プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルとは何か

『プロとしての成長は、『守破離』の三段階。

自己実現と

自己超越を目指すこと。





プロフェッショナルとは何でしょうか。

私は、34歳で外資系の生命保険会社に転職し、
以来16年生命保険業界で働いていますが、
この会社に営業社員として入社すると
フルコミッションの独立事業家となります。

しかし、フルコミッションというだけでプロになった
というわけではありません。
それは、せいぜい十分条件に過ぎません。

私は、プロフェッショナルとは、

ひとつの道を極め、自己実現し、さらに自己超越して、
進化・成長し続けている人。


ではないかと考えています。

初めからプロである人はいないわけで、
それぞれの仕事には、武士道、商人道と同様に、
『道』と言える極めるべきものがあるように思います。
そしてその道を極めるプロセスで自己実現を目指し、
達成感を得ていると考えます。

心理学者、マズローが人間の基本的な欲求を、
生理的欲求、安全の欲求、帰属の欲求、尊敬・承認の欲求、
自己実現の欲求の5段階としたのはあまりにも有名です。
しかし、マズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、
さらにもう一つの段階があると発表しています。

それが、「自己超越」 の段階です。

自己超越の欲求とは、自己を超える、超克の欲求で、
マズローによると、人間の本性は本来、自己超越的であり、
健康で心の満たされた人びとは、自己実現を追求するだけでなく、
さらに他の多くの人々のために尽くしたり、
より大きなものと一体になりたいと願う欲求を持つと言っています。

私がこれまで採用してきた仲間たちを見てみると、
彼らがこの仕事で自立するには、少なくとも5~6年の期間が
必要であるように思います。

初めの2年間は研修期間でとにかく、基本を徹底的に学ぶ時期。
仕事の習慣を身に着けることが重要。

その後、2年ほどで自分の仕事のスタイルや方向性を模索する時期。
先輩たちのセールス、仕事、顧客開拓のスタイルをロールモデルに、
自分流のスタイルづくりにチャレンジする。

そして、次の2年で、多くのメンバーは、企業家、経営者、税理士、
弁護士、コンサルタント、医師、資産家などとのつながりを広げていく。
このマーケットや顧客の広がりと共に、プロとして自立してゆくというのが、
ひとつの流れです。

この2年×3期間のステップは、世阿弥、千利休、川上不白のいう
芸を究める修行の道、『守・破・離』の思想 
と共通しています。

千利休が残した茶道の教え。

規矩作法  守り尽くして 破るとも  離るるとても 本ぞ忘るな

『守』

最初の段階で、まず基本を会得する。
できるだけ多くの話を聞き、指導者の行動を見習って、
指導者の価値観をも自分のものにしていきます。

学ぶ人は、すべてを習得できたと感じるまでは、
指導者の指導の通りの行動をします。

『破』

次の段階では、指導者の教えを守るだけではなく、
破る行為をしてみる。

つまり基本が出来たら、自己流に工夫(アレンジ)する。
自分独自に工夫して、指導者の教えになかった方法を試してみる。

『離』

最後の段階では、指導者のもとから離れて、
自分自身で学んだ内容を発展させ、完全な自分独自のスタイルを確立する。

学ぶという言葉の語源は、真似ぶであり、まず先人から学び、
先人を真似することから始め、その繰り返しから自分なりに
スタイルを工夫して作り上げてゆくという、
Basics(守)、Break(破)、Through(離)という流れが、
プロフェッショナルとして自立するための自己超越と
進化・成長のプロセスであると思います。

将棋の羽生善治名人はこう言っています。

三流の人は、人の話を聞かない。

二流の人は、人の話を聞く。

一流の人は、人の話を聞いて実行する。

超一流の人は、人の話を聞いて工夫する。


まさに、プロフェッショナルは、『守・破・離』のステップを踏み、
超一流のプロに向かうのであり、それは、あたかも、蚕が繭を作り上げ、
それを惜しげもなく自らの力で打ち破り、外に出て新生するかの如く、
自己を超越してゆくステップのように見えるのです。

こう考えるとプロフェッショナルへの道に終わりはなく、
進化し、成長を続ける人が、プロフェッショナルであると思うのです。


関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルとは何か | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/1-20d6fc33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。