継いだお客様からのクレームを頂きました。

内容を見直したいのだが、担当も滅多に来ないので、
相談もできない、もう解約だと、怒り心頭でした。

残念ながら、引き継ぎのご契約者には、
自分が契約していないので、ただでさえ、
距離感があり、積極的に訪問していないこともあります。

今回はまさにそのケースでした。

電話で謝り、すぐに訪問した結果、
どうなったでしょうか。

言われていた解約もなく、
新しい追加の契約を頂いて帰って来ました。

なぜ、そういう結果になったのでしょうか?

それは、
まず、何をさて置いても、すぐ訪問し、
顔を見せたこと
です。

お会いした直後は、当然怒っています。
しかし、お詫びして頭を下げていると、
怒りの声は頭の上を通過していきます。

そしてしばらくすると怒りは収まります。

その瞬間を捉えて、
すかさずにっこりと笑顔で、
もう一度お詫びした上で、
「どういった見直しをお考えですか」
と、話をしっかり聞きます。

再度ご契約の内容を説明すると、
非常にいい内容になっていることを
理解して頂けます。

そして、ご安心を頂きました。
でも、ここでは終わりません。

ご契約から、10年も経って40代になり、
そろそろ老後の資金準備も…
と新たなニードを引き出し、
解約することなしに、
新たに追加のご契約を
お預かりできました。

グッドマンの法則
というものがあります。

これは、アメリカのジョン・グッドマン氏が、
苦情処理と再購入決定率の相関関係を計量化した結果と、
口コミの波及効果を測定した結果をまとめたもので、
二つの法則があります。

グッドマンの第一法則
 
不満を持った顧客が苦情を申し立て、
その解決に満足した場合の該当商品・サービスの再購入率は、
不満を持ちながら苦情を申し立てない顧客より高い。


すなわち、
商品・サービスを購入したお客様が不満を感じた時に、
会社やお店に申し立てをした場合と、
申し立てをしなかった場合を比べてみると、
申し立てをしなかった顧客の再購入率は9%でした。

これに対して申し立てを行なったお客様の中で、
その解決が迅速であり、
お客様の満足につながった場合は、
82%のお客様が再購入をしています。

お客様の苦情があっても、
速やかに対応し、満足して頂ければ、
リピーターになる可能性が高いと言うことです。

グッドマンの第二法則
  
ポジティブな口コミは、4~5人に伝え、
ネガティブな口コミは、9人~10人に伝える
そうです。

苦情処理に不満を抱いた顧客のネガティブな口コミの影響は、
満足した顧客のポジティブな口コミと比較して、
2倍も強く影響を与えると言うことです。

今はSNSが普及していますので、
ひとつの口コミも150人位には伝わってしまいますので、
1500人には、広がる危険性があります。

ですから、
クレームが来たら、ウェルカムで喜んで臨み、
お詫びをした上で、しっかりと話を聞き、
ご満足頂ければ、その顧客は、リピーターとなり、
ポジティブな口コミを75人に伝えてくれるのです。

クレームというピンチをチャンスにすることは、
営業マンの誠実さ、迅速さと営業力にかかっているのです。

天崎 拝


グッドマンの法則に見る 苦情をCSに変える「戦略的カスタマーサービス」グッドマンの法則に見る 苦情をCSに変える「戦略的カスタマーサービス」
(2013/11/15)
ジョン・グッドマン

商品詳細を見る


| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番大事なことから始めよ

一番大切なことから始めよ

ーーたった3分で、1000万の報酬を受け取った伝説のコンサルティング


アメリカで、アイビー・リーというコンサルタントが、
鉄鋼会社のチャールズ・シュワブ社長に売り込みにいくと、
こう言われました。


我々に必要なのは、実行することだ。
やるべきだができないでいることを、
すぐできるようになる方法を教えてくれたら、
いくらでも報酬をお支払いしよう。


リーは、ポケットから1枚の白紙を取り出して、
こう言います。

わかりました。
3分で御社の能率を50%アップする方法を教えましょう。

この紙に明日あなたがしなければならない、
最も重要な仕事を6つ書いてください。

次に重要だと思う順番に番号をつけてください。
それをあなたのポケットにしまって下さい。

明日会社に来たら、
その紙に書いた1番から順に取り掛かって下さい。

全部できなくても大丈夫です。

これを毎日やってみてください。

そしてこの方法がいいと思ったら、
社員の方にも進めて下さい。

お役にたったら、
妥当なコンサルフィーを払って下さい。

たった3分で話は終わり、
渡したのは一枚の白い紙だけでした。

その後、
しばらくしてアイビーリーのところに、
シュワブ社長から手紙が届きました。

その手紙には、
こう書いてありました。

今回のアドバイスは、ビジネスをする上で、
いままで習ったどんなものよりも役に立った。


そして、25000ドル、360円の時代でしたので、
約1000万相当の小切手が入っていました。

このあとシュワブ社長の経営する鉄鋼会社は、
5年後には、世界最大の鉄鋼産会社に成長しました。

それが、USスチールです。


①前の日に明日やるべきことを考える。

②重要だと思う順に、優先順位をつける

③一番重要なことから始める


非常にシンプルなことですが、
私たちは、中々これができません。

日々忙しさにかまけて、
やるべきことを落ち着いて
整理することを忘れることがあります。

また、
大事なことは、列挙したとしても、
目の前の緊急なことに
つい手をつけてしまいます。

優先順位をつけずに、
いることも多くあります。

一番大事なことから始める。

私自身も徹底してゆきたいと思います。

天崎 拝

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知識という風船を打ち破れ

知識という風船を打ち破れ


我が師、田坂広志多摩大学院教授から、
毎週、風の便りというショートメールを
頂いております。

非常に短いメッセージの中に、
深く、そして広い意味が込められています。

まさに、言霊というべきものでしょう。

さて、今週は、

知識という風船

です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「知識」という風船

 これから到来する「知識社会」において、
 「知識」を学ぶことの意味は、何か。

 そのことを考えるとき、
 一つの言葉を思い起こします。

  「知識」とは、風船に似ている。

  「知識」が増えれば増えるほど、
  「未知」と接する表面も大きくなり、
  「世界の謎」も増えていく。

 もし、この言葉が真実であるならば、
 「知識」を学ぶということは、
 世界が投げかける無数の謎の前にたたずみ、
 「知性」というものの奥にあるべき
 謙虚さを身につけることなのでしょう。

 しかし、それにもかかわらず、我々は、
 知識を学べば学ぶほど、
 その謙虚さを失ってしまう。

 それは、なぜか。

 そのことを考えるとき、
 一つの言葉が、心に浮かびます。

  「知識」という武器。

 この言葉のごとく、
 我々は、しばしば、知識というものを、
 他人との競争に勝つための
 武器であると考えてしまいます。

 しかし、それは、
 「知識資本主義時代の勝者」や
 「知識社会での競争戦略」といった言葉によって、
 我々が罹ってしまった、時代の病。

 我々人類にとっての本当の「知識社会」は、
 その病を超えたところに
 到来するのでしょう。


 田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知識という武器という言葉を聞くと、
私たちは、知識にそういう力があると考えがちです。

しかし、行動を伴わない知識、
行動しないまでも、自己の体験と
つき合わせてもいない知識は、
単なる情報に過ぎません。

いかに大きな風船を膨らましても、
中身は空っぽで何もありません。

巨大な風船を膨らませても、
所詮、見掛け倒しに過ぎないのです。

知識を持っただけで、
自分が強くなった、大きくなったと考えるのは、
拙速であり、むしろそこがスタートなのです。

知識は、それを理解して実行に移してこそ、
意味があり、結果、成功しても、
失敗しても、そこに学びがあり、
その学びが、智恵となる
のです。

ですから、本当に知るということは、
行動を伴う必要があります。

陽明学の始祖、王陽明は、
これを『知行合一』と呼び、
この行動哲学が、後に明治維新の
バックグラウンドになりました。

2014062023480782e.jpg


ですから、
知識資本主義という革命の
勝者がいるのであれば、
それは、知行合一の実践者
なのではないでしょうか。


天崎 拝


王陽明 知識偏重を拒絶した人生と学問―現代活学講話選集〈7〉 (PHP文庫)王陽明 知識偏重を拒絶した人生と学問―現代活学講話選集〈7〉 (PHP文庫)
(2006/01)
安岡 正篤

商品詳細を見る



伝習録 (中公クラシックス)伝習録 (中公クラシックス)
(2005/09)
王 陽明

商品詳細を見る

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/22のツイートまとめ

HideoAmazaki

RT @shiomura: 都議会での初の一般質問。妊娠、出産に関わる不妊など女性の悩みについて質問中に「お前が結婚しろ!」「産めないのか?」など、大変に女性として残念なヤジが飛びました。心ない野次の連続に涙目に。政策に対してのヤジは受けますが、悩んでる女性に対して言っていいと…
06-22 01:00

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/20のツイートまとめ

HideoAmazaki

Ich habe ein Video zu einer @YouTube-Playlist hinzugefügt: http://t.co/CbOajYGSoR
06-20 20:02

次の @YouTube 動画を高く評価しました: http://t.co/CbOajYGSoR 不動産イノベーションの旋風を巻き起こす
06-20 20:01

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/16のツイートまとめ

HideoAmazaki

"@murakamibot: 自分の欲しいものが何か分かっていない奴は、その欲しいものを手に入れることができない。村上龍"---然り。まず、自分のニーズを明確にせよ。
06-16 23:07

"@NomuraBOT: 目的意識を持つと、今の自分と理想の自分の間に、どれくらいの差があるかが明確になる---持たなければ、ギャップも感じない。不幸の始まり。http://t.co/01gAVzVbdJ";
06-16 23:06

| Twitterで語るプロの学校 | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。