プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思考停止に陥らない

何よりも重要なのは、

絶対に「思考停止」に陥らない

ようにすることである。

自分で問題を設定して、

その答えを自分の頭で考えることを

習慣にしなければならない。




世界中どこにいっても、ビジネスに関わる人が
置かれている状況はいくつかに分類できる。

何かに挑戦している人、
壁に突き当たっている人、
好調で浮かれている人、
責任重大な立場にあって迷っている人、
落ち込んでいる人……。

どういう状況にあれ、
自分の力で進んでいくことをあきらめてはいけない。
今は苦しくても、これからはじめることが失敗しても、
自分の頭で考えて行動を起こすという態度を貫いていれば、
答えのない時代の生き方、
道なき道の歩き方も分かってくる。

ジャングルでもオフロードでも全力疾走できるようになる。
何よりも重要なのは、絶対に「思考停止」に陥らない
ようにすることである。
自分で問題を設定して、
その答えを自分の頭で考えることを習慣にしなければならない。

大前研一『洞察力の原点』より




私たちは、目の前に起こる出来事に対して、
どう対処すべきかで常に悩みます。
何が正しい答えなのかを考えて、悩みます。

しかし、世の中に起こる問題に、
完全無欠の絶対的な正解などは存在しません。

それに気づいた時に、無力感から、
考えることをあきらめたり、ストップしてしまうことがあります。

大前氏は、その思考停止に陥るなと警告しています。

どういう状況であっても、自分の力で道を切り拓くこと、
つまり、答えを探すのではなく、
答えは自らつくるものだということです。

自分の頭で考えて考え抜いて、
まずそれを実行してみること。
それが失敗なのか、成功なのか、
そして、その原因がなぜなのかをさらに
考え抜かなければなりません。

思考を止めることなく、
決してあきらめず、妥協せずに突き進んでゆけば、
道は必ず拓けると信じています。



関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルの体:地頭 | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/16-affb6fb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。