プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

感動は、記録せず、心に深く刻み込め

感動は、記録せず、

心に深く刻み込め。



我が師、田坂広志多摩大学院教授から、
毎週、風の便りというショートメールを
頂いております。

非常に短いメッセージの中に、
深く、そして広い意味が込められています。

まさに、言霊というべきものでしょう。

今週のテーマは、

「記録」と「記憶」の狭間

です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 遠い昔、米国の知人を訪ねたときのことです。
 夕方、彼は、私を誘い、
 近くの小高い丘の上に連れて行ってくれました。

 そこは、アリゾナの砂漠に沈む
 素晴らしい夕陽を見ることのできる場所でした。

 その沈む夕陽のあまりの美しさに、
 思わずカメラを取り出し、写真を撮ろうとした私に、
 その知人は、静かに、語りかけました。

20140629225902e57.jpg



  この夕陽は、
  写真に残すのではなく、
  あなたの心に残してください。

 素晴らしい風景を見るとき、
 その知人の言葉を、想い出します。

 我々は、美しい風景を見るとき、
 しばしば、夢中になって、
 それを写真やビデオに残そうとします。

 しかし、そうして一生懸命に
 その景色を記録したあと、
 ふと、気がつきます。

 心の底から、味わい、
 心の深くに、記憶する。

 そのことを忘れてしまったことに、
 気がつくのです。

 この一瞬を、未来へ残そうとするあまり、
 この一瞬を、心に残すことを忘れてしまう。

 それは、
 記録という営みと
 記憶という営みの狭間にある、
 密やかな陥穽なのでしょう。
 

 田坂広志


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旅行などに行くと私たちは、
つい写真やビデオに風景や建物を
撮りたくなってしまいます。

そうすると見える景色も、
ファインダーやモニター越しの
風景になってしまいます。

そして、
写真やビデオに収めたことで、
記憶することをしなくなり、
すっかり忘れ去ってしまいます。

写真やビデオは、
確かに後から見ることはできますが、
本当に感動する景色というのは、
その場で心に刻まれるものです。

この夕陽は、
写真に残すのではなく、
あなたの心に残してください。


この言葉は、
安易にカメラやビデオに
風景を記録するのではなく、
その感動や思いを心にしっかりと
刻み込めば、その思いと記憶が、
一生の宝となる
ということを
教えてくれます。

天崎 拝


知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代 (光文社新書)
(2014/05/15)
田坂 広志

商品詳細を見る



ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術
(2014/04/18)
田坂 広志

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

| 田坂広志に学ぶプロフェッショナルの哲学 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/624-28c16523

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT