プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルは、胆力を磨け、そして、言葉に力を込めよ。

プロフェッショナルは、

胆力を磨け

そして、

言葉に力を込めよ




毎週、我が師匠、
多摩大学院教授、田坂広志氏から、
短いメッセージを頂いております。


20131130133143256.jpg




短い言葉の中に、
深い意味が込められています。

毎回、それを自身のテーマとして、
受け止めております。


今回は、
言葉の持つ力
についてのお話です。

力を持つ言葉とは、
どういう言葉なのでしょうか。

競合との市場競争で
生き残りを賭ける

徹底したコスト削減で、
競争力を強化する

顧客第一主義の
マーケティング戦略を推進する

私たちは、しばしば、
事業計画や戦略企画書などで、
こういった強い言葉を多用します。

しかし、
本当の言葉の強さは、
こういった言葉の選択や
使い方では、ありません。

言葉に、どんな思いを込めるのか、
どういう姿勢で語るのか、
が重要なのではないでしょうか。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーダーの言葉


 リーダーにとって、言葉の力とは何か。

 そのことを考えるとき、
 一人の経営者の姿を思い出します。

 ある企業の新年の年賀交換会でのことです。

 その企業は、長引く不況の中で、苦しい経営が続き、
 全社員が、暗い気持ちで新年を迎えていました。
 その年頭の社長の挨拶。

 誰もが、厳しい話を聞かされると覚悟していると、
 その経営者は、演壇に登るや、何を言ったか。


  諸君! 今年も愉快にやろうじゃないか!


 大声で、その一言を語ると、
 高笑いをしながら、演壇を降りていきました。

 一瞬、唖然とする社員。
 しかし、すぐに湧き上がる笑い声。

 その経営者は、
 ただ一言で、
 全社員の心を掴み、
 その場の空気を変えてしまったのです。


 何十年か前に見た
 この経営者の姿を思い出すとき、
 一つの言葉が、心に浮かびます。


 「胆力」


 それは、
 現代のリーダーが忘れてしまった
 言葉なのかもしれません。


田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本当に心から発せられた言葉には、
魂が宿るものです。

そして、その言葉は、

言霊

となります。

では、
どうすれば、リーダーは、
メンバーの心に響く言霊を
発することができるのでしょうか。


田坂氏は、

胆力

が必要だと言います。

胆力とは、
何でしょうか。

「大辞泉」には、
こうあります。

事にあたって、恐れたり、
尻ごみしたりしない精神力。


すなわち、
ものに動じない気力

肝っ玉が据わっている
ということです。


胆力があるというのは、
この経営者のように、
極めて危機的な状況に
陥った時であっても、
決して浮足立たず、恐怖心を持たず、
焦りを見せないことです。

しかし、
それは単なるハッタリではありません。

この経営者は、
おそらく、過去にも幾度も厳しい事態を
乗り越えて来た経験を持っているはずです。

だからこそ、
打開の道は必ずあると信じ、
怒りもせず、絶望もせず、
笑顔でこう語ることができたのです。

諸君! 
今年も愉快にやろうじゃないか!


まさに、
魂の宿った言葉です。

胆力は、
究極のポジティブ思考
から生まれます。

それは、決して
単なるネアカではなく、
このように、

不条理な状況の中でも、
己を信じて条理を通していく力


なのでしょう。

そして、
胆力とは、
その心構えを身につけること
ではないでしょうか。


天崎 拝


田坂氏が、新著を上梓しました。

世界のトップリーダーの言霊の話力について
ダボス会議の体験から語られています。

リーダー必読の書です。

ご一読を。




ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術
(2014/04/18)
田坂 広志

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/586-7e380ca2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。