プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分なら、こうすると考える

自分の経験するすべてのことで、

「自分ならこうする」と考えてしまう。



放送作家、脚本家の小山薫堂氏は、
アイデアワークについて、こう言っています。


僕は、眠っているとき意外、
ずっと面白いアイデアについて考えています。

「考えないヒント」とは、
「常に考えていると、考えていないような状態になる
というのが答えです。

自分の経験するすべてのことで、
「自分ならこうする」と考えてしまう。

だからどこへ行っても
自分が社長のような気分で歩いているんです。



小山氏は、常に斬新なアイデアの企画や番組を
打ち出し続けています。

その秘訣は、常に自分の頭で考え続けることです。

特に、どんなことでも「自分ならこうする」と、
目の前にあるもの、出来事をその立場に立って考えることです。

自分ならこうするというテイストをつけること、
自分なりの工夫をする訓練の中から、
新しいアイデアが生まれてくるのでしょう。

日常生活の中で、常にアイデア出しのトレーニングを続けるという、
日々の積み重ねが、考える習慣を作り、
その習慣が驚くような独自の企画につながるのでしょう。

小山氏のいう考えないヒントとは、常に考え続けることを習慣化し、
考えていないような状態、
すなわち自然体になるまで、
自分の頭で考えることを続けてきた結果です。

小山氏にとって考えることが、仕事であり、
それをあたかも呼吸をするかのように無意識化し、
自然体でできるという境地に達していることは、
まさに超一流のプロであると言えます。


 RSSリーダーで購読する

関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルの体:地頭 | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/23-9f01b40c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。