プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、御家騒動が株価を引き上げるのか?

なぜ御家騒動が、株価を上げるのか?


経営の主導権をめぐって対立する親子が、
委任状争奪戦を繰り広げる
異例の事態に陥っている大塚家具。

20150316090738bde.jpg


ジャスダックの上場銘柄としては、
異例売買が続き、株価が急上昇している。

3月3日の大塚家具の株価は、
前日に付けた年初来高値を更新。

一時、前日比445円高の2488円まで上昇。
4日連続の上昇、かつ3日連続でストップ高を記録した。
出来高は1483万株。売買代金で325億円にのぼる。




大塚家具の経営権をめぐるお家騒動は、
最悪のイメージだが、どういうわけか、
大塚家具株にとってはプラスに働いている。

原因は、27日の株主総会の委任状争奪戦がある。

この戦いに勝つため、父と娘、
どちらの陣営もこれまで以上に
積極的な経営方針を発表する可能性が高く、
さらに株を買う動きが活発になるとの思惑で、
買い注文が膨らんでいるらしい。

加えて15年12月期の業績予想で、
黒字化を見込んでいること。

久美子社長が打ち出した1株あたり40円から
2倍の80円への増配政策もあり、
配当利回りにすると3%台後半だったものが、
7%を超えることになる。
これに投資家の多くが注目した。

ただ、よく考えると揉めている原因が、
ビジネスモデルであり、
将来性をみればそもそも大塚家具の行方は
まだわからない。

投資というのは、短期的には、
投資家の思惑で動く、
つまり、
「空気」と「ムード」で動くということだ。

営業の世界でも、
同じ音が言えるのではないか。
圧倒的な空気とムードがあれば、
売上の勢いが加速される。

営業マンがどういう思いで商談をするのか
によって、空気やムードに勢いが出る。

期末を迎える企業が多いと思うが、
この空気感をつくることが大切だ。


天崎拝
関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルとは何か | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/722-f5ebca81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。