プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

給食のプロに学ぶ、仕事へのこだわり。

給食のプロに学ぶ、

仕事へのこだわり。   
           




学校給食というとみなさんは、
どんな思い出があるでしょうか。

給食に何が出ると嬉しかったか、
ご飯が出た時か、
ソフト麺だったかで、
世代が分かれるようです。

私の場合、
ご飯はありませんでした。
普段は、コッペパンという上履きの靴ほどの
大きなパンが主食でした。
また、牛乳にミルメークという
コーヒー牛乳の素を入れて飲むこともありました。

二世代ほど前ということに
なってしまうのでしょうか。

いずれにしても、
今の子供達の学校給食のバラエティーや
クオリティーとの格差は歴然としています。

それでも、
幾つかの変わったメニュー以外は、
残さずに、美味しく食べていたという
記憶があります。

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀で
北海道にある置戸町立置戸小学校の
管理栄養士の佐々木十美さんが、
こんなことを言っていました。


image_20130225212529.jpg


大人になった時にどんな食材を選ぶか、
どんなお店を選んで何を食べるかを決めるのは
学校給食の経験だと思っているんです。

本当の味ですから魚は、
骨が入ったものを出しますし、
辛口のカレーも出します。

食べやすいものを、と言う方もいますが、
決して子供に媚びることはしません。

それで残すことがあっても、
切り方や味付けを変えて何度でも出します。
そのことによって子供たちの味覚は、
磨かれていくんです。


食育という言葉がありますが、
佐々木さんが、
日々こういう思いで、毎日の献立を考え、
調理をされていることに
生徒さんたちも感謝すべきでしょう。


佐々木さんは、
使う野菜にも調味料にも
徹底してこだわそうです。
通年で使うものはタマネギ、
ニンジンなど数種類に限定し、
キュウリは夏場のみ、
カボチャは冬至を過ぎたら
出さないという徹底ぶりです。

食べ物には旬があり、
旬でないものを食べさせることには、
違和感があるといいます。

冬場にトマトやキュウリなど
体を冷やす食材をあえて使う
必要もないとも言います。

旬を味わうという、
食の本来あるべき姿を
学校給食という場で
再現しているわけです。

冷凍食品やファーストフードに
慣れている今の子供達にとって、
学校給食で食のあり方を学べることは、
素晴らしいことです。

佐々木さんのこのこだわりは、
どこからくるのでしょうか。
佐々木さんは、こう言います。


私はプロとして仕事に責任を持っているし、
何があっても揺るがない姿勢で、
四十年間やってきたんです。

何かあるとすぐ人のせいにしたくなるでしょう。
誰かがこう言いました、ああ言いましたって。

だけど仕事はすべて自分の責任なんです。
仕事は、真剣勝負と申し上げたように、
いつ辞表を出してもいいという覚悟でいました。

だから私は怖いものなしです。
保護者や担任の先生がいようと
子供たちが、いい加減な食べ方をしていたら、
本気で怒りますから。



まさに、プロフェッショナル
のこだわりなのです。
作業として給食を作っているのではなく、
本気で食という教育に取り組んでいるのです。


では、
なぜ給食にこれだけの情熱を注ぎ、
懸命に取り組めるのでしょうか。

佐々木さんの答えは、
非常にシンプルでした。


私は自分で納得するまで働かないと
仕事をしたことにはならない
と思って生きてきましたから。



納得するまで、
本気で突き詰めていくこと、
それがプロフェッショナルの
生き様だと教えてくれます。

日々の仕事を
作業に流していないか、
一期一会で臨んでいるか。


そう問われているように感じます。

天崎 拝



【今日出逢った素敵な言葉】

自分で納得するまで働かないと

仕事をしたことにはならない

と思って生きてきました。




プロフェッショナル 仕事の流儀 管理栄養士 佐々木十美の仕事 子どもを鍛える、母の給食 [DVD]プロフェッショナル 仕事の流儀 管理栄養士 佐々木十美の仕事 子どもを鍛える、母の給食 [DVD]
(2012/08/24)
佐々木十美

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/382-d4b3b50d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT