プロの学校

なんでもできる平均人(ジェネラリスト)より、これが強みだというプロフェッショナルを目指せ! プロの自分をつくる極意を伝授。 成長を続けるための「心・技・体」入門。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノーベル賞級の思考はこうすべし

ノーベル賞級の思考はこうすべし

最近読んだ本で、面白かったものの一つが、
ノーベル医学生理学賞を受賞した
京都大学iPS細胞研究所の山中教授と
ノーベル物理学賞受賞者の益川教授の対談。
「大発明の思考法」という本だ。

大発明の思考法


20160522173323855.jpeg


どちらも世界的な大発明をした二人だが、対話は極めてわかりやすいし、
キーフレーズが非常にユニーク。

例えば、
「科学とは、肯定のための否定の作業の連続である。」

新しい発見、法則を肯定するためには、
それを否定する要素をどんどん出して消し込んでいくことが必要だということだ。

「人とディスカッションをすることで、思考の攪拌作用が起こる」

日本人は一人で研究するのではなく、グループで研究する中でディスカッションすることで、
自分の考えがかき混ぜられて新しいアイデアが閃くということを強く主張している。

「研究という作業は、短距離走ではなく、地道な作業の繰り返しの上のマラソンである」

確かに研究は、短期では成果が出ない。実際に山中教授も、うまくいかずに鬱に
なってしまったこともあるという。
そういったマラソンのような地道な研究に中で、
新たな発見を見出すためには、
全く予想通りではないことが起こった時に、
とても面白いことが潜んでいるのが科学であり、
それを素直に『あ、すごい!』と感じ取れることが大切だという。

だから、毎日多くの実験の繰り返しの中で、心からびっくりできる、
感動できるというのが、研究者が、新発見、新発明を生み出すのに必要な才能だという。

私たちのビジネスも、電話、紹介入手、セールスなどの仕事も皆、
日々同じことの繰り返しが多い。
その中で、起こる予想外の出来事やトラブルなどもある。
それらに素直に驚いたり感動できることで、
新しい発見や進歩もあるのではないだろうか。

天崎拝
関連記事
スポンサーサイト

| プロフェッショナルの読書論 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amazaki777.blog87.fc2.com/tb.php/774-1966ac5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。