プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イノベーションの作法 9. 点と点を結びつけよ

イノベーションの作法

9. 点と点を結びつけよ


 
イノベーションのジレンマの著者、
クリステンセン氏は、その後の著書、
「イノベーションのDNA」で、
イノベータが顕著に持つスキルが、
5つあると言っています。

image_20130916195643d60.jpg


そのイノベータの持つべきスキルは、

「質問力」、「観察力」、「ネットワーク力」
「実験力」という4つの行動的スキルと
「関連づけ思考力」という認知的スキル


の5つです。

この関連付け思考力とはなんでしょうか。

一見無関係に見える事象や課題を結びつけて、
新しいアイデアを創り出す力、
すなわち、インプットや
アウトプットを結び付ける力
です。

私の体験からすると、
ある問題について考える時、
初めは、漠然としたイメージを持ち、
手探りに色々な知識や体験を積み重ねていきます。

それらを脳の中で、熟成発酵させ、
ピンとくるモノ、心の釣り針に引っ掛かるコト

出てきます。
その引っ掛かるものの意味を熟考していくと、
ある瞬間に、
それらがサッと結びつくような瞬間が訪れます。


スティーブ・ジョブズ氏は、
スタンフォード大学での
あの伝説のスピーチの中で、
この関連付けについて、
点と点をつなぐという表現をしています。

image_20130925082958ba7.jpg



自分が大学にいた間は、
先を見通して点と点をつなぐことは
できなかった。
だが、今ははっきりとつながっていることがわかる。

先を見通して点をつなぐことはできず、
振り返ってつなぐことしかできない。

だから、将来必ず点と点がつながる
と信じなければならない。



戦略担当してから3年になりますが、
私も仕事の中で、色々な実験や
仮説検証を進めています。

たしかに、
ジョブズの言うように、
ここのテーマは、
初めはただの点に過ぎません。

しかし、3年間を振り返ってみると、
それらの点のひとつ一つが、
つながりを持って、
ひとつの大きなテーマ、コンセプトに
収斂
されて来ています。

では、何を関連づけると、
イノベーションが起こるのでしょうか。

人間の脳は、新しいインプットが与えられると、
ますます多くのつながりを生み出せるようになる
そうです。

その多くのインプットに必要なのが、
クリステンセン氏が、
イノベーションのDNAでいう4つの行動スキル、
すなわち、
質問、観察、ネットワーキング、実験
を通して、関連付けの「筋肉」は、
鍛えられるのです。

4つの力について少し触れておきましょう。


質問力:

日常生活に、疑問を持ち、質問すること


例えば、
私は、家族で一緒に近くのテラスモールという
ショッピングモールによく行きますが、
息子はなぜあの店でなくこの店で買うのか、
妻は、なぜあの服ではなくこの服を選ぶのか、
などと色々と疑問が沸きます。
常に疑問を持つことは、
イノベータにとって大切なことでしょう。


観察力:

身の回りで起きていることに目を向けること


何となく見るのではなくて、
時間を割いて意識的に観察することが重要です。
先ほどのショッピングモールには、
ユニクロ、ザラ、H&Mなどの店があり、
行くたびに覗いています。
顧客が店内にいる時間はどれくらいなのか、
手に取る商品はどんなものが多いのかなど、
その時々に注目して観察すると意外な発見があります。


実験力:

仮説->実験->検証の試行錯誤を重ねていく

この3年間、
色々なプロジェクトを進めてきましたが、
それらは、全て仮説を持って臨み、
現場の皆さんの意見に耳を傾け、
実践しつつ軌道修正しながら、
一歩一歩進めています。

うまくいかなければ、現場の意見に合わせて
別の形でやり直す、うまくいったら、
なぜ上手くいったかを考えて、
他に応用してみるなどの、
試行錯誤の繰り返しが大切だと思います。

ネットワーク力:

自分とは異なる背景を持つ人たちと
出会う機会を持つ

色々なアイデアを結びつけることも大切ですが、
多様な人々を結びつけるとシナジーで、
アイデアはさらに多様に結びつき、
新しい展開が広がります。

これが、ネットワーク力です。
色々なバックグラウンドを持つ人と経験を話すことで、
思考は広がります。
私は、大学院時代の仲間との集まりやメール交換で、
新しいアイデアや発見を多く見つけます。
全く違う業界で働く仲間とのちょっとした会話
から閃くことも少なくありません。

このように、
多種多様な源泉から、アイデアを得て、
それをレゴのように、自在に組み立てることが
重要になります。

これからの戦略思考は、
決まった答えを見つける、いわば、
ジグソーパズル型の正解主義から、
レゴ型の修正主義の思考に転換する
必要があります。

今日のように、
状況がめまぐるしく変わる時代に
求められてくるのは、
明らかにレゴ型の修正主義思考でしょう。

仮に、ピースが少なくても、
その組み合わせひとつで宇宙船でも、
自動車でも、街であっても作り出すことができます。

レゴのピースをいかに、
つなげるかが勝負です。

つまり、
ジグソーパズル型の「情報処理力」ではなく、
いかに情報編集ができるかが、
問われているわけです。

そして、
その組み合わせから、
いかに顧客を納得させるだけの解答を
導き出すことができるか
が、
イノベーションの鍵なのです。


天崎 拝


◆今日出逢った素敵な言葉◆


先を見通して点をつなぐことはできず、

振り返ってつなぐことしかできない。

だから、将来必ず点と点がつながる

と信じなければならない。

スティーブ・ジョブズ



イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)
(2012/01/18)
クレイトン・クリステンセン、ジェフリー・ダイアー 他

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/468-5c37ab87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。