プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

十牛図から禅の智恵を学ぶ 1

十牛図から禅の智恵を学ぶ 1




大学院時代からの友人、
小森谷さんから勧められ、
禅の『十牛図』(じゅうぎゅうず)
について学び始めました。



20131020110210f55.jpg




最近、仏教の本を読んでおり、
少しずつですが、
分かってきたことがありますので、
この十牛図のお話から、
紐解いてゆきたいと思います。

この十牛図というのは、
ひとことで言えば、
禅の悟りにいたる道筋を
牛を主題とした10枚の絵で表したものです。

中国宋時代の禅僧、廓庵(かくあん)
によるものが有名です。

牧童が、牛を探し捕らえるまでのプロセスを描く
この十牛図は、代表的な禅宗的画題のひとつです。

牛は、本来の自己、仏教における悟りを象徴し、
また牧童は、修行者である自分自身を表しています。


ですから、
牛を得ようとする10枚の絵は、
本来の自己を探し求める旅、
つまり、
悟りへのプロセス
になっています。

それぞれの絵が表す物語は、
ざっとこのような内容です。


1.尋牛(じんぎゅう)

牛を捜そうと決意します。
つまり、悟りを探しますが、
どこにあるのかわからず、
途方にくれてしまいます。


2.見跡(けんせき)

牛の足跡を見つけ出そうとします。
足跡とは、先人の教えです。


3.見牛(けんぎゅう)

牛の姿をかいまみることができました。
優れた師に出会い「悟り」が、
わずかに見えました。


4.得牛(とくぎゅう)

力づくで牛をつかまえようとします。
何とか悟りを得たものの、
いまだ自分のものにはなっていません。


5.牧牛(ぼくぎゅう)

牛をてなづけようとします。
悟りを自分のものにするために
修行を続けています。


6.騎牛帰家(きぎゅうきか)

牛の背に乗り家へ向かいます。
ようやく悟りを得て俗世に戻ります。


7.忘牛存人(ぼうぎゅうぞんにん)

家に戻って牛のことも忘れる絵です。

悟りは逃げたのではなく、
修行者である自分自身の中にあることに気づきます。


8.人牛倶忘(にんぎゅうぐぼう)

すべてが忘れさられ、無になった絵です。
円だけで何も絵がありません。


9.返本還源(へんぽんげんげん)

自然の美しさがあらわれてくる絵です。

悟りとは、このような自然の中にあることを
表しています。


10.入鄽垂手(にってんすいしゅ)

悟りを得た修行者が、牧童から布袋和尚の姿に
変わっています。

そして、
街へ出て別の牧童と遊んでいます。
他の人を導いています。


悟りを開き、真の自己を見出す禅のプロセス
このような牧童と牛の物語で示しているのです。

一つひとつの絵は単純で、
あまり意味を感じにくいのですが、
実はそれぞれのコマに、
深い禅的な哲学が隠れているのです。

しばらく、
この10の絵について
考えて見たいと思います。


天崎 拝



◆今日出逢った素敵な言葉◆


人牛倶忘

十牛図


すべてが忘れさられ、無になった。

そこにあるのは、円相だけ。


201310201056030e3.jpg



関連記事
スポンサーサイト

| 仏教に学ぶプロフェッショナルの心得 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/479-15372baa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT