プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

習慣は、第二の天性である

習慣は、

第二の天性である。



どんな世界でもプロが身につけるべき、
4つの資質がある。

その頭文字をとってKASHという。

Kは、ナレッジ、知識。

Aは、アティテュード、心の姿勢、意識や考え方。

Sはスキル。トレーニング方法。

Hはハビット、習慣。

新人メンバーにとって、
一番大切なものは何でしょうか。


それは、
ハビット、習慣です。

営業という仕事でも、電話する習慣、人に会う習慣、
仕事をする習慣、紹介をもらう習慣などが必要です。

でも、振り返ってみると、
習慣にできなかったことがないでしょうか。

英語の勉強、早寝早起き、片づけ、禁煙、ダイエット、
運動、貯金、日記、読書……これに共通することを考えてみると…。

大抵の人が何度もトライするが、
挫折を繰り返しています。

なぜ、私たちは新しいことが、
続けられないのでしょうか。

それは、
人は、新しい変化に抵抗し、いつもどおりを維持しよう
とする本能があるからです。

人間にとって変化は脅威で、
いつもどおり変わりない方が安全で安心です。

だから新しいことは続かない。
意志や根性に頼らず、
毎日のハミガキのように当たり前にできるのが習慣です。

いつも通りなので続けられる。
つまり、
大事なことをいつもどおりのことに、
してしまうことができればいいわけです。

どうしたら、
いつも通りの習慣になるのでしょうか。

大切なのは期間。
どれだけ続けられるかということです。

習慣には3通りあります。

1つ目は行動習慣

片づけ、勉強、日記などの習慣です。
最低3週間繰り返すと身につきます。

まず3日続けてから、
その先3週間は毎日決まった時間に、
決まったやり方で進めます。

小学生の子供が、
なぜ集中して勉強できるかわかりますか。

それは、時間割があるからです。
時間割を決めて、
型にはめてやり続けることが大事です。
そして、行動パターンをつくる。
例えば、寝る前に、翌日の話を考えるなど、
パターン化すれば、身についていきます。

2つ目は身体習慣です。

ダイエット、運動、早起き、禁煙、筋トレなど
身体のリズムに関わる習慣です。

期間は、もう少し長くて3か月ぐらいかけて、
体にシミつかせものです。

私は、一日1万歩、歩くと決めて、
携帯でカウントしています。
記録することが大事で、
記録を見るとやる気になるものです。

レコーディングダイエットという方法もあります。

3つ目は思考習慣です。

論理的思考、ポジティブシンキングも重要ですが、
もっと自由な発想で考えるデザイン思考も必要です。

こういうものは、もう少し時間がかかり、
本当に身につくには3年はかかります。
考えて実行して、また考えることで、
思考の型が出来上がるので時間が必要です。

このように、習慣化の時間は、
3日、それが出来たら3週間、その次に3ヶ月、
そして3年というステップになるのではないでしょうか。

こうやって、自分にとっての当たり前、
いつものことを増やしていくことが、
習慣化であり、
習慣は、第二の天性となるのです。


天崎 拝
関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/650-fc051ed1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。