プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルは、確かな基準を持つ

確かな基準


我が師匠、多摩大学院教授、
田坂広志氏から、風の便りが届きました。


田坂先生からのこのメッセージは、
まるで詩のように研ぎ澄まされた言葉に
非常に深い意味が込められています。

本日のテーマは、
『確かな基準』
です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たしかな基準


 1987年、映画『アンタッチャブル』で
 アカデミー賞・助演男優賞を受賞した俳優、
 ショーン・コネリーが、
 かつて、その人生の転機において、
 次の言葉を語っています。


決められた道を歩むことは、
美しくない。



 これは、大ヒットしたアクション映画
 「007シリーズ」のヒーロー、
 ジェームズ・ボンド役を降り、
 一人の演技派俳優として
 道を歩むことを決めたときの言葉です。

 将来の成功が約束された地位を捨て、
 未知の自分への挑戦をした彼が語った
 この「美しくない」という言葉。

 それは、
 彼の「人生の美学」を語った言葉でもありますが、
 我々、プロフェッショナルの道を歩む人間に、
 大切なことを教えてくれる言葉でもあります。


  「美しい」と感じるか、否か。


 それは、
 プロフェッショナルが道を選ぶとき、
 ひそかに、心に抱く、

 たしかな基準なのです。


 田坂広志


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ショーンコネリーと言えば、
007という強い印象があります。


007は二度死ぬ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]007は二度死ぬ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2012/11/23)
ジェームズ・ボンド…ショーン・コネリー、ドナルド・プレザンス 他

商品詳細を見る


映画俳優としては、
当たり役があることは、
広く知られ、人気を博すという
メリットがありますが、
その反面、
そのイメージが強すぎて、
他のキャラクターが務められなくなる
というリスクもあります。

そういう俳優が沢山いることも事実です。

ショーンコネリーは、
あえてはまり役の007を捨てました。

その時のコメント、

決められた道を歩むことは、
美しくない。

役者としての美学と勇気を
表した言葉です。

ひとつのビジネスで
大成功を収めた企業が、
大きく成功したがゆえに、
その成功から抜け出すことができない
ということがあります。

これを、
ハーバード・ビジネス・スクール教授、
クレイトン・クリステンセン氏は、

イノベーターのジレンマ

と呼びました。


イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard business school press)
(2012/09/01)
Clayton M. Christensen

商品詳細を見る


こういった企業の事例は、
ここ数年の日本の電気産業の
凋落ぶりにもよく表れています。

自社の強みや
これまでの成功パターンを
信じることは大切です。

しかし、
そこにこだわりすぎてしまうと
新しい視点に目を向けられなくなります。

今までの既成概念や常識
に捉われることなく、
物事の本質は、
何かを見極めていくこと

が大切です。

その見極めのために、
確かな基準が必要なのです。

ひとりのプロフェッショナルにとっては、
それが、田坂氏の言う
生き様の『美しさ』
なのではないでしょうか。


天崎 拝


◆今日出逢った素敵な言葉◆

決められた道を歩むことは、

美しくない。

ショーン・コネリー

関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/554-7612635f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。