プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルは、常に自分を見直し、点検する


ルーティンのフライボールを落とすということは、

野球を始めて以来、一度もなかったと思います。

野球の基本を見直す機会にしたいと思います。


シアトルマリナーズ、イチロー選手




マリナーズの試合をみると
イチロー選手は、味方の攻撃中にも、
ほとんどベンチにいることがありません。

イチロー選手は、打順が回ってくる時以外は
ロッカールームで次の守備に備えて
アンダーウェアを着替えているそうです。

試合に臨む時も、ストレッチ、トレーニングなどの
ルーティンは絶対に外しません。
試合の日のランチはカレーです。

なぜイチロー選手は、
ルーティンにこだわるのでしょうか。

それは、

自分への言い訳を最小限にするためだ

と言っています。

私たちも何かミスをした時に、
道具や他人のせいにすること、
社会や景気のせいにすること、
果てには、お客様のせいにすることもあります。

イチロー選手は、それを決して許さないのです。

それを象徴するこんな話があります。
2004年の7月17日、
クリーブランド・インディアンズ戦。

ライトヘの凡飛球をグローブに当てながらも
落球してしまいました。
この日のインタビューで、

ルーティンのフライボールを落とすということは、
野球を始めて以来、一度もなかったと思います。
野球の基本を見直す機会にしたいと思います。


とイチロー選手は答えています。

これほどのプロであっても、
ミスは当然あるはずです。
それを決してコンディションやグラブなど
のせいにはせず、
事実を謙虚に受け止め、
基本を見直す機会と捉えています。

ただし、少し意地悪な見方をすれば、
これも言うだけならたやすいことです。

しかし、イチロー選手はこの翌日の18日から
打ちに打ちまくり、8月17日までの28試合で
132打数67安打という大記録をつくりました。

これは、守備も含めて、
一度基本に立ち返って己を見つめ直した結果です。

イチロー選手の基本に徹する姿勢は
それだけではありませんでした。

ヒットで出塁して
ベンチに戻ってくると、
すぐに自分のバットを取り出し、
バットのどこに当たっていたかも、
しっかりと確認していたのです。

これはまさに、
イチロー選手のプロフェッショナリズムを
象徴するエピソードです。

毎日同じ仕事を繰り返しながら、
その繰り返しの中で、己の技量、スキルのレベルを
常に見直し、点検すること。

これはまさに、単なるベースボールプレーヤーではなく、
プロの野球職人の域に達しているということでしょう。

シンプルに言ってしまえば、
野球は、打って、走って、守って、勝つ
という作業の繰り返しです。

その日常的な繰り返しの中で、
いかに自分と向き合い、
何が不足しているのか、
どのレベルに向かうのかを
問いかけ続けること。


その謙虚な姿勢が、
プロフェッショナルとして
長く生き続けるための大切な心得のひとつ
であると思うのです。

関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルの技:磨く力 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/191-c24df2ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。