プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢を信じ切れば、未来を呼び込むことができる

夢を信じ切れば、

未来を呼び込むことができる




イチロー選手が小学校の時に書いた「僕の夢」
の作文はあまりにも有名だ。
作文の中身も素晴らしいが、
何よりイチロー選手が、
その作文の通りの人生を歩んでいることが、
多くの人の非常に心を打ち、
また希望を与えている。

でも、
これはイチロー選手だけではなかった。

私の師である、多摩大学大学院教授、
田坂広志氏のメールマガジン、
『風の便り』の先週号を読んで、
それを発見した。

田坂広志ブログ、風の便り


ハリウッド映画界の生んだ
夭逝の天才スター、ジェームス・ディーンである。

田坂氏は、メールマガジンにこう書いている。


しかし、そのジェームズ・ディーンが
ハイスクールの卒業文集において
将来の夢を語る、
次の言葉を残していることは
あまり知られていません。

僕にとっての人生の成功とは、
多くの人々の心に、永く残ることです。

この言葉を読むとき
不思議な感覚が、我々を包みます。

人の心の奥深くに宿る「夢」

それは、ときに
その人の心の世界を超えて
実現するものなのでしょうか。



ジェームス・ディーンは、
『エデンの東』『理由なき反抗』
の2作の映画で有名となり、
その瑞々しい演技によって
多くの観客の心をとらえた。

しかし、その1年後、3作目の映画の
『ジャイアンツ』の撮影終了直後に、
突然の自動車事故によって
24歳の若さでこの世を去った。

この間わずかに2年。
その2年間で、時代の寵児となり、
ハリウッドスターの仲間入りをし、
そして疾風のごとく消えた。

まさに、夢のようなあっという間に
駆け抜けた俳優人生であった。

ジェームス・ディーンもまた、
作文に書いた夢を言葉通りに生きた人だった。

「僕にとっての人生の成功とは、
多くの人々の心に、永く残ることです。」

ジェームス・ディーンは、
わずか3作の映画のみで、
50年以上の長きにわたって
世界中の人々の心に残っている。

そしてこれからも、
これらの映画は、次の世代に鑑賞され続け、
そして新たな世代の心の残っていくに違いない。

ジェームス・ディーンも
まさか自分が24歳でポルシェのハンドルを握って
亡くなるとは考えもしなかっただろう。

田坂氏は、
心の奥に宿る夢は、
ときにその人の心の世界を超えて
実現するものなのか
と問う。

私もそう信じたい。

しかし、
ただ夢を描いただけで、
実現するわけではないだろう。

彼らは、
描いた夢を現実なところまでイメージし、
その実現を深く信じている。

そして、
本当にその夢を信じ切った時に、
夢は心の世界から飛び出して、
未来の自分を導いていく
ものなのだろう。

夢を信じ切れば、
未来を呼び込むことができる
のだ。



【今日出逢った素敵な言葉】


人の心の奥深くに宿る「夢」

それは、ときに

その人の心の世界を超えて

実現するものなのでしょうか。

多摩大学大学院教授、田坂広志氏




成長し続けるための77の言葉成長し続けるための77の言葉
(2010/12/23)
田坂 広志

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/327-9911e63c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT