プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人軸経営とは何か

人軸経営とは何か


子安裕樹さんって誰だか知っていますか?

プロフィールにはこう書いてある。
1970年横浜市生まれ。
3歳からラグビーを始め、
スポーツで体育大学に進学。

21歳で知人が経営する赤字のレストランを
3ヶ月で立て直し、経営に興味を持つ。

海外や日本各地で予防医学を学んだ後、
2001年カラダファクトリー1号店をオープン。

今回私の会社がフランチャイズで参加する
カラダファクトリーの
ファクトリージャパングループのCEOである。

20150222213454bf2.jpg


マンションの一室で始めた
小さな整体ビジネスを10年で
国内90店、海外2店。
従業員は735人。
創業以来、増収増益で
売上50億まで拡大した。

そもそも、なぜ整体なのか。

大学卒業後、高速道路で交通事故に巻き込まれる
車は大破したがけがはなかった。
ところが、だんだん首が痛くなり、
肩こり頭痛がひどくなる。

医者に行っても、ストレス、疲れ、むち打ち症と
色々と診断されるが全く治らなかった。
体重も15キロ以上減って、引きこもり状態。

その時に叔父のやっている整骨院に行き、

それはむち打ち症だ。心配するな、俺が治してやる。

と治療を受けて、全快する。

この時に、患者の立場から、
医者の診療の問題を強く感じて
整体を学ぶことを決め、開業する。

サービス業は、人と人が接するビジネスであり、
人となりにお客様がつくビジネス。
技術や商品力も重要だが、お客様が求めているのは、
目の前にいる人から受ける気持ちのいいサービスだと考え、
お客様本位の整体サービスビジネスを始める。

普通の医者は、待ち時間99%、診察3分であるが、
診療時間の6割は病状の原因、施術の説明で、
不安を取り除く納得いく説明をし、
4割を施術とする、
ホスピタリティー&コミュニケーションを
コンセプトとした。

相手の気持ちを思いやり、
それを実践できる人を育て、
組織をつくることが、
心のこもった接客サービスにつながるという
人軸経営を進めて、リピートと紹介で成長してきた。

社員向けにもいろいろな工夫をしているので、
参考にしたいと考えている。


天崎 拝

関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルマネージャーの作法 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/688-9ced7eda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT