プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

布団ではなく、安眠を売る

蒲団ではなく、安眠を売る



シャッター商店街という言葉が聞かれる。
商店街の店がつぶれてシャッターが降りたままの店が並ぶ。
最近見かけなくなった店に、布団屋がある。
今時布団などは、大型のスーパーや通販で買える。

布団や寝具の大手企業として、
有名な西川産業という会社がある。

創業は、なんと1556年、450年前の江戸時代だ。
全国に直営店、チェーン店を350店持っている。
その西川産業が、この傾きかけたチェーン店を1000店に増やそうとしている。

なぜそんなことをしようとしているのか?


地方を中心に、高齢化が進み、健康ニーズがある。
眠りは健康の重要な要素であり、
布団店を眠りの相談所に変えようとしている。

実際、睡眠に不満を持つは、65%いるらしい。
そこでスリープマスターという資格を作り、
安眠の指導者を増やしている。

ストレッチ、アロマ、音楽、寝具の提案をする。
商品もオーダー枕、高機能寝具Airを発売。

Airはアスリートに人気で、
フィギュアスケートの羽生選手も愛用しており、
TVCMにも起用する。

201505311326142ea.jpg


モノとしての布団を売るのは難しい。
しかし、安眠、快眠を提供すると新しい大きなマーケットが見えてくる。

どういう価値を提供できるかを考えることは、重要。

私たちビジネスマンは、どんな価値を提供しているのか?

例えば、経営者の課題解決のお手伝い。

単なる節税や利益の繰延などではない、
本業を支える事業、企業防衛という
ど真ん中の提案が必要だ。

老舗企業も進化を続けている。
蒲団からも学ぶべきことがある。


天崎 拝
関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルの戦略論 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/761-251de067

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。