プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イノベーションの作法 4. イノベーティブな人と文化を創れ

イノベーションの作法

4. イノベーティブな人と文化を創れ




しばらく、イノベーションを生み出す作法について
書いています。

前回は、
シリコンバレーのデザイン・コンサルティング会社の
「IDEO」について触れました。

サムスンなどの多くの企業が、
IDEOに魅力を感じているのことの一つは、
そのユニークな開発のステップであることに触れました。

特に、プロトタイピングは、
示唆に富んでいます。

IDEOのプロトタイピング

それでは、なぜ、IDEOでは、
そんな多くのイノベーションを生み出すことが
できるのでしょうか。

IDEO日本代表のリャン氏は、こう言います。

image_2013090821231225a.jpg


それは、IDEOの文化だと思います。
創設者デビッド・ケリーは、
「友人が働く場所や環境を作りたかった」
と会社を始めたときに言っているのですが、
この精神はIDEOの文化の根幹になっているんです。



image_2013090821374356d.jpg





IDEOの社員はみなオープンで、
とても協力的で、すごく楽観的です。

image_20130908212310277.jpg


image_20130908212309a66.jpg


image_20130908212306342.jpg


ちなみに、これがIDEOのオフィースの写真です。
何と自由な楽しい雰囲気の職場のでしょうか。
まさに、大人の遊び場という感じです。


さらに、リャン氏は、こう続けます。

文化とは、空気です。
でもその空気をつくるのは、人間です。

知的好奇心があって、
何か新しいことをいつも学びたいと
思っている人を採用したいと思っています。

ですから私たちは、
素晴らしい人を採用するために、
とても多くの時間を費やしています。



このような自由闊達で、
イノベーティブな文化は、
結局は、その組織のトップを含めた
メンバー、人が創り上げるのです。


IDEOには、クライアントのビジネスを成長させるための
ユニークなプロセスを持っています。

しかし、そのプロセスは、
誰にでも開かれてオープンいなっています。
オンラインでダウンロードして、
自由に利用することもできます。




ですから、
IDEOの文化とは、そのプロセスではないのです。

一番大事なのは、やはり「人」であるということです。
社員一人ひとりが、IDEOを形作る主要な要素であり、
人が他社と差別化を生み出す
のです。

IDEOでは、1つのポジションを公募すると、
500~800名の応募があり、
毎年、1万7000人程の応募があって、
1%未満の合格率なのだそうです。

採用のプロセスでは、
10~20人ほどの社員に、
こんな質問を投げかけます。

飛行機の隣で、
10時間この人と一緒に入れますか?

そして、皆がOKと答えれば、
採用になりますが、
1人でも嫌だと言ったら、
再考するのだそうです。

人と人の相性が、
組織の空気、ケミストリーをつくる
からこそ、
社員の意見を尊重するのでしょう。

また、
IDEOの従業員は、様々なバックグラウンドを
持っています。
建築家、リサーチャー、工業デザイナー、
文化人類学者など
が集まり、
日々異種格闘技戦のような仕事をしているわけです。

さらにリャン氏は、こう言います。

新しいアイデアを考えるときは、
「ビジネス」「テクノロジー」「人」に
焦点を当てる必要があります。

クライアントの多くは、
「テクノロジー」から考え始める
と思いますが、IDEOは、「人」からはじめます。

人が求める新しいニーズ、
新しい行動を結びつけることから
考え始めるのがデザインシンキングです。


つまり、

初めに商品ありきではなく、
人とニードが必ずその初めにある

ということなのです。

天崎 拝

◆今日出逢った素敵な言葉◆


文化とは、空気です。

でもその空気をつくるのは、人間です。

IDEO 日本代表、リャン・サイジン氏



デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方 (ハヤカワ新書juice)デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方 (ハヤカワ新書juice)
(2010/04)
ティム ブラウン

商品詳細を見る




イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材
(2006/06)
トム ケリー、ジョナサン リットマン 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/458-27930d45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。