プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルは、知識、見識、胆識を持て。

 
[今日出逢った素敵な言葉]


如何(いか)に見識があっても、

実行力、断行力がなければ何にもならない。

その見識を具体化させる識が、

「胆識」である。


安岡正篤氏




研修などの場面で、
プロフェッショナルになるために必要なことは、
何かという質問をすると、
大抵の場合、

専門的な知識、商品知識…など

「知識」という答えが多く返ってきます。

確かに、知識がなければ、
プロとしては失格です。

しかし、
知識があるだけでは、
プロフェッショナルとは言えません。

政治家や経営者の指南役であった
安岡正篤氏は、こう言います。


「識」にもいろいろあって、
単なる大脳皮質の作用に過ぎぬ薄っぺらな識は
「知識」と言って、
これは本を読むだけでも、
学校へのらりくらり行っておるだけでも、出来る。

しかしこの人生、人間生活とはどういうものであるか、
あるいはどういう風に生くべきであるか、
というような思慮・分別・判断というようなものは、
単なる知識では出て来ない。
そういう識を「見識」という。


ここでいう見識とは、
知識を深めた上で、
その仕事に対して、確かな考えや意見を持つこと、
そして、物事を深く見通し、本質をとらえる、
すぐれた判断力を持つことであると思います。
これは、知識をいかに現実に活用できるか、
ということでしょう。

しかし、安岡氏は、
それでは足らないと言います。


しかし如何(いか)に見識があっても、
実行力、断行力がなければ何にもならない。

 
その見識を具体化させる識のことを

「胆識」

と申します。

見識というものは、
本当に学問、先哲・先賢の学問をしないと、
出て来ない。

更にそれを実際生活の場に於いて練らなければ、
胆識になりません。



つまり、知識を持ち、
それを応用、活用することを考えることが出来ても、
実際に、現場で具体的に実行、実践出来なければ
何も意味がないということです。

その実行に移す力、資質である
「胆識」が、最も重要な訳です。


さらに、安岡氏は、言います。


今、名士と言われる人達は、
みな知識人なのだけれども、
どうも見識を持った人が少ない。

また見識を持った人は時折りあるが、
胆識の士に至ってはまことに、
寥々(りょうりょう)たるものです。

これが現代日本の大きな悩みの一つであります。



今の日本の状況を考えると
安岡氏の指摘はまさに現在でも通じるところが
たくさんあるのではないでしょうか。

政治や行政の世界には、
多くの知識人、見識者が存在しています。

しかし、本当に日本経済や国民生活を
より良くしてゆくことのできる、
胆識を持ったリーダーの存在は疑問です。

企業経営の世界でも、
日本の行く末を考え、
日本経済をどのような方向に進めていくべきか、
そのための自社の役割は何かと考え、
決断し、実践している経営者は、
数えるばかりしかないように感じます。

ですから、
私たち一人ひとりも、
日本人として、日本の行く末を
考えて行く必要があります。

そして、
それは、全員が政治や経営に参画する
と言うことではなく、
一人ひとりが、それぞれの仕事に対して、
本当にプロフェッショナルとなること
であると思います。

一人ひとりが、
プロフェッショナルとして、
知識を広げること、
見識を深めること、
そして、
実践、実行の胆識を持つこと


この3つを自覚して、
やり遂げることが大切だと思います。


[今日の学び]

プロフェッショナルは、知識、見識、胆識を持て。



天崎 拝

安岡正篤一日一言安岡正篤一日一言
(2006/06/02)
安岡 正篤

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルの体:地頭 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/290-d63e52f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。