プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

結果にコミットする

結果にコミットする


ライザップのCM。
結果にコミットする…
みなさんも一度は見ているでしょう。

99%痩せる。
週2回のマンツーマントレーニング。
食事療法で、筋肉質の体に改造できる。

20150112162631b57.jpg

20150112162632f9f.jpg


使用前使用後の体の変化は相当なものだが、
その変貌ぶりよりも、
結果にコミットするという言葉がずしっと響く。

コミットメントという言葉は、
「かかわりあうこと」、
「公約」「誓約」「約束」などを意味する。

つまり、
責任をもって関わること、
責任をもって関わることを明言すること、
責任を持った約束を言う。

やらされることではなく、
あくまで自分で明言して実行する能動的なものであり、
絶対にやり切るという覚悟でもある。

知識や能力があっても、
行動しない…ならば、何の結果も生まれない。

行動力があっても、意味のない行動をすれば、
結果に結びつかないで終わる。

知識があって、行動もしているけど、
結果を出すことができないこともある。

それはなぜか。

<結果にコミットする。>という本気と覚悟がなかったからだ。

結果を出す人は、結果を出すと自分に誓い、
圧倒的な覚悟で、絶対に結果を出すまであきらめないし、
ストップしない。やるべきことを決めて、粛々と愚直に進めていく。

ドラッカーは、さらにマネジメントとして
必要なことをこれに加えている。

マネジメントサイドは、実行の進行状態と、
途中での成果を管理すること。

そして、
その実行の途中で出てくる障害を解決し、
できる限り成果に結びつけること。


実行ができていないなら、
結果が出ていないならば、
猛省して昨日から、始めることだ。

大事なことは、
そのプレッシャーのかかる状況を
楽しむことが出来るかどうかなのだ。


天崎 拝




関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/711-8e68871c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。