プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イノベーションの作法 6.Googleのイノベーションタイムオフ

イノベーションの作法

6.Googleのイノベーションタイムオフ




しばらく、イノベーションを進めるために
必要な技法について書いています。

前回は、アメリカのデザインカンパニーの
IDEOのデザインシンキング、
特にエスノグラフィーという観察手法で、
非常にエクストリームな行動をする人たちを
発見する技法について触れました。

今日は、イノベーションベーションカンパニー、
グーグルについてみて見ましょう。

グーグルは、検索エンジン、
クラウド・コンピューティング、
ソフトウェア、オンライン広告といった
インターネット関連サービスを提供する企業であり、
Gmail、Google calender、Google map、
Google earthなど、次々に
新たな画期的なソフトウェアを生み出しています。

まさにイノベーションカンパニーのひとつです。

なぜこのように、グーグルでは、
次々とイノベーションが
生み出されるのでしょうか。

グーグルのオフィースは、
まるで遊園地のように見えます。


image_20130915131956e76.jpg



そういう自由でのびのびした環境の中で、
20%ルール」という仕掛けがあります。

グーグルは社員の発想やビジョンを重視して、
社員は、社内で過ごす時間の20%を、
自分の仕事以外の研究に使うことが
義務づけられているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Workers are asked to spend 20% of their time
on something that interests them,
away from their main jobs.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この「20%ルール」は、
優秀な技術者たちのインセンティブとなると同時に、
自由でオープンな社風をつくっています。

同じように有名な3Mの「15%ルール」もあります。
これは、
執務時間の15%を自分の好きな研究に使ってもよい
とする3Mの一つの文化です。

しかし、
実はここにグーグルと3Mの違いがあり、
グーグルの深い戦略性が隠されています。

この「20%ルール」は義務となっており、
ここでの成果は人事評価の対象でもあります。
グーグルは、真剣に20%からの革新的イノベーション
を社員に求めているわけです。

そしてこの「本業以外の業務」というところが、
ポイントなのです。
つまり、グーグルが求めているのは、
既存のビジネスモデルや製品の破壊、
自己否定のブレークスルー
なのです。

例えば、Google Waveは、
Googleの貴重な資産であるGmailを
破壊するイノベーションのひとつです。

このように自己のビジネスを否定する技術が、
毎日のように生まれ、社内でのトライアルを
行った後に、グーグルラボに進み、
正式サービスへと進み、
淘汰・進化して行くわけです。

このように、
グーグルでは、80%のパワーで、
持続的イノベーションを開発しながら、
20%のパワーで破壊的イノベーション
にチャレンジし続けている
のです。

この20%ルールは、
イノベーションのジレンマを
回避するための土台となっている
のです。

天崎 拝




◆今日出逢った素敵な言葉◆


20%ルール

Workers are asked to spend 20% of their time

on something that interests them,

away from their main jobs.





グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へグーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ
(2011/12/16)
スティーブン・レヴィ

商品詳細を見る



グーグル秘録 (文春文庫)グーグル秘録 (文春文庫)
(2013/09/03)
ケン オーレッタ

商品詳細を見る





関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/462-f0c47a1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT