プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今を生き切るということ


今を生き切るということ


究極の質問。

もし今日が人生最後の日だったら、
あなたは、何か後悔が残りますか?
それはどのようなものでしょうか?


こんな質問を受けたら、
皆さんはどう答えるのだろうか。

実際に、
人生最後の時を過ごす患者さんのケアに携わった、
オーストラリアのブローニー女史によれば、
死が直前に迫る時、
人は走馬灯のように、
人生を振り返るのだそうだ。
その結果、後悔することも実際に多くあるらしい。

そういった人々が口にした後悔の言葉は、
次の5つだった。
 

1. 自分自身に忠実に生きれば良かった


他人に望まれるように、ではなく、
もっと自分らしく生きれば良かったと思う。
実は、これがもっとも多いらしい。

人生の終わりに、
自分らしく生きたかったと思う。

もっとこうしておけばよかった、
という気持ちを抱えたまま、
世を去らなければならないことは、
本当に無念である。
 

2. あんなに一生懸命働かなくても良かった


男性の多くがこの後悔をするらしい。
仕事に時間を費やしすぎず、
もっと家族と一緒に過ごせば良かったと思うのだろう。
確かに、今の自分にも心に刺さる言葉だ。



3. もっと自分の気持ちを表す
勇気を持てば良かった



周囲とうまくやっていくために、
感情を殺して言いたいことを我慢して、
可もなく不可もない存在で終わってしまった、
というのも悔いが残るに違いない。
 

4. 友人関係を続けていれば良かった


人生最後の数週間に、
人は友人の本当のありがたさに気がつくのだろうか。
そう考えると何年も連絡が途絶えてしまった同級生、
なかなか会えない友人にも、今のうちに会っておくべき
なのかもしれない。
 

5. 自分をもっと幸せにしてあげればよかった


幸せは自分で選ぶものの結果である。
そう考えると、もっと選択できる道があるのかもしれない。
また、変化を恐れ選択することを避けていると
最期に悔いを抱えたまま世を去ることに
なるのかもしれない。

いずれも、私たちに起こりうる後悔ではないか。

であるならば、
こういった後悔をせずに生きるには、
どうしたら良いのか。

それは、
今を生き切ることだろう。

毎日、毎日を全力で生き切ることだ。

そして、
眠りにつく時、
明日目が覚めなかったとしたら
後悔はない一日だったのかと
振り返るべきだろう。

その時に、
こう問いかけるべきである。

今日一日、

自分の信条に忠実に生きたか。

仕事だけでなく、家族との時間を大切にしたか。

自分の気持ちを素直にあらわしたか。

友人と連絡をとったか。

自分を幸せに出来たのか。


全てがイエスならば、
人生を生き切った一日だったのだろう。

天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】

もし今日が人生最後の日だったら、

あなたは、何か後悔が残りますか?

それはどのようなものでしょうか?





一日一生 (朝日新書)一日一生 (朝日新書)
(2008/10/10)
天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルとして生きる:人生観 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/328-32a2a231

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。