プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

優しさの陰に潜むもの

田坂広志教授に学ぶ人間学


我が師、田坂広志多摩大学院教授から、
毎週、風の便りというショートメールを
頂いております。

非常に短いメッセージの中に、
深く、そして広い意味が込められています。
まさに、言霊というべきものでしょう。

20150222223712151.jpg


本日のテーマは、

優しさの陰に潜むもの

です。

まずは、ご一読下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

優しさの陰に潜むもの

 1997年のブループラネット賞を受賞した
 科学者のジェームズ・ラヴロック博士が、
 『地球生命圏』という著作において、
 「ガイア仮説」と呼ばれるものを述べています。

 それは、「地球とは、一つの巨大な生命体である」との仮説であり、
 ギリシア神話における大地の女神
 「ガイア」に由来して命名されたものです。

 このラヴロック博士が、
 1998年に上梓した『ガイアの思想』という著作の中で、
 興味深いことを述べています。

  ガイアには、自己治癒力があります。
  ガイアは、その歴史を通じて、
  多くの災害に遭遇してきています。
  半径が10マイルもあるような巨大な隕石が、
  いくつも地球に衝突しています。
  90パーセントもの種を滅亡させた隕石もありました。
  しかし、ガイアは、常に回復してきました。
  ガイアが強大な自己治癒力を備えていることは、
  こうした事実によって実証されています。

  ですから、私たちが何をしようと、
  ガイアが破壊されるようなことは絶対にありません。
  そんなことができると考えること自体が、
  私たちの傲慢であり、誤ったプライドにすぎません。

  しかし、人類が、
  自ら築いた文明を破壊してしまう可能性は
  十分にあります。

 このラヴロック博士の言葉を聞くとき、我々は、
 最近の環境ブームの中でしばしば使われる
 あの言葉に潜む落とし穴に気がつきます。

  地球に優しく。

 その美しい響きの言葉の陰に潜む
 「善意の傲慢」に、気がつくのです。

 田坂広志

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ガイア、すなわち地球には、隕石の衝突をも乗り越える
強大な自己治癒力を備えている。
だから、私たち人間が何をしようと、
ガイアが破壊されるようなことは絶対にないという。

私たちは、時に自然との闘い、自然への挑戦を考える時がある。
しかし、そんなことができると考えること自体が、
人間が何でもできるという傲慢に過ぎない。

ガイヤ、自然、宇宙に、私たちが生かされていると考えるべきだろう。

天崎拝
関連記事
スポンサーサイト

| 田坂広志に学ぶプロフェッショナルの哲学 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/773-8b786385

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT