プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成功者に共通するもの 1 心にダイナモを持つ

成功者に共通するもの 1

心にダイナモを持つ





メンタルトレーニングの第一人者の一人、西田文郎氏は、
多くのトップアスリートを成功に導いています。

2008年の北京五輪で、
女子ソフトボールチームの指導を行い、
金メダルを獲得したのは有名です。


201403021038241d3.jpg




西田氏は、ビジネスの世界でも、
破天荒な成功をしてきた経営者に共通の
メンタリティーの強さがあると言います。

今週は、
そのメンタルタフネスについて
考えてみましょう。

西田氏は、
豊田佐吉、本田宗一郎、ビルゲイツ、エジソンなど
の多くの成功した経営者が、
共通に持っている心の力、
メンタルタフネスがあると言います。

いくつかのポイントに絞って、
このメンタルタフネスを見ていきたいと思います。

まず、一つ目は、

苦楽力


これらの経営者達は、
時に逆境や苦境に置かれても、
それを苦しいとは感じず、
むしろワクワク楽しんでしまい、
それを挑戦するエネルギーに
変えてしまう力がある
と言います。



20140302104106274.jpg


エジソンの有名な言葉があります。


天才とは、
1%のインスピレーション
と99%の汗である。


努力しなければ、
成功は得られないと
いうことですが、
たいていの場合、
これ以上できないという限界に達すると、
私たちは、そこでギブアップしてしまいます。

しかし、
エジソンが言いたいのは、
そのギリギリの限界まで行った時、
そこで諦めるのではなく、
「ここからが勝負だ」と
ワクワクできるかどうか
が大事なのだ
ということです。

つまり、
「苦楽力」というのは、
苦しいことを、
楽しみながら行う努力です。

私たち営業の世界でも、
苦しいことはたくさんあります。

電話をかけてアポイントをとる。

お客様と会い続ける。

プレゼンテーションする。

ご紹介を頂く。

どれも決して、
楽なことではなく、
むしろ続けるのは、
厳しいことばかりです。

しかし、
大変だ、嫌だ、
と考えて歯を食いしばってやるのでは、
苦痛にしかなりませんので、
継続はできません。

これをいかに楽しめるかが、
勝負です。

私は、
電話をかける時、
立って話します。
また、BGMにインディージョーンズの
マーチをかけたりします。

高いテンションをどうやって
作るかが重要です。

また、
アポイントを取る数も、
毎週8件と決めていました。

手帳に8,7,6,5,4,3,2,1の数字を入れて、
それをアポイントの入った分だけ
消し込んでいきました。

単純ですが、
全部消し込めると達成感が味わえます。

必ず、前週の木曜までには、
翌週の予定を入れ切ると決めて、
曜日や時間帯を幾つか分けて
電話していました。

これが習慣になるまで続けるのは、
この仕事で成功する一つのポイントです。

一定の予定が入れば、
一定の確率で結果は必ず出ます。

ですから、
自ずと業績は上がってゆくのです。

ただし、
習慣化したとしても、
営業という仕事には、
波のようなものが必ずあります。

順調な時もあれば、
逆境の時もあります。

その厳しい時にも、
ジタバタもがきながらでも、
やり続けることができる人が、
成果を得て、成長できるのです。


ではどうしたら、
そのような苦しい状況を
次へのエネルギーに変えることが、
できるのでしょうか。


何が心の支えとなるのでしょうか。

逆境を乗り越えてきた人たちは、
自分にはそれができると信じている、
つまり、自分への自信が支えているのです。

そして、
やり遂げた先の姿を
リアルにイメージすることが、
チャレンジする勇気、エネルギーを
生み出していくのだと思います。

心の中に、意欲や勇気を自家発電できるダイナモ
を持てるかどうか
、なのだと思います。




天崎 拝


【今日出逢った素敵な言葉】


天才とは、
1%のインスピレーションと
99%の汗だ。




「ここからが勝負だ」と
ワクワクできるかどうか
が大事なのです。





No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)
(2006/11)
西田 文郎

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/526-2a7e72d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。