プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルの心技体

『心』とは、志、精神や心の強さ。

『技』とは、技術やスキル。

『体』とは、身体能力、あるいは取り組みの姿勢。




日本には、昔から、たくさんの『道』と呼ばれるものがあります。
柔道、剣道、合気道、弓道などの武道。
華道、茶道、書道、香道、能や狂言、歌舞伎などの
芸術の道もあります。

これらの『道』を極めることも、心技体につながっています。
また、プロスポーツの世界でも『心技体』ということが
よく言われます。

そもそも『心技体』というのは、
いつから言われるようになったのでしょう。
調べてみると1953年、柔道家の道長伯氏が、
来日したフランス柔道連盟会長の「柔道とはいったい何か」
との問いに、

「柔道の最終的な目的は心技体の錬成であり、
それによって立派な人間になることである。
技術を習得するには強靭な精神力が必要である。
苦しさに耐えて修行を続行しなければならない。」


と答えたことが初めだそうです。

さらに、その元になるのが、柔道の父、
嘉納治五郎氏の『柔術独習書』に、

柔術の目的として

一、身体の発育(=体)、
二、勝負術の鍛錬(=技)、 
三、精神の修養(=心)


として心技体を挙げたのが起源のようです。

いずれも、武士道、武道の精神が根底にある
ということがわかります。

また桑田真澄投手が、
早稲田大学のスポーツ科学部で書いた論文、
『野球道の再定義による日本野球界の更なる発展策に関する研究』を読むと、
今後のプロ野球の発展は、
『野球道』の再定義が必要であると言っています。
『野球道』の根底にスポーツマンシップを置き、
心技体3つの視点からの変革を考えており、

練習量の重視から練習の質の重視(Science)へ、
精神の鍛錬から心の調和(Balance)へ、
絶対服従から自他の尊重(Respect)への変化である



としています。

弁証法で著名なドイツ観念哲学者ヘーゲルは、
歴史は螺旋的に発展すると言っていますが、
この心技体というものも時代の変化に応じて、
一段上の高みに進化してゆくものなのかもしれません。

私は、

『心』とは、志、精神や心の強さ。
『技』とは、技術やスキル。
『体』とは、身体能力、あるいは取り組みの姿勢


と考えています。

プロフェッショナルになるためには、
この心技体の三位一体が必要であり、
この心技体が身について初めて一流になれるのだと思います。

スポーツや武道に限らず、
セールスやビジネスの世界でよい結果を出し、
成果を挙げるためにも、
この心技体の三位一体が必要となります。

これからの時代に必要なビジネスプロフェッショナルの
心技体について考えてみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルとは何か | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/146-10e08cf7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。