プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダイワハウス、樋口武男会長の成功する人の12か条  

ダイワハウス、

樋口武男会長の

成功する人の12か条  




平日に撮り溜めしていた録画を土曜日に見ていると、
よく見る、記憶に残るCMがあります。

役所広司の映画づくりのユニークなドラマ仕立てのCM、
リリーフランキーと深津絵里のさりげない夫婦の物語、
仮面ライダーやゴールキーパーの川島に家を守って欲しいというCM。









このユニークなCMを展開しているのがダイワハウスです。

ダイワハウスは、売上2兆円を超え、
現状維持は後退を意味するとして、
創業100周年に10兆円企業を目指しています。

そのダイワハウスグループを率いるのが、
樋口武男会長。


20140612002606bb0.jpg



樋口会長は、創業社長の石橋信夫オーナーから、常日頃から、
何をやったら儲かるかという発想で新規事業を起こすな、
何が世の中のためになるかということを考えろ
と言われていました。

そこで、

日本に、「フカケツノ」事業

という旗印を掲げます。

すなわち、福祉、環境、健康、通信、農業の頭文字。

これらをビジネス化し、
住宅に加えて、これから事業を広げていく分野を決めています。

つまり、いずれ単なる住宅メーカーでは
なくなることを目指しているのです。

例えば、福祉では介護用のトイレロボット。
このロボットは、紙おむつと同じように、
身に着けた専用カバー内のセンサーが排泄を感知すると、
排泄物を吸引し局部を洗浄・除湿する仕組みになっている
オムツ交換不要の画期的な介護ロボットです。

これは、将来大きなビジネスになると思います。

その樋口会長が、
成功する人の12カ条
というものを挙げています。



【成功する人の12カ条】


1 人間的成長を求め続ける

2 自信と誇りを持つ

3 常に明確な目標を指向する

4 他人の幸福に役立ちたいと考える

5 良い自己訓練を習慣化する

6 失敗も成功につなげる

7 今ここに100%全力投球する

8 自己投資を続ける

9 何事も信じ行動する

10 時間を有効に活用する

11 できる方法を考える

12 可能性に挑戦しつづける




どれも素晴らしい言葉であり、納得できます。

成功する企業、成長する人は、
皆このようなことを実践しているのです。

これを自分のチェックリストだと思って、
自分は何ができているか、
これから、何をすべきかを考えて見ても
いいのではないでしょうか。


天崎 拝



先の先を読め (文春新書)先の先を読め (文春新書)
(2010/03/17)
樋口 武男

商品詳細を見る




熱湯経営―「大組織病」に勝つ (文春新書 586)熱湯経営―「大組織病」に勝つ (文春新書 586)
(2007/08/16)
樋口 武男

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/600-96337232

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。