プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成長の限界をどう超えるのか

成長の限界をどう超えるのか




日本マクドナルドホールディングスが、
7日発表した2012年12月期連結決算は、
9年ぶりの減収減益となった。

フランチャイズ店も含めた全店売上高は、
前期比1・0%減の5298億円、
本業のもうけに当たる営業利益は、
12・0%減の247億円、
税引き後利益は、3・2%減の128億円だった。

店舗の閉鎖に伴う費用を計上したことも利益を圧迫した。


image_20130211214011.jpg


原田泳幸会長兼社長は、

8年連続で既存店売上高を積み上げてきたが、
昨年のマーケットの落ち込みは著しいものだった

と述べています。


就任以来、
過去の失敗のツケを返すべく、
基準に合わない大量の既存店舗の
戦略的閉鎖を加速する一方、
ドライブスルーの増加、
「100円マック」などの低価格商品を
売り物に集客数を増加して
売上成長させるという荒技をやってきた
原田社長の強力な再生戦略もここで一服したようです。


体質改善してクオリティーを上げながら、
量的拡大を目指すという、
ある意味二律背反の課題を
同時展開出来たのは、
原田社長のリーダーシップが
なし得た偉業です。

原田社長は、
その著書、『大きく、しぶとく、考え抜く』
でこう言っています。

「基本に戻る」
「新しい試みをする」
「構造改革」
…は、私のリーダーシップでこれまで
強引に引っ張ってくることができました。



飲食業のビジネスモデルは、シンプルです。

来店客数客単価

で決まります。


理想的には、
両方が上がれば、成長します。


原田社長の講演を聞いた際も、
戦略的閉店を進めつつ、
新規店舗の開店とドライブスルー、
また、コーヒーのリニューアル、
100円マックなどで客数を増やし、
ビッグマックやシーズン商品など
の高価格商品に誘引して客単価も引き上げる
という戦略を進めていたことがわかります。


しかし昨年は、
客数は増えたものの、
高価格商品の販売が振るわず、
客単価が落ち込んだことが響いたようです。


やはり、
マックは、ファストフードですから、
デフレムードの中で、
高価格の商品に引っ張るのは、
そう簡単ではありません。


13年1月の既存店売上高は、
前年同月比17.0%減となり、
マイナス幅は02年7月(17.6%減)
以来の大きさとなったようです。


季節限定商品の販売をやめたことが、
客数減となり、客数は8.1%減、
客単価は9.7%低下したそうです。


今期は、
連結売上高が前期比9%減の2695億円、
営業利益が2%増の252億円、
経常利益が1%増の240億円、
純利益が10%増の141億円を見込む

と発表していますが、
1月の状況をみると決して
容易ではないと思います。


しかし、
円安の影響もあり、コストは上昇するでしょうから、
いずれかのタイミングで値上げも必要になるでしょう。

値上げをすれば、客単価は上がりますが、
客数は落ちるということになります。

それがマック離れを起こす可能性もあり、
さらに客数を減らすという
マイナスのスパイラルにもなりかねません。


また、
KFCなど他のファストフードの
動きも影響します。


低価格競争の結果、
差異化のない無節操なバラエティー化で
競争し続ける牛丼チェーンの例もあります。


フリダシに戻ったマクドナルドが、
どのような戦略を打つのか、
私たちも学ぶべきものがあります。


原田社長は、
季節商品などの販売を絞り込み、
定番商品に投資を集中させる
方針のようです。

原点回帰をベースに、
いかに新たな進化を遂げるのでしょうか。

あなたが原田社長なら、
どんな打ち手を考えますか。

そんな仮説を持って、
見守りたいと思います。


天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】


大きく、しぶとく、考え抜く


マクドナルド社長、原田泳幸氏




大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論
(2012/09/26)
原田 泳幸

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/372-4e52c2bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。