プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生において「成長」は約束されている

人生において、

「成功」は約束されていない。

しかし、

「成長」は約束されている



私の人生の師である、田坂広志氏は、
その著書、『成長し続けるための77の言葉』で、
成功と成長について、
次のように述べています。



なぜ、人生において、「成長」が大切なのか。
それは、人生には、一つの真実があるからです。

人生において、「成功」は約束されていない。
しかし 「成長」は約束されている。

いま、世の中に溢れる「成功願望」。
誰もが、その人生において、競争での「勝者」となり、
目標を「達成」し、人生で「成功」することを願っています。

しかし、誰かに人生の真実を見つめるならば、
「勝者」の陰に、必ず「敗者」があり、
「達成」の陰に、必ず「挫折」があり、
「成功」の陰に、必ず「失敗」があります。

けれども、人生において、
誰もが必ず手にすることができるものが、ある。

それが「成長」です。

田坂広志 
『成長し続けるための77の言葉』より




ちまたには、成功本が溢れています。
それらの本が言っていることは、
おそらく、皆正しいことを語っているのだと思います。

しかし、成功本が、100万部売れているとすれば、
100万人の成功者が現れるはずですが、
世の中に、それだけの成功者が溢れているという話は
聞いたことがありません。

なぜならば、成功と言うのは、
あくまでその個人固有の体験であり、
それを本で読んで理解できたとしても、
同じことを実現するのは、非常に難しいからです。

まったく異なる環境下で、生きているわけですから、
そっくり同じことをやったとしても、
二匹目のドジョウは見つからないでしょう。

それに、元々何をもって成功とするか、
という成功の定義そのものも、
人によってまちまちです。

大金持ちになった人の話を、本で読み、
あるいは人から聞いて、それを真似ただけで
大金持ちになれるのなら、
世界中に大金持ちが溢れかえっているでしょう。
しかし、現実は、それほど簡単ではありません。

では、私たちは、何が出来るのでしょうか。
何を目指すべきなのでしょうか。

田坂氏は、

成功は約束されていないが、
成長は誰もが必ず手にすることができる


と言っています。

尊敬する師の言葉、先輩や上司、メンターのアドバイス、
あるいは、読書やセミナーなどから学ぶことは、
すべて自己成長のために非常に大切なことです。

そして、学んだことを日々実践し、
少しずつでも成長してゆくことが、
結果として成功にも着実に近づいていくことになります。

これまで、私たちビジネスマンは、
会社内のライバルや業界他社との競争で
他者を打ち負かして得られるものが、
成功であると教えられてきました。

しかし、田坂氏の言うように、

「勝者」の陰には、必ず「敗者」が生まれ、
何かを「達成」すれば、その陰で、必ず「挫折」があり、
「成功」すれば、その陰に、必ず「失敗」がある


訳です。

これまでのような、競争的な思考だけでは、
結果的にはゼロサムであり、
プラスとマイナス、勝者と敗者が生まれてしまう
ことになるのです。

それでも勝者を目指すと言うのは、
誰かを敗者にする、敗北させるという
犠牲の上での勝利と言うことになります。

自分の利が優先し、エゴだけで生き抜く
弱肉強食の世界となってしまいます。

それでは、私たちが求めている成功とは、
いったい何を目指すべきなのでしょうか。

田坂氏のいう「成長を続ける」ということは、
まず、私たちの立ち位置を変えよ、
ということなのだと思います。

目指すべきは、自分自身の切磋琢磨であり、
己を向上させ、自己成長を目指そう
ということなのです。

自己成長には、上限も、終わりもありません。

また、その結果として、他の誰かのために貢献できること、
世のために役に立つこともできるでしょう。

また、そこに「競争」や「勝者と敗者」
といった概念はなく、
むしろ「共創」であり、
「Win-Win」という結果をもたらすことになるでしょう。


成長を続けたいという思いを持ち、
一日一日を生きること自体が、
私たちに、成功の人生をもたらして
くれるではないかと思うのです。







関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルの心:成功観 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/18-a33521f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。