プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

十牛図に学ぶ禅の教え 4

十牛図に学ぶ禅の教え4


今日も引き続き、
禅の修行と悟りの境地を
牛と牧人の物語で描いた十牛図に
ついて見ていきましょう。

20131020110210f55.jpg


ここまでの2枚の絵は、
逃げだした牛を求めて牧人は旅に出て
牛の足跡を見つけるという所でした。
つまり、
真の自分を見つけるために、
修行を始めた修行者は、
わずかにその手がかりを見つけます。



20131029221524788.jpg



十牛図3枚目の絵は、

見 牛(けんぎゅう)です。


自分の中の心牛を見つけるという場面です。

序にはこうあります。

声より得入すれば、見処(けんじょ)源に逢う。
六根門着着(じゃくじゃく)差(たが)うことなし。
動用(どうゆう)の中頭頭(ずず)顕露(けんろ)す。
水中の塩味(えんみ)、色裏(しきり)の膠青(こうせい)。
眉毛(びもう)をサツ上(さつじょう)すれば、
是れ他物(たもつ)に非ず。



こんな意味になります。

声を聞いて牛、つまり真の自分に
会うことができる。
六つの感覚の一つひとつで感じることができる。

また、日常の動作にも
それが現われている。

塩水に含まれている塩味や、
絵の具に使われる膠のようなものだ。

眉毛を上げて眼をしっかりと見開けば、
牛はほかでもない、
まさに自分そのものではないか。


ここで、修行の第一段階に到達したことになります。
禅でいうところの見性です。
つまり、
真の自分に気づいた体験をするという段階です。


道元禅師の「正法眼蔵」にこう書かれています。


正法眼蔵随聞記 (ちくま学芸文庫)正法眼蔵随聞記 (ちくま学芸文庫)
(1992/10)
水野 弥穂子

商品詳細を見る


仏道をならうというは、自己をならうなり。 


自己はそのまま仏性であり、
本来は仏そのものなのです。

だから、
仏の道というのは、
自分自身をならうことであり、
ならいつくしたところで、
仏と一致するのだと言います。

それでは、
どうしたら自分自身を
ならうことができるのでしょうか。

道元はこう続けます。


自己をならうというは、
自己をわするるなり。 



つまり、
ならう方法は、
自分をわすれることだというのです。

私が…、私のこと…と言った「我」を捨てる
ことなのです。

我、エゴを捨てるというのは、
非常に難しいことです。

無我夢中という言葉がありますが、
仏への道は、まさに無我夢中で、
自分を捨てることであり、
捨て切ったときに初めて、
仏と一つになることができる。


道元禅師は、
禅のあり方をこう言い切っているのです。



◆今日出逢った素敵な言葉◆

仏道をならうというは、

自己をならうなり。 

自己をならうというは、

自己をわするるなり。 

道元禅師









関連記事
スポンサーサイト

| 仏教に学ぶプロフェッショナルの心得 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/483-5acee2c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT