プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

単純化で複雑系をマネジメントせよ。

単純化で複雑系を

マネジメントせよ





毎週、我が師匠、
多摩大学院教授、田坂広志氏から、
風の便りというショートメッセージを
頂いております。


非常に短いメッセージの中に、
深い意味が込められており、
自分の仕事や生き方と
照らし合わせて、
その意味を考えています。

今回のテーマは、

複雑系の逆説

です。

まずは、お読み下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「複雑系」の逆説


 かつて、「複雑系」についての講演の場で、
 聴衆の方から、ある質問を受けました。


 企業や市場や社会が「複雑」になっていくとき、
 それらをマネジメントするための技法は、
 やはり、高度で「複雑」なものになるのでしょうか。


 たしかに、「複雑系」というものを考えるとき、
 この問いは、誰の心にも浮かぶ、素朴な問いです。

 しかし、現代科学の最先端で
 「複雑系」の研究が見出したのは、
 不思議なことに、
 東洋思想に語られる、一つの「逆説」でした。


 「単純化」


 それが、「複雑系」をマネジメントするために求められる
 最も有効な技法であることを、見出したのです。

例えば、「ツボ」や「コツ」
例えば、「急所」や「要諦」

複雑なシステムをマネジメントするとき、
そのシステムの中の最も効果的な部分を発見し、
そこに力を集中し、働きかける。

その「単純化」こそが、
「複雑系」のマネジメントの技法であることを、
見出したのです。

しかし、同時に、
この「複雑系」の研究は、
東洋思想における、もう一つの「逆説」を、知りました。


「単純化」とは、最も高度な技法である。


そのことを、知ったのです。

田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


複雑系とは、

システムを構築している各因子が、
互いに相互作用を及ぼすことで、
全体の挙動が動的に、
変化してしまうような
システム


のことです。

この複雑系をマネジメント
していくためのキーワードは、
複雑化の対極にある、

単純化

であると言います。

それは、例えば、
「ツボ」や「コツ」
「急所」や「要諦」

と言われるものです。

スポーツ、武道、芸能、
あらゆる職業、ビジネスに
これらを、見出すことができます。


日本は、極東に位置し、
過去の歴史の中で、
東洋、西洋のあらゆる文化が、
流れ込みました。

それを全て受け入れ、
吸収し、咀嚼して
日本の文化が、
出来上がりました。

例えば、
仏教。

これまで、
聖徳太子の17条憲法に
仏教の思想が謳われていますが、
その後、たくさんの仏典、経典、
宗派が日本に伝わり、
それらは非常に
複雑化していました。

それらを日本人は、
整理し、要約して、
単純化することで、
日本仏教という形にまとめて、
自分たちのものにしていったのです。

複雑なものの本質、
核の部分を掴み取り、
単純化することで、
自分のものにしていくのが、
私たち、日本人の学習法

のひとつなのです。

天崎 拝


複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知
(1997/09)
田坂 広志

商品詳細を見る



まず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメントまず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメント
(2010/01/29)
田坂 広志

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

| 田坂広志に学ぶプロフェッショナルの哲学 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/589-5ed7dd1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。